« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月26日 (日曜日)

案外高くなかったsd quattro

金曜日、シグマのミラーレス sd quattroの発売日と価格が発表になりましたね。

001_s

本体のみで実売8万と少し。
30ミリ F1.4DCのAラインとのセットが11万強。
既存マウントを採用したことも理由なのか、案外安いですね。
他社のミラーレスはフランジバックが短く、マウントアダプターを使って他社のレンズで遊ぶこともできますが、これは無理ですね。それを考えればまあ、妥当なセンかも。Hの価格がいくらになるかを見て考えますかね。

002_s

30ミリのアートラインは結構よくできたレンズのようで、スタートはこれでいいのかも。
しかし、どうせならdp quattoroの守備範囲以外、特に望遠側でこのセンサーを使ってみたいですね。
今週触れるイベントがあるようなので、行ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月19日 (日曜日)

オオセッカを撮れた

オオセッカというのは、スズメ目ウグイス科の絶滅危惧種。去年何となく居場所がわかり、撮るには撮ったが草に隠れていい絵にならず。

今年も基本的には難しいだろうと思いつつ再挑戦。
ジュクジュクと鳴きながら低空に飛び上がり、すぐに降りてくるのが行動パターン。
セッカは鳴きながら特徴的な飛び方で比較的長く飛び続けるけど、オオセッカは飛翔時間が短くなかなか難しい。
今回は何とか飛び立つ前の個体を見つけることができたため、うまく撮影することができた。

Simgp8020

うーん、小さい(笑
30枚くらいの中のベストショット。
せいぜい4,5秒しか飛ばない。
セッカはもっとウグイスっぽいし、鳴き声も違うのでオオセッカであることにはほぼ間違いないと思います、ハイ。

Simgp7968

この日はやけにキジの活性が高く(繁殖期かな?)、4羽も見かけた。

Simgp7975

縄張り争いらしい示威行動も見ることができた。
シャモのように蹴りあうことはなく、どちらが高く飛ぶかという争いらしい。
キジ鍋うまいんだよな(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年6月11日 (土曜日)

二年越しの課題 毛無峠

 東北や四国に行くとかいう話を別にすると、今のところ課題が3つある。

バイクでどこかに行って何かやるということですけどね。
 で、やっと時間が取れたので今日、課題の一つ、毛無峠に行ってきました。
朝5時40分頃出発。早朝でクルマも少なく順調に下道を走り抜け、途中1回休憩をはさんで9時20分頃現地着。
 そういえば、殺生河原の手前あたりで、何故か新型ロードスターにつっかけられた。交互通行の信号待ちで、それまで微妙に遅いZとR1の後ろについていたので、待ち列の先頭に出た。ロードスターの前に脇から入った形。まあ、悪いといえば悪い。で、青になってスタートしようとした時にロードスターが後ろからかぶせるように前に出た。下手したら接触の危険性もある行為である。ムカッ。ロードスターにありがちな白髪のオヤジ(笑  じゃあ、ということで後ろからあおる(笑
 1500のNAのパワーで上りで勝負になるわけありません。コーナー3つでプレッシャーに耐えかねたのか白旗あげて左ウィンカー。まあ、がんばったほうですよ。最初のコーナーだけは結構速かったけどね。つっかけるんだったらもう少し腕を磨いてきてちょ、ということでミラーの点になってもらいました。
 
Sdp0q0312
DP0の21ミリでも雰囲気は伝わらない。何とも言えない雰囲気を持った独特の場所である。

Sdscf0352

周りの山に比べて植生が違い、木が目立たない。

Sdscf0347

ミッションコンプリート。
で、ホンダのつなぎを来た地元の方に色々と教えてもらいました。
①下って行ったところに昔硫黄の鉱山があった
②今は建物もほとんどなくなっているが、当時は三千人くらい住んでいたらしい
③グライダーを飛ばしに来る人が多い

Sdscf0353

このリフトで硫黄を運んでいたらしいです。
ふーん、こりゃ今度はクロスカブで来て下まで下りてみよう・・・ということで、課題は減らなかった一日でした(笑
帰りは適当に軽井沢など通りながら、3時半帰宅。
400キロほどの旅。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年6月 3日 (金曜日)

QUIXXペイントスクラッチリムーバーを試す

Sdscf0297

塗装面の小傷補修剤って色々あるんだろうなあ。基本的にその手のものは全く使う気がなかったけど、今回ちょっと試してみようと。たまたま目に留まったQUIXXという製品。

ドイツ製なのか、TUVの評価もついてますね。

で、クルマのヘアライン傷で試したところ、ほぼ完ぺきに消すことができた。コンパウンドで付いた傷まできれいに。こりゃあ、なかなかのもんだということでヘルメットの傷にも挑戦。

Sdscf0295

一番左側のモンスターの爪痕の内側に横に走る傷。

コンクリに置いていたら風でゴロンとなって付いた傷。これを消すために買ったわけですが・・・・。

Sdscf0298

結果はイマイチ。まあ、多少目立たなくなった程度。

付属の水ペーパーも使いましたが、消しきれませんでしたね。ちょっと傷が深かったんでしょう。

でもまあ、ヘアラインであれば十分効果あり、ということはわかりましたよ。

ひょっとしてこのヘルメット、ラッピングなのか?だとすればうまく消えないのももっともな話。これくらいの細い傷だとフィルムが剥がれることもないだろうし・・・。いや、かなりゴシゴシやったのに大丈夫なのは、やはり塗装なのか? 確認するのはコワイのでスルーしよう(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »