« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木曜日)

工房 火の玉発動機 ’15春

 さて昨年11月の陶器市で初めてゲットしてからすっかりはまってしまった、工房火の玉発動機の陶人形。銀座三越の個展に続いて今回も行ってきました。

ここ数年は行列がすごいので整理券方式で順番決めしていますが、前日にこれを取りに来るのが当たりまえ。
 前回は夜中12時頃に現れた人が一番だったようなので、11時頃に行ってみたら既に9番目。何でも昼間3時頃に来た人がいたらしい。朝9時の時点では40番越えてました。

Imgp1580

昨年末の銀座三越での個展が成功し、勢いに乗っているようで、9時の販売開始時には20人くらいが行列していました。

Imgp1578

宇宙戦艦ヤマトをイメージした新作。波動砲らしきものがあります。

Imgp1562

貧乏神が復活。欲しかったんですが、家族の反対にあい断念(笑

Imgp1564

相変わらずの作風ですが、新しいものも取り込んでいるようです。

Imgp1565

火の玉モータースのバイクがいっぱい並んでますが、全部予約品。
狙っていたやつを目の前で持っていかれてしまって消沈しつつ、いくつか持ち帰ってきました。
戦利品はのちほど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2015年4月29日 (水曜日)

益子春の陶器市

今日から始まる益子の陶器市に行ってきました。

「工房火の玉発動機」と石岡信之さん狙い。
火の玉発動機は整理券が必要なので、前日11時前にテントへ。ところがすでに整理券は9番・・・・・。何でやねん。
 翌朝(今朝)7時前に到着し、石岡さんの店へ直行。

Imgp1556

7時5分頃でこの状態。すでに20人くらいが会計待ち。
残った少ない商品から数点を選んで会計を終えたのは8時半過ぎだった。この作家さんは春しか出さないらしく、この人気ぶりも仕方ないのかも。
続いて「工房火の玉発動機」へ。1時間半ほど並んで買い物し、あとは全体を軽く一周。

Imgp1583

9時過ぎにはかなりの人出。
10時頃にはもう歩行者天国状態で、その中をのろのろとクルマが進む。結構危険じゃないかなあ。
ということで昼過ぎには離脱しました。
火の玉発動機については改めて。

Imgp1586

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月27日 (月曜日)

K-3で鳥を

K-3でボーグを使う場合、AF化の手法は大きく二つ。ひとつは純正のAFアダプターを使う。これはペンタならでは。従来の1.7倍に加えて最近1.4倍も出たけど、1.4倍が使えるならクローズアップレンズは不要かな。

もうひとつはAFレンズの流用。いつの間にかシグマ70-300の全タマ抜きが手元にあるので、当面はこれを使うつもり。少しAFスピードが遅いのが気にかかるが・・。

Imgp1341

5,6メートルの至近距離にコゲラが来ました。

Imgp1372

同じような距離で以前E-P5で撮りましたが、それと比べるとこちらがマシかなあ。
コゲラの後頭部の赤い羽根、糸のような形なんですね。初めて知りました。

Imgp1443

ホオジロが元気に縄張り主張中。

Imgp1483

さらに近づいてきました。
K-3はシャッター音が静かでミラーショックがびっくりするくらい小さいので、鳥に対する刺激も少ないようです。
Imgp1503
渡良瀬遊水地にも回ってみました。ハシビロガモがまだいました。
予想以上に暑くなり、花粉症がぶり返してきたので早めに切り上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月26日 (日曜日)

FA31 1.8 試写

FA31を試写してきました。

恵比寿界隈をぶらぶらしながらです。

Imgp1286

目黒川沿い。多分桜の木。幹の質感が良く出てます。

Imgp1282

ボケも素直でいいですねえ。

Imgp1277

Imgp1296

F2.8でこれだけボケるんですね。

Imgp1302

収差も素人目にはわかりません。パリッと解像してます。
「空気まで写る」と言われているレンズですが、まだそこまでの使いこなしはできず。
ただ、シャープでかなりきれいにボケることはわかりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年4月25日 (土曜日)

