« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月30日 (月曜日)

かなり優秀なRemusスリップオンとデキャタパイプ

12か月点検の際、一応排ガス測定をしてくれたらしい。

結果は、「ノーマルかと思うくらいの数値で、騒音以外は車検もパス」まあ、実際は排ガス試験の証明書が必要ですが。ちなみに数値はCO2 2% CH 30ppmとのこと。

Ss0020809


この小さいスリップオンの中に入っているキャタが優秀なんでしょうね。その前のパイプは直管ですから。

それと、リバルビング絶賛でした。とても乗りやすくなったと。

K1200S以来、久々に1万キロ超えたバイクだし、ちょっとこの1台に絞って手を入れていこうか、なんて思案中。今のところ欲しいと思うバイクも無いし。

 車重150キロで120PSくらいのバイクは無いだろうか?そりゃ、自分で作るしかないってことですね(笑。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2016年5月29日 (日曜日)

点検帰り

12か月点検終了。引き取りに行ってきました。

点検内容は
①各部増し締め  ステムベアリングが緩んでいたそうです。ブレーキかけるとカツカツっとレバーに手ごたえがあったんですが、これが原因のようです。リバルビング後に発生した現象だったので、その影響なのかな、とも思っていたんですけど、それも変だし・・・。低速だけ気になる程度なので放置していましたが、増し締めで解消しました。
②ブレーキキャリパーの清掃とフルード交換
③チェーン回りの調整と注油
④オイル滲みへの対処
⑤プラグの点検・清掃(プラグ交換は2万キロとのこと)
⑥エアフィルターの点検・清掃

Sdscf0293

新車と同様、チェーンには固形グリスが。これ、ついつい落としてしまいたくなるんだよな(笑

Sdscf0294

キャリパーもオーバーホール。パットは3分山。あと3000キロも走れば交換かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年5月28日 (土曜日)

ミニ・クラブマンクーパーD(クリーンディーゼル)に試乗

仕事の関係で、クルマに関しては選択肢が無い。

もう同じブランドばかり11台を乗り継いできたなあ。
そろそろ二台めで違うクルマに乗ってみてもいいかなあ、というわけでもないけど、最近BMWのミニが気になる。
ミニはもう60年近い歴史のあるブランドだけど、BMWが買収したのは2000年ごろ?それからいわゆるクラシックミニのイメージを継承しつつ、現代的な「BMW ミニ」を作ってきた。
現行モデルは既に3代目となり、ラインアップも増えている。
3ドア、5ドア、クラブマン、クロスオーバー、コンバーチブルなど。
ミニらしさが味わえるのは3ドアだろうと思うが、使い勝手が良さそうなのは5ドアやクラブマン、クロスオーバーだろう。クロスオーバーは来年あたりのフルモデルチェンジを待つ状況だと思うが、最近他のモデルにクリーンディーゼルが追加された。クラブマンはプラットフォームを1シリーズと共用していて、エンジンも基本的には同じものをチューニングしている。車格や装備、ブランドイメージなどの関係もあるのだろう、価格はBMWのほうが高いが、逆にコスパに関してはミニがかなりいいと思う。ガソリンエンジンに関してはスペックでほぼ想像がつくけど、ディーゼルは全く乗ったことが無く未知の分野でもあるので、いざ試乗!

Photo

自宅から一番近いディーラーで試乗。ここにはクーパーDしかありませんでした。スペックは、2リッターのツインパワーターボで150PS、トルクは330N。今乗ってる車は1.6の直噴ターボで170PS、トルクは250N。車重はほぼ同じ。ディーゼルは上まで回らない一方、パワーは低速から出るので、結構速いだろうと思っていたが、実際は想像以上に速かった。
エンジンをかけると、ディーゼル特有のカタカタ音がするが、思ったほどうるさくはないし、ドアを閉めてしまうとほとんど気にならない。
Dポジションに入れると、クリーピングが速い。回転数は低いのに、何というかシングルエンジンのような感覚でドーン、ドーンと進んでいく。で、アクセルを踏み込むと、非常に力強い加速をする。さらに踏み込むとグイーンと速度が乗る。その反応は非常にリニアで、思った以上に速い。
ロードノイズは若干うるさい程度で走っている分にはディーゼルのネガはほとんど感じられない。ハンドルにほんの少し固めの振動が出る程度か。これは自分のクルマと比べての話。
Dでこれだから、馬力で40、トルクで70N上乗せされたクーパーSDだとさらに気持ちよく走れるだろう。街中最強かも。

