2020年1月12日 (日曜日)

鹿沼木霊の森を見て来た

Webオートバイの記事に、鹿沼木霊の森という、新しく出来たダートパーク?が紹介されていた。

基本的にバイクだけ?それともチャリもOK?よくわからないが、鹿沼じゃ遠いなあ、と思ったら住所は永野あたり。

ということは、栃木ICから粕尾峠に行く途中のどこかにあるはず。鹿沼って広いのね。

コミナの電熱グラブのテストも兼ねてちょっと見に行ってきた。

県道からの入り口には特に看板など無く、一度通り過ぎてからっこのあたりかなあと入っていく。行く手に山肌が露出したところがある。

20200111_124306992奥が駐車場で、そこから山の上に道が続いている。事務所は山の上にあるらしい。ダートなので行けなかった。自主規制。やっぱりクロスカブで来ればよかった。

20200111_124251525上の方ではモトクロッサーらしき2ストの排気音が響き渡っている。奥に見えるのは農家の一部。結構うるさいだろうなあ。そのせいか、駐車場では空ぶかし禁止。山の上に上がるとき以外走行禁止などの制限が。

20200111_124134331料金などは不明。ダート遊びはしてみたいけど、林道は遠いし、危険もある、と考える人にはいいところかも。料金次第だけど。

そういえば電熱グラブ、三段階の中でも4時間は持たないかな。例のビバホームの電熱ベストよりも電池のモチは悪い。

強にすると手の甲側が熱くなってきたので中にしたけど、そのまま我慢していればこたつ効果で内部全体が暖かくなったんだろうなあ。

予備のバッテリーも必要かも。

| | コメント (1)

2019年12月31日 (火曜日)

オイル交換

最近なんだかヘッド周りからのメカノイズが大きくなったような気がするので、オイル交換。

3800キロ強。初回交換から3000キロ弱。

20191231_144155048オイルは3リットル弱。SDRより少なくて助かる(笑

それでは皆様、良いお年を。

| | コメント (2)

2019年11月17日 (日曜日)

神流湖周辺へ

ブレンボマスターのテストも兼ねて軽く走ってきました。

朝8時過ぎに出発。例の電熱ベストもつかい、ポカポカ。気温12度くらいならジャケットのインナーは不要だな。

ただ、手が冷たい。

赤城山の西麓から国場、みなかみあたりを走ろうかと思っていたけど、当局車両が多いという事前情報を得て変更(笑

いつものR254からK44、R462で道の駅万場までの往復。スピードは低いしクルマをさばくのが面倒だけど。

10時半ごろ道の駅万場着。駐車場が半分封鎖されている。神流川側にがけ崩れ?途中道路にも水をかぶった痕跡もあり、台風の影響のようだ。

Pb171871神流湖周辺は紅葉遅れ気味?水は泥の色で流木が溜まっているところも。上流の神流川の水は綺麗だったのでそのうちもとにもどるだろうけど・・・。

Pb171873どうも乗れてない感じ・・。

Pb171878ブレンボ17RCS、やっぱりいい。利きもコントロール性も剛性も。ブレンボタッチだなあ。こうなると、ブレーキ利きはじめのサスの入りが気になり始める。ちょっと早い。

ところで、ポンプを交換するだけでこうも変わると、一体ノーマルは何?と感じる。交換にあたり、多分キャリパーのピストン径は30ミリだろうということで17を選択したが、実際はどうなのだろう?もし19を選択していたら、もっと利くブレーキになっていたのか?そのあたりの関係はよくわからんけど、いずれにしてもノーマルはかなりのコスト制限のもとに構成されているように思う。

890Rと同じ320ミリディスクにしたらどうなるんだろう?今のところその必要は感じないけど、何となく気になる(笑

| | コメント (2)

2019年11月14日 (木曜日)

さすがブレンボ

以前からボヤいていたけど、790のブレーキは出来が良くない。具体的には、

①握り始めの利きが悪い

②握りこめばそれなりに利くが、その状態で微調整は難しい

結果、コーナーアプローチでストレスが溜まる。

というわけで、効果があるかどうかは良くわからなかったが、ブレンボのラジアルポンプに交換した。

20191114_13270519017RCS Corsa Corta。17と19の違いは、多分フルード流量の違い。

キャリパーのピストンが30ミリ程度であれば17。それを越えたら19らしい。

20191114_132347160Corsa Cortaは遊びを調整できる最新モデル。まあ、あまり変えることもないだろうけど。

で、ほんの10キロ弱走っただけだけど、違いは明らか。まさに目からウロコ。

初期から利きがリニアに立ち上がり、剛性感高く、若干タッチが柔らかい印象はあるが、まあ慣れれば問題ないレベル。ポンプ交換だけでこれだけの効果があるとは・・・(厳密にはバンジョーの違いでABSユニットまでのホースも交換したけど違いはないでしょう)。

