« 久しぶりに赤城南面道路へ | トップページ | 軽く粕尾峠から古峰が原を回ってきました »

2019年4月23日 (火曜日)

マスの小さなバイク

前回、赤城山の南麓から昭和村あたりまで走ってきた。低中速コーナーに直線をはさんだ快走コース。

今年初めて走るので、路面を確認しながら流した程度、慣らし中なので5000回転を超えないよう留意しながらだったが、このバイクの特徴がうっすらとわかってきた。

KTMは、このバイクを「Scalpel」と表現しており、これは日本でいう外科用メスのこと。もともとメスと言うのはオランダ語のナイフからきており、日本だけの使い方らしいですよ。

真意は不明だけど、多分ナイフのような鋭利な切れ味、エッジのたった、のような含意なんだろう。

で、実際乗ってみると、確かに扱いやすく、鋭さに繋がる部分がある。コーナリングの軽さ、何でもできそうな余裕。

SDRに比べて、とにかくマスが小さくバンク中のプレッシャーを感じず、ライン修正やブレーキングなど自由度が高いと思わせる。

スペックを見ると、ホイールベースはほとんど変わらない。

素人考えだけど、エンジンの前後長が短くかつ軽いのが大きな要因かと。

ところでフロントブレーキだけど、やっぱり違和感あり。なんだか、途中どこかで抜けている感じがする。

|

« 久しぶりに赤城南面道路へ | トップページ | 軽く粕尾峠から古峰が原を回ってきました »

コメント

天気は良くて楽しめたのではないですか?

今日水曜日はずっと雨が降り続いてます。
明日は夜にこちらを発って大阪に戻ります。

色々と手続きやら多くて大変です。

また一度これまで乗って来られた
車やバイクの歴史などを ここで
拝ませてもらえたらなぁなんて思ったりします。
でもWell-Uさんは沢山有り過ぎて大変かもですね^^?

投稿: 辰ニイ | 2019年4月24日 (水曜日) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに赤城南面道路へ | トップページ | 軽く粕尾峠から古峰が原を回ってきました »