2018年2月13日 (火曜日)

まだまだ冬

1,2月はバイクにとってはオフシーズン。街中を走っても面白くは無いし、山とか峠も雪がなければそれなりに走れるんだけど、それを確認するのが面倒臭い(笑 要は寒くて走りたくないってことなんだけど、月に200キロも走ってないとさすがにちょっと溜まってくるものが(笑

 ということで、久しぶりに調整コースの様子を見に行ってきた。

Img_20180211_120030922

雪が残ってますな。ここは長瀞のセブンイレブンから北へ抜けるちょっとした峠。雪解け水が路面を覆っており、まだ少し早い感じ。

Img_20180211_120050764やはり、日当たりの良しあしに大きく左右されている感じ。この分だと、神流湖沿いを走る国道に抜ける峠もあまり状況は良くないか。

あと2週間くらいは我慢かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月 9日 (火曜日)

グリップヒーター取り付け

純正パーツを取り付け。

Pc306514

Pc306516割と詳しいマニュアルもついていて、取り付け自体は難易度低し。

Pc306522

この、ウィンカーのベース部分に配線カプラーを収納するが、スペース的にはかなりきつい。グリップヒーターの配線全部はとても収まり切らず、旧モデルのようにヘッドライトの中にも入らないので、その点考えないといけない。ヘッドライトユニットは分解不可らしい。

で、起動してみるが、メーターのメニューには出てこない。グリップのマニュアルには、「使用可能にするには、Settingメニューをたどって行け」と不親切な記述のみ(笑

 で、かなり試してみたけど、それらしいメニューが見つからない。どこかで断線している?とかそもそも不良品?などいらぬ心配もあって、結局ソフトウェアアップデートと同時作業で確認してもらうことに。もともとは装着してもらう予定だったけど、年末年始の休みの関係でタイミング合わず、だったので。

 結果、かなり深いところにあったらしく、無事に使用可能になりました。どこからどう入ったのか、もう再現不可らしい(笑

 インプレッションとしては、旧モデルより強力で、グリップ径がノーマルとほとんど変わらず違和感少ない。進歩してます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月 5日 (金曜日)

走り初めは修行

1月4日、益子の招き猫展を走り初め兼ねて見に行きました。

本来ならヒートグリップ付きだったけど、取り付けたものの何故か機能せず。
おまけに、電熱ベストも何故か作動せず。この時点で引き返せばよかったんだけど、外気温は8.5℃、10時頃だったので温度上昇を見込んでそのままGO!
 ところが、やっぱり寒い。交通量が少なく、ついついスピードは3ケタ。そりゃ寒いわ。

P1046540

たまらず11時ごろ、ラーメン休憩。結構美味しかった台湾ラーメン(笑
 で、益子のもえぎで招き猫展を鑑賞。

P1046542

きびねの さんの作品。
相変わらず素晴らしい。

P1046549

この人もなかなか。細かい作り込みとかわいい表情。

P1046553

ちょっと田崎さんっぽい。
買わないけど(笑
昼過ぎに帰路についたけど、風が強くなって芯まで冷える。
手はかじかんで、ここ何年も味わっていないくらいつらい走行に。この年でこんな修行をするなんて(笑う
 2時過ぎに帰宅し、バイクを預けて予定終了。疲れました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年12月12日 (火曜日)

自分のコーナリングを撮影してみる

カメラが小型化され、動画機能もどんどん強化され、遂に4Kも撮影可能になった。

自分目線、或いは追走するバイクから撮影するコーナリング映像はそれなりに見ていて楽しいが、今気になっているのは「タイヤのグリップ感とバンク感覚の相関?」。

と言うことで、先月末手持ちのカメラ(OM-D E-M1Mk2+M.Zuiko 12-40Pro)で動画を撮ってみた。焦点距離はテレ端80ミリ。

Pb264994_2

4K動画から切り出して縮小したもの。撮影前、手のひらでリアタイヤを触るとやや熱が入っているかな、という状態。手のひらの温度は体温よりはずっと低いから、タイヤの表面温度は35℃くらいの感じ?お風呂よりはずっと冷たい(笑

コケるのは嫌なので、結構びびり気味で目いっぱい寝かせたつもりだけど、グリップ感は十分にあり、もう二寝かせくらいはできそう。

Pb264994_3

上のカットの続き。向き変えがほぼ終わって加速に移ったあたり。

上に比べて少し倒れこんでいると思う。

この場所は日当たりが良く、時間は午後なので路面温度はこの時期としては高めだろう。路面は良く視界も開けている。

バンク角は35度から40度くらいだろうか?冬場はこれ以上行かない方が無難だよな、というレベルか。これくらいだとタイヤの方もまだかなり余裕があり、K1200Sで何度か味わった「エッジに乗る感覚」は無い。

 夏場にまたやってみよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2017年11月27日 (月曜日)

太平洋を見に行く

 定期的に釣りには行っているけど、ここ10年ほどはずっと東京湾。たまには外海の風に当たってみるか、ということで日曜8時過ぎに出発。

 冷え込んだせいか、かなり寒い。基本的にR354をずっと走ったが、途中水海道で有料道路に入ってしまったのは誤算。ETCにしてよ、って感じ。

 

Pb264960

で、昼前に到着。R51から少し入ると、海に向かって急坂で下る。その先に砂浜がひろがり、意外に多くのサーファーが。この寒空に海に入る人と、バイクで走ってくる人、どっちがどうかはさておき・・・。まあ、大したもんです。シャワーなどの施設も見当たらず、たき火などしている風もなく、風も結構吹いているのに・・・感心しきり。

Pb264966

写真にはあまり写っていないけど、実際は30人ちかいサーファーがいました。

Pb264962

隣のクルマは長野ナンバー。

サーフでヒラメ狙い。ここは初めてとのことだったけど、釣れたのかな?

Pb264980

帰り。北浦で1枚。

R125を帰り、2時半前に帰着。初めての場所に行って満足。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年11月26日 (日曜日)

スクリーンを導入

3年前から使ってたMRAのスクリーン。

P8274427

こっちに引き続き装着してみたけど、何だか合わない。
しばらくスクリーンを外していたけど、ここにきて常々参考にさせていただいているサイトでいいものを発見。
ということで早速発注。

Pb264953

PowerbronzeのSDR用スクリーン。Blackを注文したんだけど、もっと薄い色かと思ったら真っ黒で向こうが見えない・・。

Pb264954

まあ、メーターのちょっと上くらいなので支障なし。
アッパークランプのピンチボルトにステーを取り付け。

Pb264975

まあ、こっちのほうが違和感少ない。ユーロネットダイレクトで16,000円くらいでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年11月 4日 (土曜日)

やっと黄葉を

2週間連続の台風や、その前にも週末には雨が降り、一か月間ほとんど乗れなかったが、やっとチャンスが巡ってきた。

 今日は上野村から下仁田に抜けて、ここでおいしい(らしい)タンメンを食べて帰る計画。

Pb044604

道の駅万葉で。ここまでは杉の植林がはばを利かしていることもあり、たいした見どころは無かった。ここで10時半くらい。

Pb044612

相変わらずゴツゴツとした景観。多分叶山だと思うけど、あの山の上に行ってみたい。
本格的に調べてみよう。

Pb044615

てことで、下仁田駅に近いこの店に到着。11時半の開店直後。
たまに覗く林道サイトで紹介されていた店。餃子がかなりうまいらしい。TVにも出たとのこと。

Pb044619

まずはタンメン。スープはおいしい。高水準だと思うけど、ちょっとあっさりしすぎかも。麺がボソボソすぎな気もする。リンガーハットと比べちゃダメか(笑

Pb044620

続いて餃子。皮は手捏ねで、注文を受けてから餡を詰めて焼く。皮は薄めでしっかりと形を保つタイプではなく、それでいて噛み応えがある。ほのかに甘味も感じる。餡がちょっと柔らかすぎで、もう一味欲しいなあ。
自分にとっての理想のギョーザは神戸赤萬やミンミンの、やや小ぶりで底がくっついており、バラバラより2,3個まとめて食べたくなるようなヤツ。あのレベルには達してないなあ。うまい餃子はなかなか見つからない。
で、タンメン650円でこの餃子が450円って・・・。餃子は100円高いよ。
自分が入った開店直後には先客一人だったけど、その後すぐに満席に。やっぱり有名店なんだなあ。
ちょっと納得できない気分で帰ることに。

Pb044626

今日の天気予報は一日晴ということだったので往きはパスした祖母井トンネル東で一枚。もう雲が広がってきていて、イマイチ。

Pb044627

同じ場所で。テクニクスでいじってもらった旧型のサスより、何もしない現型のほうがいい感じ。
そういえば今日、初めて2.0とすれ違いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2017年10月10日 (火曜日)