20191114_132240086近いうちにじっくり走り込みますが、「やっぱりブレンボ!」って感じです。

KTMやドカによくあるOEMのセミラジアルとも違うタッチ。ストリートレベルではやっぱりこれに勝るものは無いなあ。

| | コメント (2)

2019年11月 3日 (日曜日)

粕尾峠を目指すが途中で挫折

たまに楽しむ粕尾峠。栃木側から頂上まで登り、そこから鹿沼方面へ折れて古峰が原神社まで。

今回の台風で路面状況がどうなっているのか、気になって行ってみた。ついでにこの前買った電熱ベストのテストも。

3日の8時過ぎに出発。気温13℃。肌着の上にネルシャツ、例のベスト、インナーを取った冬用ジャケット。

ベストを強にすると2分も経たず、ポカポカ暖かくなる。あと5℃以上低くなると・・・インナー入れれば何とかなりそう。

栃木インターを目指してした道を走っていると、大平山あたりのケーズ電器の駐車場が土をかぶっているのに気が付く。

ところどころに流されてきたと思しき枝やごみが残っている。嫌な予感。

この辺りを過ぎると特に変わったところは無く、栃木インターを過ぎて北上し、トンネルを下った突き当りを左折して県道15号へ。

しばらく走るといきなり道のど真ん中に土が残っている。このあたりから道の端に土が目立つように。

20191103_095456102護岸が崩落。山側も崩れている。

さらに進むと、

20191103_095940691こんな感じで通行注意の状況。特に異常がないと思えたコーナーに入っていくとフロントとリアが続いてズルっときて、まあ楽しく走るのは難しい状況だと。

20191103_100819920

この店の前のコーナーも楽しめたんだけど、今はそれどころじゃない。右側から土砂が流れ出てきたらしい。写真ではわかりにくいが、流れて来た水が川になって道路を横断している。もちろん通行はできるが。

これ以上行っても同じようなもんだろうと思い、引き返す。粕尾峠方向から降りてくるバイクやクルマも結構いたので通行止めにはなっていないだろうが、気持ちよく走れるように路面状況が改善されるのはかなり先だろう。

 

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木曜日)

育風堂精肉店

少し前、「人生の楽園」で原村の生ハム工房を取り上げていた。久しぶりに生ハム食うか、と思って調べたところ、大変な人気でウェブもほぼ品切れ。レストランも、原村まで行ってダメだと悲しい。群馬あたりではどうか?と検索すると水上に育風堂というのがあった。

ということで平日休んで7時過ぎ出発!

R17から赤城西域農道を経て望郷ラインへ入り、道の駅国場を越えてR291へ。途中、赤城IC近くのセブンでコーヒー休憩。

20190926_104601094 10時40分頃到着。155キロ走った。

20190926_105229850 店内はレストランと物販。ハモンみなかみとチョリソーを買って、ローストポークのランチを頼んだ。

20190926_111353815 前菜とミニスープもついてます。味は・・・ちょっと思ってたのと違った。ソースと粒カラシで食べるのか・・・。ボリュームは十分なので、1480円ならまあ、いいかという感じでした(笑

帰りは11時30分頃出発し、前から気になっていたハム工房に立ち寄り。

20190926_131550870 国道沿いの看板しか見たことなかったけど、どうやら養豚場がハムも作っているらしいです。売り場には普通の肉もありました。

ということであとはひたすら走って15時過ぎに帰宅。

20190926_153340386 310キロかあ。行きと帰りでちょっとコースを変えたんだけど、結局は行きの倍となりました。

20190926_152934090 ハモンセラーノのミニブロックとチョリソー。そのうち食べます。

| | コメント (2)

2019年9月 7日 (土曜日)

早川ジビエ ヤマト

6時半過ぎに出発。鶴ヶ島から圏央道に乗り、渋滞の八王子JCを通って河口湖ICへ。富士山周辺は久しぶりだけど、何処にも寄らずに本栖道へ。

本栖湖には早朝にも関わらず、カヌーやボートが浮かんでいて楽しそうだ。そのうちキャンプできてみたいなあ、などと思いつつスルー。

目的地、早川ジビエのレストラン、ヤマトへ。20190907_102646998

レストランは片手間で、あくまでもジビエ処理が本業な感じ。予約しないダメだし、メニューは少ない。

20190907_103415076 鹿焼肉定食。鹿肉は臭みもなく、牛サーロインみたいな感じ。結構美味しかった。

20190907_105359444 店内にはキジやカモ、イノシシのはく製が。

20190907_102615812 ここまで198キロ。高速道路は退屈だったけど、本栖道は楽しかった。

ということで帰ろう。6年ぶりに柳沢峠を越えて奥多摩経由で帰ることに。

20190907_115153850 素晴らしい景色。途中の富士川沿いから。16時ごろ帰宅。走行400キロ少し。

やっぱりブレーキがダメ。これはかなりマズイ。

| | コメント (6)

2019年8月29日 (木曜日)

Duke890

Duke890が出るようだ。Euro5対応とパワー維持のためには890㏄化が必要らしい。

https://www.morebikes.co.uk/61076/spy-shots-all-new-ktm-890-duke-caught-testing-on-track-coming-for-2020/

Ktmduke890erlkoenigarticlegalleryoverlay リアシートのバッグは測定機器などが入っているのか?

ブログ側ではじかれてしまい、どうしても拡大画像が載せられない。サイトにはアクセルグリップ周辺の画像がある。

これを見ると、ブレンボのセミラジアルと、サスペンション調整つまみも写っている。キャリパーもブレンボのようで、ほとんどR仕様。

ただ、パワーに関しては現状とあまり変わらない模様。ひょっとしたら、1290のような排気バルブが追加されたりして。

デザインもあまり変わらないだろうし、食指は動かない。いずれにしてもラジポンに交換して、それでもだめならキャリパーも、と考えてたので。

 

| | コメント (2)

2019年8月 4日 (日曜日)

久々の三峠越え

二か月間の欲求不満を晴らすべく、しかし猛暑なので早めに帰れるよう走ってきました。

6時少し前に出発。小川町から長峰峠を越えて秩父へ、さらに志賀坂峠を越えて上野村へ降ります。志賀坂峠の登りは大変楽しかったです。

やはりバイクは、軽いほうがいい。自在感が素晴らしく、余裕をもってコーナリングできますね。

さらにぶどう峠へ。路面は以前の記憶よりも荒れていて、それもコケとか雑草、落ち葉など。交通量の少なさも一因かなと。

このままだとそのうち走りづらい道になりそう・・。

相木村から野辺山、清里を経由してたどり着いたのは。

1564814031567一部で有名なジビエや山菜、キノコ料理の店ですね。

11時開店なのに9時半ごろにはついてしまったので、ちょっと足を延ばして辰ニイさんのお宅を確認に(笑

位置を確かめるだけのつもりがしっかり見つけられてしまいました(笑

取って返して食事。

20190803_111133613これは鹿丼。キノコ汁がうまかった。

肉は薄いのに歯ごたえがあり、何というのかうまみもあって野趣あふれる味。ただ、量が多くご飯は食べきれず。

1564814029005メニューは多様ですが、この季節はあまりおいしいものが無い。山菜もキノコも今は旬じゃない。秋と春に来てみよう。

1564814026031なぜか猪を飼っていたりする。エサ200円。2,3メートル離れて立っていると、しっぽを振りながら近づいてくるけど、こちらが寄っていくとすっと顔を背けて離れてしまう。ツンデレでした。

さて、もう一回辰ニイさんのお宅に寄ってから、小淵沢ICへ。これが12時25分。圏央道の桶川加納IC14時40分。

熱風の中を走ってきましたが、熱中症にもならず何とか帰ってきました。午前集中型(笑

| | コメント (3)

2019年6月 4日 (火曜日)

スプロケカバーにはグリスが大量に

この前の日曜日、道の駅万場から県道71で秩父へ。

1559472845880目的地というか、一度どんな店か見ておきたかった。チーズは苦手ですが(笑

そこから定峰峠に登り、狩場坂峠を経由して飯能へ降りようと。奥武蔵ウルトラマラソンというのを、グリーンラインでやっていて、フラフラ走っている人が結構いる。走りにくかったけど、何とかかわしつつ帰ってきた。やっぱり軽いバイクは楽。

 で、このバイクはオイル漏れが報告されているので、ちょっと確認してみた。

1559472013692ほうほう、これはケースの合わせ目のもっと上の方から来てるから、多分スプロケだ。

1559605646549ということで、カバーを外してみた。ステップも外さないと無理。

1559472017479スプロケカバーの内側は、グリスがびっしり。下側に溢れているので、これが熱で流れ落ちたものと思う。まさかスプロケの付け根から、じゃないよな。

1559472009269C-Bowにバッグを付けたところ。やっぱり片側は変だけど、自分では見えないからいいや(笑

| | コメント (4)