2019年2月20日 (水曜日)

E-M1Xを買おうかと思ったけどぐっととどまった話

一か月くらい前になるけど、オリンパスがフラッグシップであるOM-D E-M1Xを発表しましたね。なんとグリップ一体型のボディで、高らかにプロ機を宣言。多分いろんな機能が追加・改善されているんだろうけど、E-M1Mk2を買い替えるにはAF性能の劇的な改善が必要。

 300F4との組み合わせだと、とにかくAFが甘くて(遅くはないけど)、こっちに向かって走ってくる愛犬(小型犬だからそれほど速いわけではない)のショットでは半分がボツ。残ったショットもよくよく見るとピントは甘い。いやになって売り払い、それがドローンやXBoxとかいろいろに化けたわけだけど(笑 とてもじゃないが鳥に安心して使えるとは言えなかった。今はBorgでマニュアル鳥。

 少なくとも、K3と1.7×AFコンバーターとBorg67FLとの組み合わせのほうがAF精度は上だったと感じる。レンズの違いは大きいとは思うけど。

000097768
ここ2,3日で試用レポートが上がっており、提灯記事を割り引いても少しは良くなっている感じがして、買おうかなあとは思ったものの・・・。

Nr01009_00000
このレンズが出るまで我慢することにした。150-400ミリF4.5。1.2×テレコン内蔵という掟破りのスペック。M1Xと組み合わせれば960ミリの超望遠を6.5段の手振れ補正で使える。これは素晴らしい。

まあ、価格は50くらいだろうか?まさか100はしないよね・・・。そんなレンズには見えない(笑

ひとまず、20年まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木曜日)

個人の感想です

このところ、バイクには月1程度しか乗れていない。一時は次期マシンを真剣に検討していたけど、下取りがあまりにも安いので断念。どうしても乗りたい、というバイクは無いし、大体が乗る暇もあまり無いのは二台所有していた時に証明済み(笑

 まあ、乗ってみたいバイクとしては、Bimota Tesi3dとAvintonがあるが、買ってもいいけど処分するときが不安。どうせ3年くらいしか乗れないだろうし。

てことで、このところバイク界隈は全く話題無し。

ドローンに関しては色々と変化があり、とても書ききれない。ただ飛ばしているだけならバカみたいに簡単なのだが、撮影で求められる技能は、むしろヘリのF3Cに近いことが分かった。ヘリのほうが数段難しいけど。

話は変わって、このところカメラ界隈ではフルサイズミラーレスの話題で持ちきり。経緯は省くけど、鳥にはM43が最適と思っているのは変わらず、ただフルサイズも4500万画素くらいになるとM43相当でも1100万画素を超え、トリミングも実用的なレベルになってくる。つまり、M43にはない高感度性能や諧調表現の豊かさが手に入る。ちょっと真剣に考えてみようかという気になっている次第。

 で、都内に出張する用事があったので、有楽町のビックカメラで一通り触ってみた。

ニコンZ7、キャノン EOS R、ソニーα7ⅢRの3機種。

・手に取って構えた感触はニコンが一番良い。軽く感じるし、製品のかたまり感というか、凝縮感がスゴイ。他は同じようなもので、まあ普通。

・ファインダーは、巷間ニコンが素晴らしいとのことだが、自分にとってはあまり差が感じられなかった。ニコンは視度調整の幅が自分にとってギリギリ。もう少し視力が落ちたら要メガネかも。キャノンには少し余裕があり、ソニーはニコンと同じ。見え味というか、クリアさというか透明感はニコンが一番、ソニーがラスト。

・シャッター音はニコンが素晴らしい。ミラーレスという感じ。他はやや音が大きく振動も大きい。

画質とか写り云々は比べられないが、手にとって使うモノとしての完成度はニコンだと感じた。

ただ、ソニーも多分来年あたり後継機を出してくるだろうから、しっかりとニコン対策をするだろうし、パナとシグマのフルサイズも非常に気になる。ライカアライアンスは強力だろうなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月曜日)

動物園っていいですね

このところ全然使っていないE-M1MK2とBorg36EDを持って、群馬サファリパークへ。

世界遺産富岡製糸場のついてというか何というか・・。どちらも平日なので空いていました。

群馬サファリパークは、施設のバスと自家用車二つの方法で回ることができるけど、当然自家用車で。シマウマとかバッファローとかをガラス越しに見た後に、檻とか柵の中で展示しているウォーキングゾーンがあったので、そこでゆっくりと写真を撮りました。車の場合、絶対に窓を開けないようにと厳命されているので(笑 あまりいい写真は撮れないわけで。

P8071073

ウォーキングゾーンの入り口にいたフラミンゴ。

P8071101

チータは透明のアクリル板?の向こうにいました。

P8071121

カピバラ。至近距離で撮ったので素晴らしい解像感です。

これは通常のカメラレンズでは難しいかも。

P8071139

ピューマ。檻が写り込んでますが、目が怖いです(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金曜日)