オートシフターと燃費表示の話

このところ当たりがついてきたのか、オートシフターのアップ側がうまく行くようになった。

以前は、タイミングがあってもそれなりのショックが出ることが多かったが、昨日走った時はほとんど抵抗なくスパッと決まるようになった。

それと新たな発見も!ダウン側だけど、セカンドからNに入るんですね。軽く踏むとちゃんとNが出る。エンブレが欲しい時にNに入ったりすると危険な場合が多いので、制限しているのかと勝手に思い込んでいたけど・・。本当に、クラッチ操作はスタート時だけで運用できるんだなあ。これは便利。

Pa094596さて、燃費表示の件。

256キロ走行で燃費22.4だとざっと11.5リッターほど消費ということになる。

Pa094597

左側のバーが燃料計。なんとなく11リッターくらい使った感じになってます。
写り込みは気にせず。

Pa094598

で、実際はこれだけ入りました。
燃費16.5。ちょっと悪いけど、今日は林道走ってペースが上がらなかったのでこんなもんかな。
つまり、燃料計がずれている、ということかと。燃料計をベースに燃費計算している・・のかなあ。
トリップに「Fuel Range」の項目があり、あと何キロ走れるかということだけど、止まった状態で空ぶかしするとこの数字が目まぐるしく動くので、混合気の流量をモニターしているような気がするんだけど・・。振動でタンク内の液面が波立っていたとか(笑
 いずれにしても、ちゃんと機能していないという点ではクレーム対象かも、と思うけど、クセをわかっていれば特に不便は無い・・・ような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 9日 (月曜日)

念願の場所へついに

以前から行ってみたかった場所のひとつ、ニッチツ。クロスカブで中津川林道を走ろうと思っていたので、その時についでに・・と思っていたけど、現在中津川林道は通行止めらしい。

じゃあ、ニッチツだけでもさきに見に行くかということで。
素直に行くなら秩父からR140経由で、ということだけど、今回は北回りルートで。
いつもの走りなれた神流湖ルートで道の駅万葉へ。

Pa094573

ここで9時40分。
しばらく走ってR299へ入り、志賀坂トンネルを抜けたところの分岐に入る。

Pa094580

げげっ。通行止めやで!向こうにゲートがあるけど、置き方が中途半端(笑
ここで休憩していたアドレス125氏と30分くらい林道ネタで盛り上がったんだけど、その間にクルマが2台、迷う様子もなく侵入。さらに反対から1台。どうやら普通に行き来している模様。
ということで、ダメなら引き返そう作戦で突入。
志賀坂トンネル脇からしばらく走るとグングンと標高を上げ始める。路面は荒れていて、かなり走りにくい部類。

Pa094585

途中の展望。
登りきると、八丁トンネルがあり、その手前に両神山登山口が。クルマが10台以上止まっている。さっきのクルマはここに来た模様。
ここからはひたすら下っていくが、全く対向車は無くだんだん不安になってくる。
そうするうち、30分くらいでニッチツの事業所に到着。

Pa094587

秩父鉱山簡易郵便局。ここと鉱山設備を見たかったんですよね。
Pa094588
Pa094592

 

こんな廃屋っぽいものも。

Pa094593

立ち入り禁止なので、中には入れず。
さあ、今来た道を引き返すか、と思っていたところに、なんと雁掛トンネル方向からバイクが3台くるじゃあありませんか。
アレ?大丈夫なん?
ということで、普通に通行止めのはずのトンネルを抜けました。確かにゲートが置いてあったけど、端を抜けられる隙間があり、トンネル内も特に支障なし。良く考えると、ニッチツには社宅があり、当然人も暮らしているし通勤者もいるよね・・。
まあ、良い子と大人な皆さんはマネしないようにお願いします。
ここからは秩父経由、定峰峠から白石峠、都幾川を流して帰ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年10月 2日 (月曜日)

1100キロでオイル交換

久しぶりに自分でオイル交換してみました。

Img_20171001_140115902_burst001

思ったより汚れていないし、粘度もまだ残っている感じです。
もう1000キロくらい走っても良かったかなと思ったり。
ミニのオイル交換は10000キロごとで、BMWが推奨するLL04という、簡単に言って高級なオイルを使うことになっている。
SDの場合は回してもせいぜい3000回転までで、2000回転以下が常用域なのでこれでも十分なんだろう。
うちのバイクの場合、シビアコンディションな使い方はせず、走る時は基本300キロ程度連続して走るが、常用回転域は4000から7000くらい。それを考えると、やっぱり4000キロくらいで交換した方がいいのかな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