1

続いて、ガソリンのクラブマンクーパーSに試乗。こちらは192PS、280N。最大トルクはDより少ないが、発生回転数はDよりも低いというエンジン。ミッションは基本的に共通の8速ATなので、こちらの方が出足が良いのかと思ったが、低速からのピックアップはDの方が良かった。
その差は発進直後の加速に表れている。Sは踏み込むと若干のもたつきのあとにスピードが乗っていくが、Dにはそれがなく、ほとんどアクセル直結で加速して行く感じが実に気持ち良い。パワーバンドに乗った2ストバイクのようだ。
両車ともに足回りはミニらしくカチッとしていて、自分のクルマと同じような味付け。ちょっと減衰利きすぎな感じではあるが。それと、ATのできがすごくいい。自分の車に関しては、CVTのスベリ感を改めて認識せざるを得ない、というかトルコンの出来が悪いのか?
試乗コースは、バイパスの片側2車線の流れが速い道を往復8キロ程度だったので、コーナリングは無い。
SとDを比べると、Sの方がほんの少し静かで振動が少なく、長距離ドライブでは楽なのかもしれない。しかし、ストップアンドゴーを繰り返す街中で気持ちよく走れるのはD。100キロ少し超えるくらいまでの加速はDが速いだろう。それ以上は試せなかったので(笑  
 さて、まとめると、欲しくなりました(笑 オプションが高いので、あれこれで500マンと今のクルマよりかなり高いけど、外車だしスタイルとブランドイメージを買うと考えれば、この性能は安い。いや、冷静に考えればあと2、3年は我慢かな。
 それにしても、1.5トンを切る車重と330Nのトルクは素晴らしくキビキビとした走りを実現していて、もう自分の車に乗るのが嫌になるほど。他のブランドのディーゼルはどうなのだろう?しばらくは試乗三昧となるか(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年5月21日 (土曜日)

またまた川場へ

前回、道の駅川場のパンを買えなかったので、今日わざわざ出かけました。

7時半頃出発し、R122→R50→R122と走って渡良瀬川沿いを走り、県道62号へ。
本当に久しぶりに、赤城山を東から反時計回りに走って行くコース。以前はもっと道幅が狭くてテクニカルなコースという印象だったけど、それほどでもなく路面も総じて良い状態。
なかなか楽しいコース。途中、ドリフト族の痕跡がある場所も。なるほどね。
で、そのまま望郷ラインへ。遅い車がいなくなって猛然と加速し始めたS660と86をコーナー二つでパスし、ZZR1400には先に行かせてもらって、もう止まらない(笑
道の駅川場をパスしてそのまま西コースへ。先週keep氏と走ったので今日は二回目だ。

Sdscf0288

望郷ラインの折り返し点で。奥に伸びているのが望郷ライン。
ここで10時少し前。一回も休憩しなかったので、かなり早いペース。
このあと、道の駅まで戻ってパンを買い食事をし、休憩ののち出発。2時頃ショップにバイクを預けて今日はおしまい。
 10000キロ走ったので点検してもらうということで。

Sdscf0290

望郷ラインの支線?で。たまたま看板が目に入ったので走ってみました。
このあと西麓農道に戻りました。
このところ、コーナリング中の余裕が増してきて、走るのが楽しくなってきました。まあ、だからと言ってペースが上がったりというわけではないですが。
リバルビングの効果で、前後タイヤの接地感がしっかりとわかるのが効いてますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2016年5月15日 (日曜日)

kokenフレックスモバイルステー 調整編

土曜日、道の駅川場に行ったので、先日取り付けたフレックスモバイルステーを実際に使ってみた。

Sdscf0282

実際の視界はこんな感じでした。
スピード、タコとも問題なく見えますが、下の方のインジケーター類は隠れてしまう。ウィンカーのインジケーターも良く見えませんな。

Sdscf0286

ということで、左にオフセットしてみました。実際には試していませんが、これで問題ないと思います。
なお、取り付けボルトは付属のものより5ミリ長くしてあります。
SDRだとどうも少し短いようです。テーパーハンドルを想定していないのかも。
さて、実際に走っていると振動や風の抵抗などでナビホルダーのネジが緩んできます。写真に写っているひし形のパーツに皿ネジ(ヘックス)で取り付けてありますが、ボルト頭が裏側なので、締め付けるときになかなか面倒。ヘックス穴にレンチを入れるのが結構難しかったりする。ここは設計面で再考が必要かと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年5月 6日 (金曜日)

koken フレックスモバイルステーを導入

 年に何度かはナビを使うが、今まではRAMシステムでマウントしていた。ハンドルポストからアームを出してナビを取り付けていたが、どうも位置がうまく調整できない。モトコルセが出しているような、ハンドルポストを覆うように取り付けるステーの方が使い勝手がよさそう。だけどモトコルセは例によって何事もバカ高い。いっそステーを自作してもらおうか、などと考えていたところ、今月号のバイク雑誌にコーケンからリリースされたモバイルステーが紹介されており、なかなかよさそうなのでナップスで買ってみた。

Sdscf0273

アーム部分がカラーのものもあるようだけど、置いてなかった。

 

Sdscf0275

ボルト以外アルミの削りでできており、軽くてなかなか質感も高い。

二本のアームでハンドルポストに取り付ける。カラーが少し長いんじゃないかと思うが・・。

Sdscf0279

謳ってあるとおり、X-RIDEのナビがちゃんと取付できました。角度調整が面倒な個所があり、これは要改善ですが、1万しないのでまあ、責められません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »