2007年7月 7日 (土曜日)

車検から帰還

久しぶりのバイクネタ ^^;

部品の入荷がギリギリ間に合い、金曜日に引渡し。丁度二週間かかったことになる。

LASERが直管仕様のバッフルなのでこのままでは引き渡せないとショップは言う。わざわざショップ側でおとなしい仕様のバッフルをつけて納車するとのこと。随分融通が利かないが、まあそれが本当の姿であり、マジメなわけだ。車でも、ディーラーは不正改造しないし、そもそもそんな車は整備しない。今回のバッフルも、うるさいやつに交換するのはユーザー責任ではある。それなら最初から売るなって話なんだけど、使うかどうかは自己責任だから。日本人は、アメリカ人みたいになんでもかんでも他人のせいにはしない。

ということで、ショップから少し離れた場所でバッフルを交換して帰る(核爆

久しぶりに乗ったせいなのか、或いはグラブをメッシュにしたからなのか、クラッチとアクセルが妙に軽い感じがする。多分、すぐに慣れて感じなくなるはず(笑

通常の24ヶ月整備以外の整備項目

・ファイナルドライブオイル交換 リアホイールを外すんだったらついでにやってと依頼 ゲイルのホイールは外されました(笑

・ステダン交換 オイル漏れのため交換 多分股間を強打するほどのギャップがいっぱいの林道を何回か走ったおかげ

・フルスロットルアクチュエイター交換 スロットルを回していくと、途中でちょっとひっかかるとは思っていたが。そんなに開かないので不便は感じなかった。確かに全般的に軽くなったように思う。フルスルットルを電子制御してるとはしらなんだ。関係ないけど。

・ヘッドライトバルブ交換 ショップに持っていく途中で切れたが構わず走ってきた。3000円弱と、意外に安い。金欠につきHIDは断念(泣

・エアフィルターエレメント交換

で、全部で10万弱。はい、これくらいは覚悟してました。

| | コメント (2)
|

2007年6月17日 (日曜日)

電波望遠鏡を見に行った

7時出発で野辺山の電波望遠鏡を見に行ってきた。前から見たいと思っていたので。

普通なら中央道で須玉ICあたりまで行ってR141なんだけど、それじゃおもしろくないので、上信越道で下仁田まで行き、そこから塩之沢峠を越えてR299へ。そこから先は未定だが、十国峠かブドウ峠かの違いだけ。

さて、初めて走る塩之沢峠越えだが、はっきりいって群馬側からは行かないほうがいいです。一応舗装はしているものの、ひび割れ、玉砂利、ゴツゴツのギャップと、走りにくいこと夥しいです。

Dsc_0456 こんな感じ。路面は全域ひび割れだらけで、クリスタルラインよりもかなりひどい状態。

ところが、トンネルを抜けて塩之沢峠を越え、埼玉側に降りたとたん、路面はグッとましな状態になり、結構飛ばせます。峠を間に、これだけ路面が違うっていうのも何だかなあ。調子に乗って走っていると浮砂利に乗ってあやうくこけそうになる。右足でドンッと路面を蹴飛ばしてなんとか建て直すものの、ちょっと足首をひねってしまう。それにしても砂利が白くなくてアスファルトの色とそっくり。こりゃ危ない。

ほどなくR299に合流するが、十国峠よりもつい先日走ったブドウ峠の方がいいかと思ってそっちへ。峠を越えて北相木村からR141へ到る道を走る。快走路だ。R141で野辺山を目指し、野辺山駅前へ。

Dsc_0461_1 なんてことはない、普通の駅だった。JRの駅で一番標高が高いんじゃなかったか?まあ別になんてこともないか。

ここからほんの2分くらいのところに、国立野辺山天文台はあった。

Dsc_0466 ミリ波干渉計。

手前のレールで移動させるらしい。

Dsc_0473 45ミリ電波望遠鏡。でかい。

Dsc_0477 そのでかい望遠鏡に、ツバメが6世帯ほど住んでいる。なんとなく笑えました。

Dsc_0481 アンテナ部分はこうなっているらしい。表面は炭素繊維(つまりCFRP)で、中身はアルミのハニカムコア(ハニカミじゃない)。いったいいくら金使ったんだろうなあ。飛行機とほとんど同じですよ、構造が。

そういえば写真などでは、アンテナが斜めになっているが、今日は全て上を向いていた。一応見学コースを歩いたわけだが、これ以外にも2,3アンテナが密集しているゾーンがあった。かなり小型で見栄えしないので、見学コースには入っていないと見た(笑

ここで11時半ころだったので、なんとなく気になっていた燻タンラーメンを食べてみる。Dsc_0492

石焼ビビンバみたいな器に入ってグツグツ煮立って出てきた。で、食べてみたが・・これで1160円はボリ過ぎ。東京でこの味、この値段では間違いなく潰れます。麺がニュウメンみたいで、話のタネにもならず。残念!

