« 燻製器にサーモスタットを | トップページ | HYODのジャケ »

2018年3月 2日 (金曜日)

2Proレンズ→2Proレンズ

意味不明タイトル・・。

購入後1年以上使ってきたオリの300F4と12-40F2.8のプロレンズ。今回売却し、別のレンズを買うことにしました。

 理由ですが、300F4ははっきり言って期待外れと言うか、かなり????。使用目的は基本的に鳥。特に冬場の猛禽類。素のままでは全く歯が立たないので、1.4倍テレコンをつけて840F5.6で使ったわけですが、夕方の薄暗い中という悪条件ながら、空抜けでAF抜けまくり。チュウヒの場合、この焦点距離だとかなり小さく映るわけで、ちょっとでも対象がずれるとAFが迷います。像面位相差とコントラストを併用しているのかどうか、よくわかりませんが、C-AFの追従強めでもあまり変わらず。手持ちで撮るのがメリットと思ってこのレンズにしたわけですが、実際使えるのは北本などの狭いフィールド。手振れ補正で像がピタッと止まるのはいいけど、それ以外は期待外れ。AFの追従だけから言ったら、Borg67FLとK-3+1.7倍テレコンの方がまだマシ。F値は8近いのに。結構後悔。今シーズン、チュウヒの写真が少ないのはそのせい、ってことにしておこう(笑

さらに、ピントが来ているときの解像力もいまひとつ。この前のBorg67FL+ペンタの方が上。

 結局、71FLをマニュアルで運用することにしました。E-M1Mk2はマニュアルフォーカスやりやすい方なので。一瞬のチャンスへの対応、動き回る鳥には弱いですが致し方なし。

 もう一本の12-40には特に不満無しですが、今回買うレンズで十分カバー可能だし、もう少しテレ側広げたいということで。

P3010310

超広角と広角から中望遠の便利レンズをゲット。

超広角については、まあ何というか、難しいだろうけど一回使ってみようか、という感じ。なんせシグマのDP0でも広さは十分かと思いましたが、こっちは14ミリ。どんな感じでしょうか。

|
|

« 燻製器にサーモスタットを | トップページ | HYODのジャケ »

コメント

なんだか自分如きには分からないですが(笑)
気に入ったワンショットに巡り合えますよう
願ってます^^
カメラはホントに奥が深いですもんね。
自分的には深入りせずに野鳥との距離を
縮めつつ気に入ったワンチャンスを気長に
待つとします。


投稿: 辰ニイ | 2018年3月 4日 (日曜日) 17時18分

辰ニイさん、毎度ありがとうございます。
オリンパスの色はフジアタリと比べていまひとつ気に入っていないんですが、しばらくは使ってみようと思ってます。

投稿: Well-U | 2018年3月 6日 (火曜日) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/66443954

この記事へのトラックバック一覧です: 2Proレンズ→2Proレンズ:

« 燻製器にサーモスタットを | トップページ | HYODのジャケ »