« motoG4Plusを購入 | トップページ | ミッションその2 »

2016年8月26日 (金曜日)

カワサキが「ライダーとともに成長するバイク」の開発に着手

だそうです(笑

01_sネットから画像拝借。

①ソフトバンク系列会社が開発したAIを活用し、ライダーの話す言葉から意思や感情を感じとり、言語を通じて意思疎通を図る。

  多分、ペッパー君がバイクに入っているようなもんでしょう(笑

 対話を重ねることでバイク側がライダーの個性を反映した独自のものに発展していき(中略)新しい楽しみ方が生まれる・・・。オーナーチェンジの時はどうするんでしょうね?

②インターネット上の膨大なデータやカワサキの知見をもとにライディングのアドバイスをしたり、AIの指示により、電子制御を通じてライダーに適したマシンセッティングを可能とする。

 その人の走り方の特徴や傾向に応じて、ライディングモードやABS制御、エンジン制御などを適切に調整する、要はお仕着せのライディングモードじゃない、ということでしょうね。

 まあ、バイクはさすがに自動運転というわけには行かないでしょうから、技術発展の方向性としてはおもしろいと思います。あくまで傍流として、でしょうけど。

 「今日は蕎麦が食べたいねえ」と言ったら、「ご主人のお気に入りのお店はここですね」とか言われて、ナビで案内してくれるとか。

 ご主人はABSを作動させるほどの強いブレーキングができないヘタレだから、車速とナビ上のカーブデータを計算して、私がツッコミでのブレーキ力を上乗せします・・・・くらいのことはすぐにできるだろうなあ。クルマならそれでステアリング切ってやれば曲がっていくけど、バイクの場合は、バンクできなくてそのまま谷底へ・・・ってありうるなあ(笑。

|
|

« motoG4Plusを購入 | トップページ | ミッションその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/64112526

この記事へのトラックバック一覧です: カワサキが「ライダーとともに成長するバイク」の開発に着手:

« motoG4Plusを購入 | トップページ | ミッションその2 »