« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月22日 (月曜日)

4アマ無線試験を受けてきた

昔、子供のころアマチュア無線免許に興味を持ったが、今のように情報が多いわけでもなく、多分機械に金がかかるだろうとあきらめた。

そのころから免許制度もかなり変わっているようで、今は4級から始まり、1級まである。外国は知らないが、日本と言う国はとにかく無線に関しては非常にうるさいようだ。ラジコンのプロポにも技適があるし、なんだかんだと面倒。

その面倒の一部をクリアするために今回4級を受けてみた。当日試験というものがあり、毎月あるんだけど7月は21日というのを知ったのが先週初め。

テキストというか過去問題集は買ってあるけどほとんど目を通してもいなかったのでほぼ一夜漬けで臨んだ。3級との違いはモールス信号程度のようで、どちらにするか迷ったけど、まあ実際無線通信なんてやらないと思い、4級で決定。

なぜ必要か、それはドローン(Tinywhoop)でFPVするため。5.8.GHz帯の電波で映像信号を送ってきて、それをゴーグルで見る、と言うシステム。当然機体を目視するのではなく、一人称なので多分操作もそれほど難しくないのでは?少なくともヘリを3人称で飛ばすよりは簡単だろう。不安は3D酔いくらい(笑

会場は晴海にある。

20190721_090508832 トリトンスクエアの近くのビル。9時過ぎ到着し、10時半の試験開始まで手続きと直前の確認。試験そのものは24問なので20分もかからず終了。30分後から退席可なので、廊下に出て答え合わせ。どうやら2問は間違えたようだけど、まあ合格。一問5点で無線工学と法規それぞれ60点満点で40点以上をとらなければダメ。

自分の場合はそれぞれ1問ずつ間違えて55点と55点。合格発表後免許申請をして帰ってきました。晴海あたりはやけに蒸し暑かった。それにしても高層マンションばかり。潮風にさらされ、あまり環境の良いところとは思えないけどなあ。釣りにはいいけど。

20190722_094348479 使った参考書。他のものに関しては知りませんが、この試験はほぼ過去問からしか出題されないので、それを網羅してあり、頻度の高い問題がわかるようになているので、かなり助かりました。これを丸暗記していけば合格できますが、せっかく覚えるならやはり原理原則とか基本的なことも知識としたいので、自分はテキストを読み込みました。一夜漬けといいつつ、土曜はほぼ一日これでつぶれた。法規に関しては何の問題もなく頭に入ってきたけど、工学のほうはやや苦戦でした。

20190722_094424385問題番号の表現で重要度を区別。塗りつぶしてないのは試験直前の復習を推奨。黒丸がついているのも重要なもののよう。基本的に過去問から出題されるけど、今回調べた限りでは載っていない、新問題が2問あった。

| | コメント (4)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »