« 2017年6月 | トップページ

2017年7月17日 (月曜日)

軽く朝練

日曜日、朝5時半出発で朝練してきました。

熊谷からR140→R254を経由してR462で神流町へ。
さらに上野村方面へ。

Img_20170716_080831927_hdr

途中、山の上にクレーンらしきものが・・。
どうやって上げたんでしょうね、気になります。
で、上野村の手前からR299へ入って志賀坂峠を越えていきます。
小鹿野町から秩父市へ、さらに定峰峠へ。
最高気温34℃とかいう話でしたが、神流町あたりは24℃くらい。秩父に下ってきたら30℃越え。まだ10時前でしたが結構きつくなりました。

Img_20170716_104633962

11時少し前に帰宅。
蒸し暑かったけど、本格的に暑くなる前でした。

Img_20170716_104950290

もうタイヤも終わりです。
7400キロ以上走ったので、結構なライフでした。
OEMタイヤはどう見てもツーリングタイヤでTCが結構発動していましたが、このPP3はそんなこともなく、軽い走りでなかなかいいタイヤでした。
このところタイヤ交換するほど長く乗ったバイクが無かったんだけど、K1200Sの時は15000キロ手前ですでに3セット終わってましたから、技術の進歩を実感しますね(笑
もう500キロくらいは走れると思いますが、夏に長距離を走るので、その前に交換ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年7月15日 (土曜日)

ホルスターバッグを自作(デザインパクリ)

バイク用に作ってみました。
パクりましたが、元になったのは「GAHO」というブランドのもの。HYOD東京に実物が置いてあり、一目みて気に入りましたが、やや小さい。これじゃあ満足にモノが入らないなあ、と思って作ってみる気になりました。実物を一部参考にできましたが、ほとんどは写真を見て現物合わせ。

P7154347

オリジナルにはカービング無し。皮はオリジナルより薄いものを使い、全体として軽めに作りました。

P7154349

 
ファスナーの長さ調節とか、合わせ目の縫い方など、新しい方法も勉強できました。

P7154351

カービングは久しぶりだったので、出来はイマイチ。
まだまだ修行が足りません。

P7154353

まあ、型紙もない状態で作ったので、こんなもんですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年7月 9日 (日曜日)

MINIMAXゲージを取り付け(予想外に苦労)

 先日ゲットしたMINIMAXのディーゼル用クラシックプレミアムをやっと取り付け。

割と詳しいマニュアルが付属していたので、自分でやることに。
 
P7094329
取り外しは簡単。トルクスT20のボルト二本と配線カプラーだけ。

 

大体、メーターを外せるクルマって希少。少なくともボルトだけで取り外せるって聞いたことなし。
で、バラします。

P7094330

で、早速ミス。
上の写真でスピードメーター右側の部分、燃料計の上下のカバーを外すわけですが、下側カバーの爪が折れました(笑
 爪は内側を向いてついているので結構破損しやすいでしょうね。右側の縦穴の内側に破片が見えます。
まあ、この辺りは全く問題ありません。

P7094337

この状態まで、普通なら30分程度で終わります。
自分の場合、タコメーターの指針取り外しでミス。指針の軸まで外れてしまいました。
中心の穴の奥に指針を取り付ける軸が見えます。スピードメーター側はありますが、タコには無し。
 マニュアルどおりにやったつもりですが、何故かタコメーターの方は軸まで外れてしまいました。
マニュアルに十分注意するように書かれているところをミス。一瞬頭は真っ白になりましたが、サポートに電話したところ、要はエンジンかけてズレを調整してよ、ということで、そりゃそうだと納得。

P7094339

で、とりあえず完成。
難易度が高いのは、やっぱりメーター指針の取り外し。
特にタコ側は、キャップの取り外し方法も分かりにくいですね。マニュアルはもちろん、youtubeの動画を見てもよくわからん。断面図を示しすべきでしょうね。
 で、このように組み立てる前に、車体に取り付けてタコメーターのゼロ位置を調整。実にアナログな「エンジンかけてアイドリングや停止した時の指針の位置があっているか」を地道に調整するも熱中症になりそうだったので、断念。アイドリング回転が実際は1000rpmくらいだけど、表示は1100rpmくらいに。これくらい勘弁して(笑

P7094341

ということで取り付け。

P7094340

パイロットランプがクールですねえ。いいわあ。
で、注意点です。
①燃料計上下のキャップ取り外しは慎重に。先の薄いマイナスドライバーなどで、内側から爪を外側に押す方法で。
②メーター指針取り外しがもっとも難しい、というかミスしやすいと感じた。慎重に。
タコメーターは、最悪の場合でもエンジンかけるだけで調整できるけど、スピードは走らないと何ともできないので結構大変だと思う。
交換作業の前に、アイドリング回転、ギアと回転数とスピードの関係を確認してメモっておくのが一番いいかも。
③電源外すので、トリップと日付・時刻はリセットされます。
 作業自体はプラモデルよりも簡単だけど、指針だけは注意。サポートもちゃんと教えてくれるのでバンバン電話が吉(笑  

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2017年6月 | トップページ