« 春の益子火の玉発動機 こんなところにも爆買い!? | トップページ | ついに名付け親辰ニイさんにお会いできました »

2017年5月 2日 (火曜日)

ブレーキ回りを掃除

噂には聞いていたけど、ホイールの汚れがかなりすごい。

100キロも走れば、ブレーキのダストとほこりで黒いホイールが灰色っぽくなってしまう。
5000キロ超えたし、一度キャリパーにブレーキクリーナーでもかけてみよう。

P5013783_3

まずはリア。
キャリパーにブレーキクリーナーを吹きかけると、下の新聞紙には真っ黒になった液体がたまる。けど、思ったほどひどくはない。多分ほとんどホイールに付着しているのか。

P5013784

ワイヤーブラシなどを使ってゴシゴシやらないときれいにはならないです。雨が降りそうになったので、そこまではできず。
このホイールハブを見たとき、何とも言えない違和感が。
いざホイールを組み付けるときにその原因がわかりました。

P5013786

フロントは通常のストラット。左側のホイールアーチのカバー部分に丸い部品が見えますが、ヘッドライトとフォグへのアクセス用のカバーのようですね。

P5013789

フロントのディスクは300ミリより少し大きいベンチレーティッドです。
さて、違和感の正体ですが、スタッドボルトが無い!
外車ってこんなもん?
ホイールとハブの穴位置を合わせ、ボルトでとめるなんて考えただけでもぞっとするけど、やらないと走れないし(笑
 
 一本やっただけでくじけそうになったけど、二本めをやるときに、ホイール中心部のへこみ部分がハブ中心部のでっぱりに引っかかることを発見。これがコツなのか・・。でもやっぱりやりづらい。慣れが必要。これじゃあ一般的なホイールは使えない。高くつくなあ。

|
|

« 春の益子火の玉発動機 こんなところにも爆買い!? | トップページ | ついに名付け親辰ニイさんにお会いできました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/65227209

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキ回りを掃除:

« 春の益子火の玉発動機 こんなところにも爆買い!? | トップページ | ついに名付け親辰ニイさんにお会いできました »