さて、目的は果たした。ここから先はあまり考えてない(爆) このままR141から中央道で帰るのもなんだかちょっと走り足りない。特に塩之沢峠が予定外にひどかった。

ということで、クリスタルラインを経由することに。今回は増富ラジウムラインから観音峠大野山林道→木賊峠→水森林道→荒川林道→焼山峠へ。ほとんどが前回走ったコースの逆です^^;

Dsc_0497 木賊峠の案内板。ここまでの林道は結構ひどい道。観音峠大野山林道だと思うが、舗装というよりはコンクリートに玉砂利を混ぜて打ちっぱなした感じで細かいデコボコだらけ、あちこちに溝がきってあって、蓋はしてあるもののギャップがひどくて・・・。まあ、あまりスピードだすなってことか。

Dsc_0508 焼山峠の案内版。木賊峠からここまでは比較的走りやすり道だった。しかし、溝のギャップのせいで股間を強打し、しばしバイクを止めてうずくまる羽目に・・。今日は災難続きだ(笑)

このまま杣口林道へは行かず、左回りの焼山林道で降りていくことにした。この道も結構快適だった。そのまま適当に走って中央道へ乗るつもりだったが、まだ2時過ぎだなーなどと考えているうちにR411の案内を見つける。やっぱり柳沢峠越えで青梅ICから圏央道ってことにする。ということで、バイクとクルマを抜きながら(50まで数えてやめた)圏央道へ。この前みたいに遊んでくれるバイクはおらず、皆さんマナー良く道を譲ってくれる。圏央道から関越東村山を経由して5時ちょっと前に帰宅。走行は多分410キロくらい。それにしても、バイクにもサンデーライダーっていうか、いるんだなあ。あ、自分もそうか(爆)

| | コメント (2)
|

2007年5月24日 (木曜日)

残念ながら

家庭の事情で、今週末の全国オフミはキャンセルしました(泣

宿泊予約の関係で、迷惑おかけしたくなかったので、まだ日程が決まらない段階でキャンセルの連絡をマービーさんへ。マービーさんお手数おかけしました。

結局、土曜は出かけられなくなったので、変な未練を持たずに済みました^^;

ネットでしか接点の無かった多くの方にお会いできると楽しみにしていましたが、残念です。

ご参加の皆さん、無事故無違反で、おおいにエンジョイして来てくださいね。

ottoさん、TEBさん、とりうみさん、早めのレポ期待してます(笑

次は夏のバイカーミーティングを狙ってます(爆

| | コメント (6)
|

2007年5月20日 (日曜日)

なんとなくクリスタル

どんなタイトルやねん。

昨日はyosさんからお誘いをいただき、軽くクリスタルラインを走るはずが、朝の出発直前に雨が降り出して中止。おてんと様に文句言ってもしょうがないが、ちょっと残念。久しぶりにクリスタルライン走ってみたいなあ、ちょっとキツイ道だけど・・。

ということで、なんとなくクリスタルラインを走ることにする。朝7時半頃出発して、R299で秩父へ行き、雁坂トンネルを通っていくことにする。奥多摩から柳沢峠っていう手もあるけど、ここは走ったことの無い道で勝負(え?)

ちょっと起きるのが遅かったので朝飯も食わずに出発。ちょっと寒そうな感じなので上はST-Wにする。もちろんインナー無し。R299の正丸駅前の食堂で遅い朝メシを食う。休んでいたライダーに「新しいカラーリングですか?」と聞かれたりする^^: ここを9時半ごろ出発して、秩父からR140へ。結構渋滞していたが途中からは快走。雁坂トンネルは長かったが、560円も取られるとは思わなかった・・・。ちょっと高すぎだよ、もう二度と走らん。雁坂みちを快走して室伏トンネルを出たところを右折。ヤマカンだったけど正解だったらしく、県道210へ無事合流。そして杣口林道へ。ふむふむ、走った覚えがあるぞ。尾根伝いの道に出ると、路面にブラックマークが黒々。Dsc_0299      

Dsc_0304 新緑が目にまぶしいです。遠くに富士山もきれいに見えますね。

途中クリスタルライン左折という案内に沿ってトンネルを入る。ここはナビの表示がちょっとずれてるらしい。焼山峠で右折。ここはちょっと分かりにくいが標識のおかげで、なんとか荒川林道に入ることができた。しかし幅は狭くギャップも多く走りにくい。なんとか池の平林道を経由して木賊峠へ。

Dsc_0307 ここにも大きな案内図があった。ここから観音峠大野山林道を走るがここもハードな道。続いて本釜谷林道へ。そのまま県道610号へ合流して相木村方面へ。

Dsc_0313 県道610への合流地点手前から。

県道610は、県道って言うくらいだから少しはマシかと思ったら、今まで走ってきた林道とあまり変わらない^^; 路面は比較的荒れてないが道幅は1.5車線。それでも途中からは走りやすい道になり、信州峠を越えると北海道のような一本道が・・。写真撮ったらストラップが写ってたのでボツ(爆)

Dsc_0327 花びらが舞ってます。

さて、道なりに進んで、多分県道2に入り、そこから県道124でブドウ峠へ、というコースを行く。途中、なんたらマラソンというのをやっていて、狭い林道にフラフラのランナーが溢れている。皆前を見ず路面を見てるから、こっちとしては走りづらい。ブツブツ言いながら我慢して走る。そのうちブドウ峠に入る。

Dsc_0338 ブドウ峠でたまたま遭遇した、やまめの放流シーン。狭いプールに30匹くらい放流してた。釣れないわけがないけど、釣ったらまた次の放流を待つんだろうなあ。

R299に合流してあとは道なり。途中、志賀坂峠の下りで熊谷ナンバーの250らしいオフ車とバトル。ヘアピンでインから抜かれたので追撃モードで。実は信州峠あたりの左ヘアピン立ち上がりでパワーをかけた途端ズルズルズルっとスライドして逆ハンきって立ち上がり。どうも上りヘアピンのインにありがちなアンジュレーションが逆バンクになっていたもよう。そんなわけでセーブして走っていたけど、抜かれたら着いていかないと^^; オフ車は、どうやらリグラグパターンのタイヤのようだったが、かなり速い!それでもコーナーとコーナーの間でかなり近づいてしまうので、あまりプレッシャーかけるのもなんだから5速固定で追撃。ヘアピンは車体が軽い分少し先行されるが、その分は直線で詰めず、突っ込みで。おかげで最後になって結構楽しめた。そういえば、途中トラカラーのSをぶち抜いたな・・。

あとはR299の渋滞をじっとがまんし、坂戸経由で4時半頃帰宅。丁度出発から9時間。走行389キロ。途中休憩は正丸駅と、あとは数回写真撮るためにとまっただけ。正味8時間ちょっとかな。結構疲れました。

さて、来週のオフミに備えて、オイル交換と無線の取り付けやろうと思ってたけどできず。会社サボるしかない(爆)

| | コメント (6)
|

2006年7月15日 (土曜日)

六合ハムを買いに行ってきた

ここのところ週末2回バイクに乗ってない。そろそろ動かしてみようかということで目的地を考えていると、ふと道の駅六合というのが目に入った。「六合というとひょっとして六合ハム?」と思って調べてみるとそのとおり。六合ハム・・・懐かしいなあ、六合ハムのドライソーセージ。

二年前は毎週出張していたが、新幹線を使うことも多く、東京駅の売店で売っていた六合ハムのドライソーセージを必ず買っていた。これ、独特の酸味と爽やかな後味でビールのツマミにピッタリ。ところがいつの間にか見かけなくなっていた。どこで作ってんねやろ、などと思いながらそのままになっていたのだが・・。

六合ハムって六合村にちなんでるんだな。

ということで6時半出発。自宅からR17へ出て高崎まで。ここからR406を走る。ここはこの前の埼玉千葉合同ツーでも走った道だが前回二度上峠に向けて左折した権田の信号を直進する。ここからは初めて走る道。朝早いということもあり車も少なく快適に走る。R406が下りに入ると、赤城南面でおなじみの波状路がある。速度抑制道路だと。まあ、確かに空を飛んでしまうので怖くてスピードは出せんよ・・。R145に合流し、さらにR292へ。道の駅六合はこの国道沿いにある。

Cimg0452 気温23℃。涼しい。

Cimg0456 ここまで139キロ。3時間弱で到着。まあ、そんなもんだろうな。

Cimg0454 道の駅全景・・ではなく右半分。左側にレストランの建物があるが写真失敗。

ここで六合ハムを買い込んで、目的を果たしたので帰ることにする。せっかくだから草津のほうまで行こうかとも思ったが今日は朝練なので、北軽井沢から二度上峠を回って行くことにする。来た道そのままっていうのもなんだから。途中食事休憩をはさみ、高崎までは快調に来たが、R17に入って本庄あたりの対面通行区間でペースダウンし、結局帰宅は1時過ぎ。走行距離290キロ。

Cimg0465 久しぶりのドライソーセージ。351円也。東京駅で売っていたものより本数が多い^^;

まあ、すごくおいしいってものでもないですけど。

Cimg0466 Cimg0464                  

ついでにサラミとソーセージも買ってきた。600円くらいで良心的な値段だ。

Cimg0451 おまけ^^;

| | コメント (3) | トラックバック (1)
|

2006年4月28日 (金曜日)

高揚と落胆

今日から休みだ。ほとんど予定は入っていない。今日はとりあえずタッチアップペイントを取りに行こうということで、塗装してくれた工場のある高島平に向かって出発する。白は純正色ではないのでわざわざ作ってもらう。3色でタダ。まあ、人徳である。

ここまで終わってまだ昼前だ。指も全然痛くない、ということでちょっと遠回りして帰ることにする。

笹目通りから254号に入り、小川町まで。ここから県道11号に入って定峰峠を越えて秩父に入り、299号で走りなれた正丸を越え、高荻から鶴ヶ島を経由。さらに254号を横切って17号を目指し、桶川を経由して菖蒲を抜け、自宅まで。高島平からざっと200キロ強の行程。

さすがに最後は指も痛くなり、握力不足でクラッチ操作がつらい。まだまだ本調子ではないことを思い知らされた。

久しぶりにワインディングを走った。ハイサイドの後遺症(カラダとサイフ(^_^;))なのか、まだまだ攻めるところまでは行けない。冷静に考えると、高めのギアでゆっくり開けていけばハイサイドなんか起きない・・・頭ではわかっているのだがやはり恐怖心というか躊躇は残る。まあ、そのうち慣れるやろ。

そんなヘタレな走りでもGaleSpeedのホイールとMichelinPilotPowerには大いに興奮した。走りなれた左コーナー、2速100キロからブレーキングしながらアプローチし、そのまま切り返して右コーナーに入り、やはり100キロくらいで抜けていく。以前に比べて倒し込みが軽く、というか短時間で終わり、ライン一本分インに入れる。ということはブレーキングを遅らせて奥まで突っ込むことができる。ライン一本というよりは車体分と言う感じか。前輪の重さ、手ごたえのようなものが減り、向き変えが早い。定峰峠の低速コーナーではあまり感じなかったが、ある程度スピードが乗るとホイール軽量化の恩恵はすごいものだと実感した。

加えて、PilotPowerである。左についてはブーツが何度か接地し、それなりに走れたと思っていたが、リアタイヤをみるとまだ端が5ミリくらい残っている。M1であれば端まで使っていると思うのだが・・。端まで回りこんだプロファイルということだろうか。それはともかく、滑る気配は全くない。Kとの相性も良いのではないだろうか、少なくとも自分としてはM1よりはベターだという印象を持った。

さて、走りで大いに高揚したあと、一休みのため喫茶店に入る。ここでなぜかバイクがパタンと倒れてしまう。店に入っていて目を離していたのでなぜかはわからない。砂利で、多少坂にはなっていたが・・。十分に注意してとめたつもりなのになんで・・・。しかもまた左側。カウルに小傷数箇所、例のBMWマークはちょっとごまかせないくらいの傷が付いた。激しく落胆・・・。うーーーん。御祓いでもしてもらうかー。