2Proレンズ→2Proレンズ

意味不明タイトル・・。

購入後1年以上使ってきたオリの300F4と12-40F2.8のプロレンズ。今回売却し、別のレンズを買うことにしました。

 理由ですが、300F4ははっきり言って期待外れと言うか、かなり????。使用目的は基本的に鳥。特に冬場の猛禽類。素のままでは全く歯が立たないので、1.4倍テレコンをつけて840F5.6で使ったわけですが、夕方の薄暗い中という悪条件ながら、空抜けでAF抜けまくり。チュウヒの場合、この焦点距離だとかなり小さく映るわけで、ちょっとでも対象がずれるとAFが迷います。像面位相差とコントラストを併用しているのかどうか、よくわかりませんが、C-AFの追従強めでもあまり変わらず。手持ちで撮るのがメリットと思ってこのレンズにしたわけですが、実際使えるのは北本などの狭いフィールド。手振れ補正で像がピタッと止まるのはいいけど、それ以外は期待外れ。AFの追従だけから言ったら、Borg67FLとK-3+1.7倍テレコンの方がまだマシ。F値は8近いのに。結構後悔。今シーズン、チュウヒの写真が少ないのはそのせい、ってことにしておこう(笑

さらに、ピントが来ているときの解像力もいまひとつ。この前のBorg67FL+ペンタの方が上。

 結局、71FLをマニュアルで運用することにしました。E-M1Mk2はマニュアルフォーカスやりやすい方なので。一瞬のチャンスへの対応、動き回る鳥には弱いですが致し方なし。

 もう一本の12-40には特に不満無しですが、今回買うレンズで十分カバー可能だし、もう少しテレ側広げたいということで。

P3010310

超広角と広角から中望遠の便利レンズをゲット。

超広角については、まあ何というか、難しいだろうけど一回使ってみようか、という感じ。なんせシグマのDP0でも広さは十分かと思いましたが、こっちは14ミリ。どんな感じでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火曜日)

まったりと鳥見を

昨日は在宅で仕事。

途中気分転換に公園を散歩。
ここの池は冬場にカモ、カイツブリ類が渡ってきて春まですごす場所。

Pc185425

まずはカンムリカイツブリ。
2,3羽しかいないようで、これから数が増えるのか。それにしてもやけに体が白っぽい。

Pc185508

メジロ。とにかくすばしこい。

Pc185524

シジュウカラは全然逃げない。
Pc185576_2

 

今季はまだオスのジョウビタキに会ってない。メスのほうが先乗りなんだろうか?
この個体は体を温めているようで、夕日に向かってずっとじっとしていた。
他にもキンクロハジロやマガモ、オナガガモ、コガモなどがいたが、本格的に渡ってくるのはこれからだろうか、最盛期の半数にも満たない感じだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土曜日)

今季初

今日も渡良瀬へ。

このところ空振りつづきなので、少し場所を変えてみました。かなり遠くを飛ぶ場合が多いのでアレですが、やっぱりオスハイの飛ぶ雄姿を拝まないと。

Pc095272

で、16時10分ごろにオスハイ登場!
遠いわあ(笑
やっぱり換算840ミリでは力不足だな。
それにどうにもAFがまだるっこしい。この写真も結局MFで撮ってる。

Pc095304

まあ、とりあえず見たということで。
釣りと一緒で、いるとわかっていれば待つのも何とか我慢できます(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火曜日)

まだオスハイはいない?

そろそろオスのハイチュウに会えるかと、日曜夕方に行ってみました。

Pc035083例の場所は何故か閑散とした雰囲気で、期待できない感じ(笑

Pc035095結局、日の入り少し前にチュウヒが2,3羽葦原に入るのが確認できただけ。

今シーズン、既に3回目で、SS250をキープするためにISO6400になるまで粘ってきましたが、一回もオスハイを確認できず。

まだ早いのか・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月曜日)

北本

今シーズン初、北本へ。

Pb194676時期としてはまだ早いようで、比較的簡単に見つけられるジョウビタキも見当たらず。入っている人も少なく、閑散とした感じでした。

Pb194695

そんな中、ヤマガラの小群に出会えました。
他にはモズやマガモ、サンコウチョウ程度。カシラダカもまだ入っていない模様。
ということで、1時間ほどで早々に引き揚げ、そのまま渡良瀬に行きましたが、こちらも空振り(笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月曜日)

またオオセッカ求めて

日曜日、渡良瀬遊水地を覗いてきました。

風が強いもののカラッとした空気でギラギラとして日差しでもう夏もすぐそこと言うところ。

P6044190

ウロウロと歩き回りましたが、結局オオセッカを撮ることはできず、今回もコヨシキリだけでした。
オオセッカの姿を至近距離で確認することはできましたが、残念ながら撮れず。

P6044248

口の開き方がすごい。
疲れるだろうなあ(笑
オリンパスの300F4ですが、やはりBorgに比べて解像感はかなり劣るようですね。この写真はどちらも5メートルくらいの距離で撮ってますが、羽毛を解像できていません。
AFに問題がある可能性もあるので、少し調整してみることにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火曜日)

オオセッカを撮りに行ったけど

この時期、渡良瀬の鳥と言えばオオセッカ。

第一調整池のヨシ原で待機すると、オオセッカの囀りが聞こえる。セッカもかなりいる。

P5283927

かなり近いところにいたと思い、連写したが、よく見ると普通のセッカっぽい。
このあと、もっと近いところにいて、鳴き声もオオセッカだと思って撮ったのがこれ。

P5284129

これは・・・セッカと言うよりコヨシキリのような感じがする。
背面を確認できなかったので何とも言えないけど、腹部の白さとか、ずっと一カ所に留まっているところなどはセッカっぽくない(笑
鳴き声についても、あちこちで聞こえるので他の鳥を聞き間違えている可能性高し。
ということで、これはコヨシキリに決定。
大久保農耕地あたりだと、カメラマンが群がるんだけどね(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