ペンタックス FA 31mm/1.8 Limited

この1年はコンデジでのスナップ撮影とBorgでの超望遠撮影ばかりだった。その前はフジのX-E1と18-55の標準ズームでの撮影を楽しんでいた。X-E1はシャッターの操作感がどうしてもなじめずに手放してしまったが、絵としては今まででもっとも気に入っていた。X-E2をずっと狙っていたんだけど、ペンタックスも気になっていて、鳥用と兼ねて買ってしまったので、このペンタでスナップもやりたい、そのためには18-60くらいのズームが欲しいなあ、と物色していたんだけど、その過程でペンタユーザーの間では「神レンズ」と言われるLimited3兄弟?の存在を知った。

それは31ミリF1.8 43ミリF1.9 77ミリF1.8。それぞれがアルミ削りだしの筐体を持ち、シルバーとブラックの2パターン。描写は折り紙つきどころか「空気まで写る」という、わけわからんけど多分すごい高評価な言葉が送られるほど。
 折角ペンタを買ったので、ちょっと奮発して31ミリを買ってしまいました。

P4240011

すごい手ブレ写真(笑
キャップがかなりきつく、装着はともかく外すのが大変。今時フードが一体設計だと思ったら、発売は2007年。結構古い。

P4240012

何故か七宝焼きの部品が使われてるらしい。

S0010777

31ミリにしては大柄?
評価するスキルはありませんが、バシバシ撮ってみようと思います。
これ買う資金でSDRのタンクフェアリングやライトフェアリング、エンジンガード等色々買えたなあ、と言う話は考えないことに(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月23日 (木曜日)

いつの間にかK-3が

手元にあります(笑

以前から使ってみたかったんですペンタックス。

S0030763

間もなくフルサイズが出るような話ですが、今のところはフラッグシップのK-3。所謂一眼レフはD7100以来。D7100は値段の割にイマイチのできで、自分には合わなかった。まあ、腕の悪さをカバーしてくれなかったという意味ですが(笑

だからこの次一眼レフを買うんだったらペンタと決めていました。K-3はかなり評価が高く、値段も安い。使ってみてどうかということですが、お買い得感あります。

ボディキャップがやけにチープです・・・。

S0040765

レンズは、鳥用にはシグマ70-300の全玉抜きで対応予定。標準レンズは18-135が手元にあるんですが、何故か「銘玉」が欲しくなり・・・・。

で、まだ満足に写してもいないのに(先日のホームコース様子見の写真はK-3と18-135でした)、K-3Ⅱの発売アナウンスが(笑

 まあ、センサーは同じで連写も変わらないので、超解像なんて使う見込みがない(HDRも結局ほとんどやってない)し、手振れ補正の強化以外に魅力は無いので全く動揺せず(ほんとか)。 いや、次のファームアップで何とかならんか(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年4月19日 (日曜日)

ホームコース様子見

本格的なシーズンに入ったので、ホームコースの様子見をしてきました。

目的地は塩ノ沢峠の途中にあるうどん屋さん。11時半開店らしいので、8時に出発。
この時点で薄曇。何となく悪い予感があったけど、まあいいかとHYODを着て出発。すぐに雨具を忘れたことに気づいたけどスルー(笑
 R254から小川町で県11号、県294とつないで長瀞方面へ。

Imgp1249

このあたりの山は比較的標高が低く、里山という感じですが、杉などの植林はほとんどなく、この時期は新緑がいい感じです。青空があればもっと良かったんですがね。

Imgp1252

R140の途中。

Imgp1253

長瀞から神川へ抜ける県13の途中。昨年690Duke、同じ場所で満開の桜を撮りました。4月12日でした。
今年はもう葉桜ですね。
このあと神川町からR462→R299と走るが、途中から雨がパラパラ。
買ったばかりのHYODが・・・・。でもここまで来たんだからうどん屋までは、と続行。途中行ったり来たりで遊びすぎたのと、距離感が間違っていたため、うどん屋には11時50分頃到着。ところが駐車場は満杯、雨がぱらつく中待たされるのもいやなので、トンネルを抜けて下仁田に行くことに。下仁田側の道は路面状況も良くガンガン走れる。雨も降ってない。結局オアシスなんもくで食事。雨雲レーダーを見ると、高速方面は雨っぽい。仕方なくまた折り返すことに。

