« 昨夜の月 | トップページ | HYODのミドルレイヤー »

2014年11月 6日 (木曜日)

エアクリ加工その後

Dscf0244

 

こんな感じで片方だけ穴あけしました。エアクリーナーエレメントはそのままなので、穴あけただけで特に支障は無いと思いますが、一応下向きにダクトをつけたり。
クロスカブはFIですが、ある程度のセッティング変更に対応する学習機能が備わっているようで、50キロ程度走れば補正がかかるらしいです。
何でも吸気系、排気系ともにチューニングをやり過ぎるとダメダメになるらしい。ダメダメって何?学習機能の範囲を超えたとして、上限まで補正しくれていればそれほどひどくならないような気もするけど。まあ、仮にそうなっても穴ふさげばいいだけなので、もうひとつ開けておこうかとも。間もなくマフラー交換する予定なので、それでしばらく走ってから考えます。エアエレメントを紙じゃなくてスカスカのスポンジに替えるのもありかな。
 とまあ、安く楽しめるクロスカブですが、このボックスを取り付けて50キロくらい走ってから、プラシーボの範囲を超える効果を実感できました。3速で40キロから50キロへ加速、4速へ上げて60キロへ加速、という使い方で、明らかにトルク感が上昇し、速くなりました。ほほう、なかなか。
マフラー交換でどうなるか、楽しみです。
あと、ダクトですが、この位置だとレッグシールドに少し当たります。特に影響は無いと思いますが、もう少し前にずらしたほうが良かったですね。

|
|

« 昨夜の月 | トップページ | HYODのミドルレイヤー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/60593886

この記事へのトラックバック一覧です: エアクリ加工その後:

« 昨夜の月 | トップページ | HYODのミドルレイヤー »