« ソロモンの偽証(前篇・事件)を見た | トップページ | 久々のズルッ »

2015年3月10日 (火曜日)

車を買い替えました

1年乗ってきたXV Hybrid(昨年の3月9日が納車日でした)。総じていい車だと思いますが、世間一般のハイブリッド車のイメージとは異なる方向性なので(簡単に言うとそれほど燃費がいいわけではない)、今となっては微妙な立ち位置にいるかな?

 さて、車に対する不満とは別に色々あって、今回買い替えました。選択肢はほとんどないし、レガシィはガレージいっぱいになってしまうので自動的にLevorgに。300PSは不要なので1.6。ビル足の固さは、試乗してみてそれほど気にならなかったのでGT-Sに決定。アイサイトは外せません。

Dsc_0622

この週末走行9キロの新車を200キロほど乗ってみました。基本的には近所の用足し中心で、10キロ~50キロ程度を何回か。まだ慣らし中で回転は2500まで、特に足回りは数千キロ乗らないとアタリが出ないと言われるビルシュタインなのでその前提ですが、印象をメモしておきます。なお、車体の製造は2月ですから、昨年6月の発売以降のECUリプロやリコールは全て反映してある状態、とのことでした。

①エンジンは低速、1200回転あたりからかなりトルクが出ていてアクセル開度10パーセント、過給圧0でもそれなりに加速していきます。スバルのターボは5台目だけど、今までとは大きく異なる感じ。まあ、過給圧とかアクセル開度は以前は情報が無かったので正確に比較はできないけど、BRの2.5ターボとほとんど変わらない印象で驚いた。かなり圧縮比が高く、従って緻密な制御を行っているんだろう。

②ハンドリングにも驚いた。センター付近の遊びは大き目だけど、入力応答性が高く、フロントヘビーな感じがあまりない。走行中、ハンドルに雑味がほとんど感じられない。細かい振れとかビビリ感が無く、ギャップは車体全体で感じるものの、ハンドルに嫌な振動などが来ない。XVの、1万キロ走行したタイヤから乗り換えたので、タイヤの違いもあるだろうが、この感覚は新鮮で感動した。足回りの剛性が非常に高いのだろう。ほかにも要因はあると思われるが。

③ビルシュタインは、昔のガチガチのセッティングが嘘と思われるほど、普通より少し固め程度。ダンピングもそれほど締め上げておらず、それなりにロールするが、まだまだ余裕を感じさせる接地感。この感覚は、K1200Sのデュオレバーにすごく似ている。

④XVでも気になっていたけど、アクセルをパッと離したときに車体の前後揺れを感じる。縦置きレイアウトだとこの現象は必然なんだろうけど、ちょっと大きい。

⑤アクセル開度と加速が比例しない、つまりもたつく感じが低速で発生する。この車のエンジン制御は相当に複雑だろうから、あらゆる条件をカバーして満足な結果を出すことは困難か。ユーザー側で対処するしかないかも。

⑥車には車内の小物入れ等のスペースが結構重要。USB端子は便利だが、収納スペースはやや少な目。

⑦デザインに関しては、試作車を工場で見たときには「イマイチ」ということでXVに行ったんだけど、販売されたものはかなり違ってました。特にフロント周り。これはこれでありかなと。 

Dsc_0624

こんなところです。期待して買った割には大したことなかったXVですが、Levorgは予想を裏切って好印象です。今度こそ5年乗るか?(笑

|
|

« ソロモンの偽証(前篇・事件)を見た | トップページ | 久々のズルッ »

コメント

ほぉ~・・・、先日渡良瀬遊水地で拝見した車をもう買換えされたのですか?いろいろ理由がありそうではありますが、とりあえず贅沢な買い替えということで羨ましいですね。
スキー好きな方はよくスバルに乗っていると聞きます。そして「スバリスト」と呼ぶらしいのですが、この言葉を昨年生まれて初めて耳にして「スバラー」じゃないんだ、なんて思いました(笑)。
まずは新車おめでとうございます。

投稿: WRT | 2015年3月10日 (火曜日) 22時09分

WRT様、どうもありがとうございます。
そうなんです、昔からある言葉なので「スバラー」じゃないんです。
昔は「オタク」の車だったんですけどね、最近はかなり一般的になりました。

投稿: Well-U | 2015年3月11日 (水曜日) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/61253698

この記事へのトラックバック一覧です: 車を買い替えました:

« ソロモンの偽証(前篇・事件)を見た | トップページ | 久々のズルッ »