Imgp1257

帰りにもう一度うどん屋さんに。12時半ごろですが既に本日終了。
写真だとわかりませんが、結構雨降ってます。

Imgp1259

上野村あたりは桜が満開でした。
 R462は途中工事中でダートの箇所があったため、R299で志賀坂峠越えすることに。雨は小ぶりだけど路面はすっかりウェット。途中砂が浮いていたりする場所もなく、ドライなら楽しめそうだった・・・。
 長瀞あたりまで帰ってくると路面はほぼドライだが雨はポツポツ。結局ずっとこんな感じで帰宅。軽く洗車して終了。雨の中走ると後が大変だあ。革ジャケも手入れしないと・・。うどん屋はクロスカブでリベンジします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2015年4月18日 (土曜日)

ららぽーと富士見に行って来た

先週オープンしたショッピングモール、ららぽーと富士見に行ってきました。

9時少し前に現地着しましたが、早くも平置きの駐車場はほぼ満杯、建物外側の通路を上がって屋上に。さすがに屋上はガラガラ。3Fに降りて10時を待ちます。

S0050755

開店直後の様子。まだ人は少ないですが、一階のポップコーンの店には行列ができていました。開店後1時間もすると人が増え、エアコンが入りました。すごい熱気でした。
2時過ぎまでいましたが、あまり見かけない店もあり、イオン系のモールとは少し志向が違う感じ。
全体的に、若い世代向きの衣料品中心、セレクトショップ中心の店揃え。
まあ、わざわざ来なくてもレイクタウンでいいかな、という感じでした。
AVIREXの専門店を見つけたのは収穫でしたが、そうそう何度も来ることは無いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月14日 (火曜日)

ソロモンの偽証 後篇・裁判を見た(ネタバレ注意!!!!)

 内容をかなりばらしてますので、これから見ようという人は読まない方が良いと思います。

自分は原作を読んでいるので、映画において細かい設定違いが何故必要だったのか、それを考えていました。

 優等生の藤野涼子が、大出達不良グループに苛烈ないじめを受けている三宅樹里と浅井松子を見殺しにして柏木に責められるシーン、そこから自己嫌悪に陥って鉄道自殺をイメージするシーン、そもそも桜の時期に母校に教師として赴任してくる冒頭シーン。多くの「原作と違う」設定やエピソードがこの映画にはありました。前篇に多くの設定違いが織り込まれていたため、後篇ではどう展開していくのか興味がありましたが、結論は「なるほど、藤野涼子と神原和彦の精神的な再生のための裁判だったんだ」ということでした。

 そもそも原作は、柏木卓也の死は自殺以外に考えられないという状況の中、自分たちで真実を突き止めるために裁判を行う、という、ある意味無理な設定というか、ミステリーファンだったら最初から興味を失うような小説でした。それでも最後まで読まされたのは、原作者が登場人物を本当に慈しみながら動かしている、そんな印象を随所から受けたからです。最近読んだ本の中でもキングの「Under The Dome」と並んで強く印象に残ったこの「ソロモンの偽証」ですが、突っ込みどころはありつつも筆力で最後まで引っ張られるというところがすばらしいです。

 さて、映画の方ですが、前篇のテンポの速い展開から一転してクライマックスの無い平坦な印象でした。もう少し演出の仕方があったのでは、とも思いますが、「本当は自分を裁いてほしいが、大出を糾弾することも必要」な神原和彦と、「いじめを見て見ぬふりをしたことを謝りたい。自分の心を血だらけにした柏木卓也が、自分に死体を発見させた柏木卓也がなぜ死んだのかを知りたい」藤野涼子のための裁判だったことに気が付くと、何となく映画の意図が見えてきた感じがして、納得してしまいました。

