2013年9月23日 (月曜日)

デイトナ ドナドナ

もう少し乗っててもいいかなとは思っていましたが、今回デイトナを下取りに出すことにしました。約1年、3700キロくらい走りましたが、SS云々は置いておいても良く出来たバイクだと思います。何よりデザインと全体の雰囲気がいいです。走りに関しては、自分が公道で使いきれるパワーをやや超えていると思いますが、トルクの出方が良く、流すように走ってもそれなりに楽しめるところがすごいです。

良かったところ

①エンジン。やはり4気筒とは違う独特の回転感覚と振動、吸気音、2気筒に近いパワーの出方がいいです。トライアンフのコア・コンピタンスとして、今後も磨いていって欲しいと思います。敢えて言えば、というか次期モデルでは改善されてますが、アップマフラーは激熱です。

②スタイル。 これはRに限ったこととも言えますが、国産SSのようにケバケバしくなく、パールホワイトにシートレールの赤が映えていて、なかなかに佇まいがいいバイクです。

③オートシフターは便利。一回味わうと次からも使ってしまう。ペダルに上向きの力が少しかかっただけでもクラッチが切れてしまうように感じるときがあり、これは使い方として注意しなければいけないけど、総じて満足感高し。

イマイチだったところ

①やはり、ポジションがきつい。ノーマルでも乗れないことはないけど、長距離は厳しいはず。175センチくらい身長があればそれほど苦にならなかったかも。ハンドルを上げて、500キロくらいのツーリングは問題なかったものの、視線が低く上体が伏せているので、街中は乗りにくい。また狭い道、先が見えない道での乗りにくさにもつながったと思う。

やはりSSはサーキットで走るべきかな。

②フロントサス。結局プリロードは全抜きにすることで何とか普通に走るようになったが、本気でブレーキングするとほぼストロークを使ってしまう。バイカーズステーションで言っているように、バネレートを上げてストロークを伸ばし、減衰を抜くのがいいのだろうか?バネレートを上げる必要はないように思うが、もう少しストロークがあったほうがいいと言うのは同感。

オーリンズのサスは初めてだったが、ある程度走らないと(2000キロ以上)本来の動きは出ないように思う。初期が柔らかく、腰がある沈み込み、作動は抵抗感が無くてスムーズ。確かに高価なだけのことはあると感じた。

もとより、あまり長く乗るつもりはなく、「一回くらいはSSに乗っておこう」というつまみ食い精神で手を出したので、2年くらい乗って・・・と思っていたが今回乗り換えに至ったのは、実はSRの存在が大きかったりする。

デイトナは日帰りの峠専用で、SRでツーリングや峠めぐりをするつもりだったが・・・。デイトナのコーナリング性能に慣れるうちに、SRのフニャフニャぶりが気になるようになり・・・。

デイトナ並みとは行かないまでも、もう少しマシな足回りにしたいけど、多分30万レベルの資金が必要なはず。それだけ金をかけて足周りを改善して、果たしてどれくらい楽しめるのかと冷静に考えると、実質的に使える回転域が3000程度しかなく、トルクはあるものの回転感覚はイマイチ。車体の軽さは魅力的だけど、今はメーカーが作った現代的なビッグシングルがある。わざわざSRを保有するよりはもっと選択肢があるはず。

さらに、2台体制は、簡単に言って乗る時間が無い。1台のメインと、あとは小さいバイクで軽く遊ぶというのもあり。グロムとか、Duke200あたりだと維持費も安いし車検は無いし・・。

ということで色々と考え、まずはメインバイクとしてSSほどではなくてもいいのでそこそこ峠を楽しめて、ツーリングも余裕で行けるバイクを検討。今まで乗ったことのないブランドということで、ドカとKTM、その中でHyperstradaとDuke690に絞ったところで、先日試乗。

結果、やはりビッグシングルは疲れそう(笑 順番としてはドカだよなあ。ということでした。

SRですが、今売却しても二束三文、と言っていつ売っても二束三文。タイヤ交換くらいはして、たまに癒しを求めて乗る程度になりそう。でも5月には車検が・・・。

Dsc_1234ドナドナの日の記念撮影。

コ・ボーグで撮りましたが、ピント甘いし手ぶれしてます。おまけに白飛び。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年8月10日 (土曜日)

今夏最暑でも走る

先日の埼玉ツー以来デイトナをちゃんと走らせていないので、夏休みに入った今日、軽く走ってきました。

朝6時過ぎに出発。下道で熊谷から長瀞へ走り、そこから神流湖へ、国道462を万葉の駅まで。途中塩ノ沢ダムに寄り道して帰るというコース。結局近場はこのコースが一番楽しめる。