小傷は今日ゲットしたタッチペンで何とか直そう、しかしBMWマークは無理だ。早速ミドリデザインさんに発注する。全国ミーまでには何とかしたいもんだ・・。

28 当日走ったコース。

ちょっとわかりにくいが、右下が出発地の高島平、右上が自宅近辺。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006年4月20日 (木曜日)

1年経過(;°д°)

ふと気がついた。

初めてK1200Sに試乗したのが、多分去年の4月9日。その数日後にこのブログを立ち上げた。今確認すると4月13日が初のアップだ。

いつの間にか1年が経過。こんな適当なブログを読んでいただいた皆さん、本当にありがとうございます_(._.)_。

ビューエルに乗っているときも、ロードスターを買ったときもHPを立ち上げようと思い、写真を撮りためていた。だが仕事が忙しく、HP作成ソフトの機能も不十分で思うようなページができず、そのままになっていた。今は気軽かつ手軽に作成できるブログというものがある、いい時代になったもんだ。

複数所有が難しい自分にとって、K1200Sはほとんど理想のバイクである。もうすこし軽くても良いと思うし、細部の質感や仕上げに関しては言いたいこともあるが、それを補ってあまりある美点がある。フレームもへこんだことだし (^_^;) 今しばらくはこの愛機と付き合っていこうと思う。ということで、今後ともよろしくお願いします。

Img_0066 PCの奥から出てきた、試乗時のスナップ

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005年8月20日 (土曜日)

朝練涼しかったです

朝練行って来ました。結局赤城の南面から大沼経由で北面を走ってきました。途中別の道を開拓しよう思ったのですが途中であきらめました。

訂正ですが、昨日「北面の方がツイスティーでバイク向き」と書きましたが、如何に自分の記憶が曖昧か思い知りました(^_^;) 北面は、長い直線のあと、ヘアピンが二つ続き(左→右というように)また直線という、典型的な山登り道路でした。南面も似たようなものですが、まだ変化がありますね。北面は大沼の、標高1400メートルくらいから700メートルくらいまで駆け下ります。本当はもっと下まで行くのかもしれませんが、途中でUターンしてきました。

前から感じていたものの、今日改めてブレーキについて感じるところがありました。まあ、ロードスターよりはだいぶ改善されているとは思いますが、同じレバー入力のはずなのに、ある程度時間たってから急激に効くのはなんでかな?それと、Sのリヤブレーキはまったく無いのと一緒なので、コーナリング中の姿勢制御というか、微調整が難しすぎ。フロントに頼ることになるんですが、急激に効いて車体が起き上がる。ラインが膨らむ。うーむ。ということで、進入速度がどうしても遅くなってしまうんですねー、初めての道だと。でもまあ、やっぱり速いですよ、Kは。

大沼の駐車場で休憩しているとき、Ducati749Sの方に、Kマークを褒めていただきましたヽ(^o^)丿 どうもです!

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2005年7月 2日 (土曜日)

地ビール買出しツー

今日は朝のうち雨が残るということなので、遅めに起きてまったり。でも雨はもう上がってましたから。結局11時頃に出発しました。目的は茨城県の常磐道那珂IC近くの「木内酒造」さん。古くからある酒屋さんですが、ワインやビールも作っており、ビールは国際コンクールで何回も賞を取っているらしいです。私の家からだと、50号線まで出て、さらに県道を走る、片道110キロ程度の距離なので、丁度いい肩慣らしツーです。

5時間くらいで帰ってきました。まだポジションに慣れていないのか、結構肩と首が凝りますね。ポジション自体はいいと思うのですが、自分が慣れてないということですかね。

夕食で、バイツェン、アンバーエールを飲みましたがどちらもおいしかったです。続いて飲んだキリンモルツはただのソーダ水みたいに味が無かったです。

Kの方は、いくつか気づいたことがあります。3000RPMあたりからトルクが明確に立ち上がること、アクセルを閉じてエンブレかけているつもりが、3000RPMくらいで車速の落ちが止まること、というよりこのあたりで一度前にぐっと出る動きがあること。そんなにバンクしている感じはなくてリヤタイアの端まで接地しているらしいこと。これに関してはまたのちほど書きたいと思いますが・・ 。カウルの効果も高く、120キロくらいで走っている時はロードスターに比べて格段に楽なこと(それ以上はまだ試していませんが)。

途中休憩していたコンビニでは60過ぎのおじさんに「これ、一千万くらいすんのけ?」と聞かれました (^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|