« アマサギとツバメ | トップページ | 工房火の玉発動機 川村美術館で »

2015年8月22日 (土曜日)

Bimota Tesi 3D Nakedを見てきた

モトコルセの支店が東大宮にできたらしい。

たまたま近くに行く用事ができたので、少し足を伸ばして覗いてみた。
思ったより小さい店だったけど、予想どおりBimotaが1台置いてありました。

S0020893

Tesi 3D Nakedです。
ハブセンターステアリングを採用した数少ないモデル。
ドカの空冷エンジンを使用し、ハンドメイドで組み上げられる1台。
同じBimotaでもDB5とか6は300万程度ですが、これはその2倍近いお値段。何でそんなに高いのか、じっくり見てきました。

S0030894

ハブステア周り。ステア作動用のシャフトが付くパーツ、ブレンボキャリパーのサポートはアルミCNC加工。フェンダーはドライカーボン。ディスクはブレーキング製でした。

S0050896

カウルもドライカーボンにペイント。ハンドルはアコサット製。何だか変なのはウィンカー。右側が完全にカウルに隠れてます。
これ、ウィンカーステーの取り付けミスでした(笑

S0060897

集合後にトグロを巻くエビ管はステンレス。

S0080899

ほとんどのパーツがドライカーボンとCNC加工のアルミ製。ステップホルダー、タンデムステップステーの取り付け部・・・・。

S0090902

マフラーはチタン製らしいです。

S0100903

シートから後ろの部分はカーボン製でフレーム直付け。タンデムグリップまでCNC加工。やりすぎか(笑
テールランプはLEDじゃないようでした。
またがってみましたが、シート高81センチというスペックの割には足つき悪し。SDRとほぼ同じ。しかし軽いので全く問題なし。
ショックの沈み込みが少なく、特にフロントはほとんど動かなかった印象。基本的にテレスコピックとは全く違う動きというか、上方向から力がかかってもあまりストロークしないレイアウトですかね。
 予備知識無しで評価すると、量産品なら400万強というところかなと。ハブステア関連のパーツがいくら位するのか、見当もつかないのでアレですが。実際は540万くらいです。何とも言えないオーラがありますが、ちょっと高いかなあ。2枚のメインフレーム、あの巨大なパーツがCNC加工だと言うのはスゴイけど。
SDRの次に乗るならこれかな、と思ってますが追い金500はちょっときついなあ。ローンにしたくないから即金で、となると5年くらいかかりそう(笑 その頃には作ってない?残念!

|
|

« アマサギとツバメ | トップページ | 工房火の玉発動機 川村美術館で »

コメント

このバイク、私にとっては乗る価値はないなと思います。高過ぎます。福田さんがやっていた頃、ビモータのネイキッドに試乗して、こちらは価値があると思いました。ま、デザイン料ですけどね。テージは高過ぎでしょう、いくら何でも。高いけれど、何か特別にいいことがあるのかどうか、当時調べても納得できませんでした(笑)。

投稿: WRT | 2015年8月23日 (日曜日) 20時11分

WRT様、どうもです。
そうなんですよ、いくらなんでも高すぎです。
Bimotaは最近になって多くのモデルをリリースしているようですが、全部450万以上ですね。
アルミ鍛造削り出しとドライカーボンを多様していますが、これはそれぞれ型やデータが必要で、設備もそれなりに大掛かり、コストはかかると思います。
ただ、それがバイクとしての魅力にどれだけ効いているかというとやや疑問。乗ってみないとわかりません。Tesiは特に独特のステアリングシステムと懸架システムを持ってますから、試乗は必須でしょうね。
何台も置き場所が無いので、高いバイクを1台みたいなノリでした(笑

投稿: Well-U | 2015年8月23日 (日曜日) 20時34分

この価格の定義付けがイマイチわかりませんね。
販売台数が少ないから?
車なんてあんなに部品点数が多いのに
100万で売ってますのに・・・。
きっとどこかが盛ってます?

投稿: 辰ニイ | 2015年8月30日 (日曜日) 09時56分

辰ニイさん、どうもです。
アハハ、どこもかしこも盛っているんじゃないでしょうか?
「高いこと」が価値になる場合もあるんでしょうね。
ハブステアリングという、他には無い(実際はもう1つあるんですが800万くらいするらしいです)メカニズムと全てのパーツがワンオフと言って良いクオリティだから、目立ちたがりの金持ち用ですね。。
しかし、500諭吉以上はやっぱりやりすぎでしょうね。

投稿: Well-U | 2015年8月30日 (日曜日) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/62136454

この記事へのトラックバック一覧です: Bimota Tesi 3D Nakedを見てきた:

« アマサギとツバメ | トップページ | 工房火の玉発動機 川村美術館で »