国道140の中野上交差点のセブンには7時40分くらいに到着。既にかなり暑く、スポーツ飲料を仕入れて峠越え。やたらとダンプトラックが多い。やっぱり日曜に来るべきだったか。

Dsc_0267

道の駅万葉で。まだ8時半だけど軽く30度越え。

途中の温度表示は33度。

ここから折り返し。帰りは車が少なく、途中GSX1200?昔の耐久レーサー風のやつ、を1台抜いた以外はバイクにも会わず。かなりいい感じで走ることができました。やはりSSは楽しいです。もう少しブレーキ効いてほしいけど。

Dsc_0270

462から140へ抜ける途中の峠の上がり口に温度表示計がありますが、10時前で35度・・・。

帰り道長瀞近辺を走っているときはまだましだったけど、花園あたりから熱風が当たってくるように。走っていても暑い。こりゃ大変。

結局11時過ぎに帰宅。220キロ走行。途中、羽生あたりもかなり暑かったけど、やっぱり熊谷が最暑。さすが。

Dsc_0269

フロントにスリップサインが出ました。

まあ、リアはまだ大丈夫なので、あまり気にしないことにする(笑

リアは、端っこの文字も削れてきたので、悔いなく履き替えることができますが、もう少し頑張ろう。

Dscf0793
リアの右側。今日初めてツツッとアウトに滑りましたね。

Dscf0794_2

リア左。こちらはまだまだですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年6月30日 (日曜日)

7年ぶり?埼玉オジサンチーム

自分がバイクに復活したことを知ってお誘いいただき、久しぶりにY氏、N氏と走ってきました。

11時高坂SA集合。遅い(笑

Dsc_0218
手前がY氏のブルターレ1090RR。モトコルセ全部乗せスペシャル2週間モノ。あと乗せ分だけでデイトナRが買える模様。

真ん中はN氏XR1200。日本では3年間しか販売されていないらしい倒立サス仕様。

Dsc_0219

ブルターレのエキパイ。この仕事はすごい。ほとんど偏執狂的な仕上げ。エキパイ取り付け部分はネジ止めでなく、押さえてあるだけ。目の保養になりました。

初めて3台で集まったときはK1200SとRだったけど、年月を経てそれぞれに変化があるわけですなあ。自分は3年間降りていたし。

しばらくぶりだったのでひとしきり談笑のあと出発。花園から長瀞経由で神流湖方面へ。自分が最近何度か走っているコースだ。Y氏は相変わらずの超イダテンであまり本気では走っていない感じだけど早い。自分のようにコーナー奥まではいらずかなり手前で倒しこみ始めるが、倒しこみスピードが速く、難なく曲がってしまう。非常に参考になった。

Dsc_0227

途中の吊橋で休憩。このあと道の駅万葉で折り返してY氏お奨めの店で昼食。

Dsc_0235

オジサン3人でピザを頼み、シェアして楽しみました。かなり水準の高いおいしいピザでした。

Dsc_0242

店の駐車場で。いい店だったので、出し惜しみ(笑

このあとはひたすら走って自分は4時半頃帰宅しました。平均速度は49キロ、燃費は19.6。オイル交換したので8000以上を結構使ったこともあり、少し悪かったですね。これくらい回さないとついていけないペースでした。

久しぶりに懐かしいメンツで走ることができ、大変楽しい一日でした。Y氏、N氏、お疲れ様でした。また、そのうち走りましょう。今度はSRでゆっくり(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年6月15日 (土曜日)

デイトナ675R オイル交換

前回のオイル交換はディーラーで実施。それから2000キロ弱、合計で3000キロ弱走ったところでオイル交換を実施しました。

Dsc01505
カウル脱着はもう特に苦になりません。

Dsc01507

結構汚れている感じですね。ドレンプラグは13ミリでした。

Dsc01509

オイルフィルターは基本的に手で締め込むわけですが、何故か手では外せない。これ、約束です。

Dsc01511

安売りしていたレプソル。

Dsc01513

普通の色。Motulみたいな緑は珍しいんでしょう。

実際の色はもっと薄いですね。

Dsc01518

オイルフィルターは純正ではないですが、ナップスの店員が慣れた感じで選んでくれました。

こちらの方が外しやすくて(ボルトのアタマの形をした突起がついている)いいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年6月 9日 (日曜日)

デイトナは熱い

今日は最高気温26,7度だったらしい。

デイトナで走っていると、オシリが熱い。革パンなしではダメな感じ。これからさらに30度を大きく超えるようになると、きっとまともに走れないだろうなあ。やはり朝練しかない。5時出発の10時帰宅、休憩30分で下道200キロって感じ?

