« かなり優秀なRemusスリップオンとデキャタパイプ | トップページ | 二年越しの課題 毛無峠 »

2016年6月 3日 (金曜日)

QUIXXペイントスクラッチリムーバーを試す

Sdscf0297

塗装面の小傷補修剤って色々あるんだろうなあ。基本的にその手のものは全く使う気がなかったけど、今回ちょっと試してみようと。たまたま目に留まったQUIXXという製品。

ドイツ製なのか、TUVの評価もついてますね。

で、クルマのヘアライン傷で試したところ、ほぼ完ぺきに消すことができた。コンパウンドで付いた傷まできれいに。こりゃあ、なかなかのもんだということでヘルメットの傷にも挑戦。

Sdscf0295

一番左側のモンスターの爪痕の内側に横に走る傷。

コンクリに置いていたら風でゴロンとなって付いた傷。これを消すために買ったわけですが・・・・。

Sdscf0298

結果はイマイチ。まあ、多少目立たなくなった程度。

付属の水ペーパーも使いましたが、消しきれませんでしたね。ちょっと傷が深かったんでしょう。

でもまあ、ヘアラインであれば十分効果あり、ということはわかりましたよ。

ひょっとしてこのヘルメット、ラッピングなのか?だとすればうまく消えないのももっともな話。これくらいの細い傷だとフィルムが剥がれることもないだろうし・・・。いや、かなりゴシゴシやったのに大丈夫なのは、やはり塗装なのか? 確認するのはコワイのでスルーしよう(笑

|
|

« かなり優秀なRemusスリップオンとデキャタパイプ | トップページ | 二年越しの課題 毛無峠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/63701811

この記事へのトラックバック一覧です: QUIXXペイントスクラッチリムーバーを試す:

« かなり優秀なRemusスリップオンとデキャタパイプ | トップページ | 二年越しの課題 毛無峠 »