« カーボンパーツを取り付ける・・・精度はイマイチ | トップページ | 本ブログに関するお詫び »

2016年8月16日 (火曜日)

ヘッドライトフェアリングはもっと精度低

SDRのヘッドライトフェアリングは、片側2カ所でねじ止めされてますね。

ネジはトルクス穴のM8ボルトですが、首下に厚さ1.5ミリ程度のワッシャーがついたようになっており、その先にネジが続いているような形です。
このワッシャーの部分がフェアリングのネジ穴部分にぴったりと入り、この部分の板厚とあっているため、ちゃんと締め付けられるという寸法。

Sdp0q0095

左右のフェアリングのネジ穴が開いている部分、厚みが全く違うのは一見して明らかかと。
「QC PASSED」のシールが実に虚しい(笑
 厚みの薄い上側はネジをいっぱいに絞めても、当然ながら回ってしまいます。
 あれこれ試して結局ワッシャをかまして何とかなりました。
返品しても良かったんだけど、やっぱり面倒だし。

Sdp0q0097

ということで無事に取り付け完了しました。
あとはリアフェアリングですかね。そのうちカーボン化したいと思います。

Sdp0q0100

|
|

« カーボンパーツを取り付ける・・・精度はイマイチ | トップページ | 本ブログに関するお詫び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/64069020

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドライトフェアリングはもっと精度低:

« カーボンパーツを取り付ける・・・精度はイマイチ | トップページ | 本ブログに関するお詫び »