Dsc01495

ちょっと走ってタイヤ表面を触ると、かなり熱い。40度以上はある感じ。やっとタイヤがほんとにグリップする条件になってきたってところでしょうか。

Dsc01496

でももう、1000キロも走れないだろうなあ。

次はα13あたりか、ディアブロ・ロッソかな。

今月のBikersStationの巻頭に、タイヤ空気圧の話が出ていて、それによると「今のラジアルタイヤは前2.5キロ、後2.9キロが標準。メーカーによってはそれより低い空気圧を指定している場合があるが、見識を疑う」みたいなことを書いてある。デイトナ該当(笑

フロント2.35、リア2.5の指定値から2.5、2.9にしてみた。さらにリアのプリロードを一回転かけてみた。

全体に固い乗り心地になったけど、倒しこみのリズムがつかみやすくなった感じがする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月26日 (日曜日)

同僚ツー

土曜日、同僚ツー信州編。

朝5時半前に出発して桶川北本から圏央道経由で中央道の談合坂SAへ。どんよりと曇った空で今にも降り出しそう。一時間強で到着してしまい、スタバで暇つぶし。朝早いのに人が多いこと。バイクも多い。7時過ぎにメンバー二人と合流し、7時半ごろ出発。この時点でおおまかなコースが決まり(笑 諏訪ICをめざす。このあたりを走るのはK1200S以来で、多分9年ぶり。だから記憶も何も関係なし。

高速を降りてからは霧が峰を目指す。談合坂トンネルを抜けるとウソのように晴れていてびっくり。

Dsc01480

霧の駅脇のエネオスで給油。丁度岡山ナンバーのハーレー軍団の後ろに並んだので、方言で話しかけてみる。ブルースカイヘブンへ参加するとのこと。なるほど。

ここのガソリン、11リッターで2000円でした(爆

ここから美ヶ原を目指してワインディング満喫コース。微妙に速い(遅い)クルマ軍団にアタマを押さえられつつ美ヶ原へ。

2_20130526_2043

ビデオから切り出し。

実際の距離よりもやや離れた感じで写りますね。黄色いクルマはスイフト。結構速かったです。微妙に。

Dsc01483

美ヶ原のPから北アルプス方面を。やはり高原はいいですね。空気はきれいだし、カラッと晴れていて最高の天気です。ここからまた霧が峰に戻って白樺湖方面へ向かい、女神湖近くの蕎麦屋で昼食。

休憩後、麦草峠を経由してR299で十国峠を越えて神流湖まで。R299は依然として通行止めで、以前SRで確認した抜け道へ。この道が以前と違って砂の浮いた過酷な悪路に変わっていて、かなり疲れました。当面299は走りたくありません(笑

いやにさびれた道の駅で休憩後は長瀞経由で帰ってきました。

Dsc01489走行距離です。

うち190キロは高速道路だったものの、デイトナでの最長距離を達成。

Dsc01491
燃費は意外と良かったです。高速でもワインディングでも9000くらいまでしか回していないしね。

Dsc01492

平均時速。実際走っていたのは8時間弱ということです。高速道路190キロを仮に2時間で走ったとすると、残り6時間で300キロ。高速ワインディングの連続でしたからねえ。

走行距離が3000キロ弱になり、サスの動きが良くなってきた感じがします。倒しこみに少しリアの低さを感じるようになってきたので、リバウンドを少しかけましたが、プリロードももう少しかけたほうがいいかもしれませんね。やはり取り組み甲斐のある素材です。それより自分のライディングを磨かないとイカンけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月21日 (日曜日)

天気が悪いのでバイクいじり

この週末は天気が悪いということで、デイトナの掃除とこまごました作業を。

37815_2

雨降る中、左カウルを外しました。寒い。

やっぱり屋内ガレージが欲しい・・・。

37816_2

エンジン周りにはほとんど手が入らないですね。最近のバイクはみなこんな感じです。

冬場の強風で前の畑からかなり砂埃が運ばれてきて、表面に積もっていましたが、まあまあきれいになりました。

さて、せっかくカウルを外したので、裏側のオイル分や汚れをきれいにして。

37817

内側に断熱材を貼ります。デイトナの断熱グラスウール。300ミリ×400ミリで2000円弱。

37819

もともとはこの程度の熱対策しかなされていません。アルミテープを貼ってるだけ。夏場は熱でカウルが変形するっていう噂があるわけですが、確かにうなずける熱さです。ファンがついていないのが大きいんですかね。

37821

まず、エキパイに近い右側に。かなり広めに。

37822

左側はエキパイがないので気持ち程度で。

他の675オーナーの方のブログを参考にさせていただきました。

この他に、カウルの下の先端部分、前輪の直後の部分に保護フィルムを貼りました。前輪のハネがまともにあたる部分です。

こうやって自分なりに手をかけるとバイク愛が深まっていきますね(笑

ちなみに、左側カウルの重量は、ウィンカー込みで1.35キロでした。カウルを外すとかなりの軽量化になりますが、配線の処理、ウィンカーステー、右側の放熱フィンのついた箱の処理等、色々と課題がありますね・・・・。やはりバッテリーあたりで軽量化を狙うのがお手軽かと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年4月14日 (日曜日)

オーリンズサスのデータ化

少し前にテクニクスさんに行ってみた。オーリンズのフロントサスの設定変更は4万程度らしい。脱着工賃は別。スプリングを交換する場合は2万くらい?

10万弱で何とかなりそうだけど、やはり現状を良く確認したい。

ということでフロントスタンドを仕入れてみた。

Dsc01436

やはりゼロGだと普段と違って見えますね。

Dsc01443

ストロークはゼロGで107ミリ程度でした。短いよなあ。

Dsc01441

続いて1G。26ミリ弱ストロークしました。全ストロークの24%程度。

やっぱりちょっと固いんじゃないかと思うけどね。

プリロードゼロでこれだから、やはりスプリングレートを下げるしかないかな。それはともかく、こうやってデータを取るのは大事なことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月13日 (土曜日)

デイトナRを少しいじる

2000キロ走ったので、ちょっと吸気系を確認してみることにしました。

ネットで調べると、ガソリンタンクは割りと簡単に外れそうということで。

デイトナのタンクはシート下で長いボルト一本、ステアリングヘッド手前で短いボルト二本で止まってます。シート下のボルトをねじ切ってしまいましたが、秘密基地でほぼ同じボルトを調達できて一安心。

タンク下には、燃料ホース、残量計と多分ウォーニングランプのプラグ、それと二本のブリーザー(?)がつながっていました。予想通り、燃料ホースは一番手強かったです。

Dsc01434

やっと外れました。最初はオレンジ色のロックにてこずりました。下に引っ張るとカチッといったん止まるので、そこから何かしながらさらに下に引っ張れば外れると思って色々やってみますがダメ。反対側から見ると、どうやらガソリンタンク側から出ている白いパイプに通っている。で、下ではなく奥に押していくと少しずつ動きます。

Dsc01433

ホースのプラグは四角い部分を両側押すと外れます。これ、ディーラーに教えてもらってないとわかりません。いやはや・・。

Dsc01437

エアボックスの上には何だかコントロールユニットっぽいものがあります。やたらにアタマの薄いボルトを外すとエアクリーナーが登場。

Dsc01438

エアークリーナの下というか奥がフロントカウルにつながっていて、ラムエアシステムになっているんでしょう。見えている側はそれほどではなかったけど、裏側はかなり汚れてました。また、虫や砂埃がかなり入ってきているようでした。

右側のスキマにスポンジが入ってるのは何故?

Dsc01439

ちょっとわかり難いですが、バタフライバルブの奥には薄くスラッジが付いています。何故か右端のシリンダーの吸気口はきれいでした。

ここは定期的に掃除したほうが良さそう。白いチョークみたいなのが気になります。何だこれ?

きれいに取れましたけどね。

ということで、今度はカウル全部外して冬場の強風で積もった砂埃をきれいにしたいと思います(笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年4月 8日 (月曜日)

ストロークセンサー

デイトナRちゃんは前後オーリンズですが、どうも固い。特にフロントが気になる。それで、スプリングレートを下げるとか、減衰力の設定を見直すとか、やってみようかなと思ってますが、その前にストローク量を一応確認しておかないとなあ、ということでストロークセンサーを仕入れました。まあ、タイラップでもいいけどね、今使ってるし。

Dsc01416

何種類かありますが、一番安いヤツ。案の定、台湾製でした。

白いワッカを広げてフォークにはめ込み、下のバネで止めるわけです。バネは右側の端を左側にねじ込むやり方です。取り付けは結構手間がかかりました。白いセンサー部の溝にバネを通した状態で引っ張り、端をもう片方にねじ込むってかなり難しいです。フォークを外せばやり易いと思います(笑

Dsc01428

1G(1名乗車)状態の沈み込です。ちなみにプリロードは全抜きです。判断はできませんが、これを見る限り、有効ストロークに対しては適正な範囲かなと感じます。それほど本気でブレーキングしているわけではないのに、ほぼフルストロークしてしまうのは、プリロードにあまり関係なくバネレートの問題かなと。ストロークを増やしてみるのが一番いいように感じます。まあ、素人考えなので、しばらくプリロードや減衰をいじってみようと思います。その前に空車サグを取らないと・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|