« ミラノショー | トップページ | 翼状片その後 »

2014年11月 9日 (日曜日)

冬支度その1

冬支度と言えば、やっぱり電熱ウェアですな。

Dscf0062

SDRにはソケットがないのでヘラーを調達。

Dscf0253

アルミでステーを作ってもらい、写真の黒いボックスを止めているネジにナットでトモ締め。何とか固定できたけどボルトの首下が短い。もう1センチくらいほしいなあと思い、外してみたら。

Dscf0255

こんな特殊ボルト。
M6のボルト+20ミリのワッシャー+11ミリ径長さ9ミリのスペーサーを組み合わせれば代用できそうだけど、ナットが落ちたら考えよう(笑
マイナス端子、プラス端子の順番にバッテリーからはずし、その逆に取り付けたので手順に間違いは無いはずだけど、ソケットのヒューズが飛んだ(笑 切れるとか生易しいものではなく、ガラス管の中には銅線がまったく見えない完膚なきまでの飛び方でした。最初から飛んでたのか?ちゃんと確認しましょう。
冬支度はもう一つあるけど、まだ本格的に寒くなってからでいいや、来週の千葉ツーの準備完了!とチェーンをチェックしていると・・・・・

Dscf0257

パンクしとるがな!
今朝、ガソリン入れるために2,3キロ走ったけどその時か・・・。穿り出そうとしたけど、それなりの道具がないと無理。パンクなんてクルマも含めて15年ぶりくらいだわ。でもこれくらいのものが刺さったくらいで抜けるのか?他にも?

|
|

« ミラノショー | トップページ | 翼状片その後 »

コメント

ヘラーソケット増設ですか。確かにKTMはそういう装備がないですね。私は,普通のシガーソケットメス(バッテリー充電用)と電熱ウェアクラン専用の連結プラグを付けています。そういう装備は必須ですね。BMWは完璧に装備されていますので,見習って欲しいです。
パンクは,写真程度だと徐々に圧が下がっていくのかも。今年は,ボンネビルとポールと都合2回パンクを経験しました。走れば生じる必然の問題です。頻度は過去5年ほどを平均すると,私の場合,4万キロに1回程度です。今年は多かったですが。

投稿: WRT | 2014年11月 9日 (日曜日) 22時45分

WRT様、毎度です。
ハイパーストラーダはシート下に二個、ヘラーがついていました。何も追加せずにKLANが使えました。4万キロに1回程度というのは、確かにそうかもしれません。私はBuellのM1以降トータルして今まで5万キロ弱しか走ってませんけど。この写真の状態で空気圧は0.6キロ程度でした。

投稿: Well-U | 2014年11月10日 (月曜日) 08時34分

自分も冬場の充電と電熱ベストがあるからそろそろ付けないとな(・_・;

投稿: とりうみ | 2014年11月11日 (火曜日) 13時06分

とりうみさん、毎度です。
マネしてeBayで例のブツをゲットしました。円安が進んで送料込19000円強。うまみが薄い(笑

投稿: Well-U | 2014年11月11日 (火曜日) 15時49分

高速で走る乗り物だけにパンクはつらいですね!
自分はパイロットレース履いてた時に爪楊枝を
刺されたことが有りました。
あんなのは意識して刺さないと入りませんから。
おかげでえらい目にあいました(笑)
家にノギスを持ってる方って少数派ですよね^^

投稿: 辰ニイ | 2014年11月11日 (火曜日) 19時05分

辰ニイさん、毎度です。
ノギス、そんな珍しいですか?
ラジコンヘリ組み立てるのに必需品です。
最近全然作ってませんけど(笑

投稿: Well-U | 2014年11月12日 (水曜日) 21時36分

ノギス追伸:

そういえば、最近はノギスの用途や測り方
そしてデジタル化の影響でアナログのノギスの
測り方を知らない技術者がたくさん居ます。
どうなんでしょうね?
こんなことで良いのか日本!!!

投稿: 辰ニイ | 2014年11月13日 (木曜日) 15時49分

辰ニイさん、お怒りですね(笑
技術やノウハウの伝承って難しいですね。
技術者だけではなく、事務方にも同じことが言えますよ。仕事の全体像を把握している人がいない、データの相関がわからないとか。結局、伝えないうちに伝えるべき人が退職するからのようです。それも含めて仕事なんでしょうけどね。

投稿: Well-U | 2014年11月14日 (金曜日) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/60625681

この記事へのトラックバック一覧です: 冬支度その1:

« ミラノショー | トップページ | 翼状片その後 »