 この作品が映画化された、と知った時、「いやそりゃ無理だろ」と感じたわけですが、原作そのままなぞらなかったことが、結果的には良かったのかな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月13日 (月曜日)

HYOD TOKYOへ行ってきた

HYOD TOKYOからチラシが来たので、現場を見に行ってきました。

丁度Neo-Minervaのチェックにもなるしと言うことで。
朝8時半過ぎに出発。11時開始だけど前回は10時に始めたらしいし、うまくいけば10時頃着くはず。

S0020739

ホントに10時少し前に到着してしまったけど、既に2台。

S0010738

内装はほぼ出来上がっていて、商品の陳列中のようでした。
以前は独立系の外車販売店。

S0030742

ステッカーその他もらってきました。
ショップは29日スタートで、5月10日までオープニングセールとのこと。
5000円以上買えばもらえる白アルマイトのハンガーが欲しいけど、たぶん初日にはなくなるだろうなあ。29日は益子の陶器市に行かないとイカン。残念。
さて、新しい革ジャケですが、やはり革はいいなあ、と実感。ばたつかず、風の流れが感じられるというか、疾走感が気分を盛り上げてくれます。日曜は気温が高かったからか、冬用アンダーとシャツ、Hyodのインナーと重ねると少し暑いくらいの感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月12日 (日曜日)

久しぶりにHYODを買いました

革ジャケはREV’ITとカドヤがあるんだけど、春夏向けにHYODが欲しくなり、ポチってしまいました。

S0020727

今年の春夏モデルですが、3月末にネットで予約。4月中旬入荷予定とか言ってましたが、8日には届きました。本当は今月末に開店するHYOD TOKYOで買いたかったんだけど、昔から売れ筋は早めに無くなってしまうというアタマがありまして。

K1200Sに乗り始めた2004年に、確かブランドが立ち上がったHYOD。当時はツナギ中心から少しずつジャケットやパンツも作り始めた時期。タイトフィットが心地よくて、一時は一年中上から下までHYODでした。ブーツは無かったですけどね。

 当時日本で高いブランド力を持っていたのは、クシタニやイエローコーンあたり。20代の頃はクシタニのツナギを着ていましたが、今はどこに行ってしまったか行方不明(笑

 この10年でHYODは押しも押されもせぬトップブランドに成長したようで、ヤフオクあたりでも高い人気を維持していますね。事実、デザインはクシタニあたりと比べると適度な派手さと洗練された高いセンスが感じられますし、素材もそんなに悪くない。唯一中国製なのが若干ひっかかりますが、仕上げ自体それほど悪くもないので、まあいいかと言う感じです。クシタニのように日本の職人が作ると10万じゃ収まらないでしょう。

S0030729

革自体はやや薄めですね。夏モデルだから?

昔のものに比べて、同じサイズでもやや胸周りを大きく作ってあるような感じがします。

胸部プロテクターに対応したんでしょうかね?

S0060735

今治のタオルがおまけで付いてきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2015年4月 4日 (土曜日)

碁石茶ゲット

この前の月曜日だったか、医者がたくさん出演するTV番組でとても高評価だった「碁石茶」。

高知の山奥で細々と伝えられていた発酵茶らしい。
番組中に楽天で買おうとしたけど既に売り切れ続出、やっと3店舗目で注文受付。TVってすごい。
で、その店から3日後にメールが来て、「仕入れできません」だと(笑
あきらめていたんだけど、今日たまたまヨーカドー系モールで発見し、最後の一袋を買いました。

S0010721

20グラムで1300円弱。A5ランクの牛肉より高いよ。

S0030724

葉っぱがミルフィーユみたいに重なってます。臭いは、何となく酢昆布っぽいです。
煮出して飲みましたが、酸っぱくて甘い。何となく体に良さそうです。これで2リットルくらい出せるので、20日以上飲める感じです。
こういうものは長期間のみ続ける必要があるんでしょうが、この次手に入るのかなあ(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »