« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月30日 (火曜日)

そろそろ冬鳥が

菖蒲公園にそろそろ冬鳥が渡ってきているようで、様子を見てきました。

Pa300023

ホシハジロ。まだ2,3羽程度でしたが、渡りは始まっているようです。

Pa300100

ミミカイツブリ。

Pa300196

ツガイ誕生か?
片方が潜ると、びっくりしたように姿を探していました。
で、浮かび上がってきたら急いで近づいて・・。
なかなか可愛かったです。
さて、まだキンクロハジロの姿は無く、ホシハジロも少数でしたが、あと一か月もすればかなりにぎやかになりそうな感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日曜日)

BMW i3に乗った

Clubmanの12か月点検のおり、代車としてⅰ3に乗ることができました。

P_20181020_104212_vhdr_auto_hp

受け取った時、メーター上の残距離は200キロ強。バッテリーは85%くらいでした(はっきり覚えていない)。
 予想通り、非常に静かで振動もなく、モーターによる走りそのものでした。
ややタイヤの硬さというか、ゴツゴツ感が伝わってきますが、不快というほどではなく、トルクも十分。回生ブレーキが結構利いており、ワンペダルドライブも可能。クリーピングは無く、アクセルを離すとグッとブレーキがかかり、そのまま止まってしまいます。ちょっと慣れが必要な運転感覚。
 

P_20181020_121429_vhdr_auto_hp

サイドシルはカーボン。

P_20181020_121449_vhdr_auto_hp

やたらとスペースが広いダッシュボード周り。乗員保護対策なのか・・。
80キロほど走ったと思いますが、回生ブレーキでの充電もあり、返却時の残距離は180キロくらい。バッテリーは80%ほど。まあ、街乗りだけならば電気自動車もありですね。とにかく静かです。走り自体はそれほど速いわけではありません。発進加速には期待していましたが、まあ馬力なりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日曜日)

Mavic air墜落から修理まで

Mavic airですが、不注意から墜落させてしまい、修理に出していましたが、先日帰ってきました。

墜落の原因は自分の勘違いと思い込み。
かなりいい感じに指が動くようになってきたので、気分転換にこの機体の機能のひとつ、クイックショットを試してみようと思いました。これはまあ、プログラムによって撮影とフライトを行うもので、いくつか種類がありますが、今までやったことのない「サークル」をやってみようと。
 で、始まると、意外と半径大きく飛ぶんだなあと。コースの先には立木が数本あり、このままいくと多分ひっかかるなあ、と思いましたが、「横方向もセンサーがあって直前でストップするはず」と眺めていたら、2メートル、1メートルとどんどん近づいていき・・・。
どこで止まるんだろう、(実際センサーによって止まったところを見ていない)と思った瞬間、マズイ、と逆かじを入れましたがすでに遅し。枝に突っ込み、プロペラストップ。後部LEDが青から黄色に。15メートルくらい自分から離れていたので、どうやって取ろうか、と考えながら近づいていく途中、いきなり落下。間に合うはずもなく地面直撃。ちょっとずれれば土だったのに、運悪くアスファルトへ・・。あまりのショックで写真撮っていませんが、ジンバル部分が割れ、カメラがヘロヘロ。当然エラーがでて飛ぶこともできず・・。
 で、泣く泣くサービスに発送し、帰ってきた見積りが↓。
 
お客様氏名 ケースナンバー
見積日 09-27-18
備考 有償修理 機体カバー損傷、ジンバルアーム破損の為、機体の交換修理となります。


Item Quantity Unit Price(JPY) Total Price(JPY)
Upper Decorative Cover (White) V5 1 260.00 260.00
Gimbal Axis Arm Module 1 4810.00 4810.00
Repair Service Fee 1 12960.00/H 12960.00
送料 1500.00
割引 -0
総額(税込み) 19530.00
消費税(8%) 1446.67
修理費用に関しましては「代金引換(現金のみ)」での対応となっております。
振込み先銀行:  代金引換え(佐川急便)
        注意事項:  代引き手数料に関しましては、別途でお支払いいただく必要があります。
よろしくお願い致します。
DJI JAPAN
アフターサービスセンター

★DJI JAPANからの「お知らせメール」です。
★本メールは送信専用アドレスから送信されておりますので、
    返信なさらないようにご注意下さい。
★お問い合わせにつきましては、下記メールアドレスにご連絡下さい。
    ご連絡先メールアドレス:support.jp@dji.com
受付時間:平日 9:30~18:00

ということで、それくらいならと修理依頼。これが25日。修理完了して届いたのが10月3日。

P_20181003_200928_vhdr_auto

機体のカバーにも傷がついていましたが、見当たりません。

P_20181003_200944_vhdr_auto
























で、同封されていた文書にもあるとおり、機体のシリアルナンバーが変更・・。
つまり、別の機体になっている。
2万円くらいで新品に交換はありえないでしょうから、どうやらリンク機を運用しているのか?つまり誰かが飛ばしていた中古機の修理品ということです。私の機体も修理され、別の誰かのところに行くのでしょう。カメラのアームくらいなら部品交換でも十分対応できるだろうと思っていましたが・・・。このあたり、本当のところはわかりません。

 ってことで、本日飛ばしてきましたが特に支障なし。普通にいけます。もちろん、アプリ上では新しい機体として認識されましたので、キャリブレーションやファームのアップデートなどが必要でした。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »