« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金曜日)

オレンジトレリスフレームのPCケース

 自宅で使う自作PCのケースはずっとアルミ製を使ってきた。

星野金属のWindyブランドのJAZZから始まり、今のは青い「ATHENA」。

星野金属はすでに倒産したようで、特に欲しいケースもなかったので、もう5年くらい使ってるかな?

そんな中、かなりそそるケースを発見。「D Frame Mini」。

Mdframeminiora1_sKTM乗りは全員これ使えよ!って感じです。アルミパイプ製ですが、ちょっと高くて重いのが難点。

電源込みで6キロ弱。4万強。

Mdframeminiora2_s

ミニITX規格ではあるものの、外寸はATXケースと変わらない。電源もATX対応。

Win10?が出たらこのケースで1台組むかな。SSD3個あるし・・。

ちなみにドカ乗り用の赤、その他乗り用の黒もあり(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年10月29日 (水曜日)

激安GPSロガー

これまではGarminのものを3個くらい使ってきたが、結局あまり使わず・・。

今回は、3000円を切る激安を買ってみました。

Dscf0209

あきばお~で2800円ほど。
今まで使ってきた経験上、
①画面は不要 小さくて役に立たない
②もちろんナビ機能も不要 
③小さくてポケットに入るものが良い
あくまで自分の使い方の場合ですけど。
ちゃんと使えるのか不安だったけど、結果的にはかなり正確でびっくり。使うまではちょっと手間取ったけど。
その理由は、付属CDのバンドルソフト「Canway」が何故か使えなかったから。秋月電子のサイトのおかげで、「Phototrackr」というソフトを使って何とかファイルの吸出し成功。
「奥武蔵グリーンラインの旅」の軌跡はこれ。拡大してみると、地図上の道路とのズレはあるものの、R254のような広い道だと、行きと帰りでちゃんと二本の軌跡が取れている。
 これで十分です。

Koudo

カシミールに読み込めば高度も表示可能。
最高度の虚空蔵峠ってどこ?刈場坂峠のことかな?
(追記)虚空蔵峠は、刈場坂峠から正丸トンネルに向けて下って行った先にあるようです。そこは走ってないんですけどね。
カシミールの間違いでしょう(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月26日 (日曜日)

奥武蔵グリーンラインの旅 その2

刈場坂峠から飯盛峠を経由して吾野方面に下りようかと思っていたけど、途中「山猫軒」という看板を見つけ、近そうなのでそちらに分岐。

Dscf0224

途中の絶景ポイント。スズメバチがいたので早々に退散。

Dscf0225

山猫軒に到着。腹減ってなかったのでスルー(笑
引き続きクネクネ道を走って越生に下山。そのまま帰りました。

1025log2

初めての道ばかりでしたが、まだまだ未踏のルートが残ってますね。加えてR299の反対側名栗方面・・・。クロスカブで走ると楽しそうな道は多そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月25日 (土曜日)

奥武蔵グリーンラインの旅 その1

クロスカブで少し走ってきました。

予てより走ってみたかった奥武蔵グリーンラインの、白石峠から南側あたりを目標に、途中ダートも混ぜて・・みたいな。

20141025log1

ざっとこんなルート。
東松山ICを過ぎて都幾川に向かいます。

Dscf0210

ここからわき道へ。
さらにわき道へ、わき道へ。

Dscf0212

奥に見えているダートへ突入!
ほんの30メートルも走ると急坂、ガレ場、わだち。うわーっと写真を撮る余裕も無く両足バタバタで何とかクリア(笑
そこから先は舗装路。ダート短すぎ・・・。
あとはとにかく適当に走る。

Dscf0215

道のあちこちに苔が・・。苔に乗ってコケては親父ギャグにもなりません。この道の先にはお寺があり、そこで行き止まりだったのでとりあえず白石峠を目指す。
どうやら事前に検討した道とは違ったらしい(笑
ヒルクライムのチャリを何台か追い越しつつ白石峠を目指すけど、途中ダートがあったのでそちらへ。そこもほんの30メートルで終わり、舗装路を抜けると高篠峠の下へ。

Dscf0219

フロントの方向が高篠峠方面だけど、反対方向へ下って行きました。

Dscf0223

適当に走っていくと刈場坂峠へ着きました。このまま正丸トンネル方面へ下りても面白くないので顔降峠方面へ。
落ち葉やコケ、砂の浮いた路面、きついコーナーを橋ってきましたが、意外と走るなあ、という印象です。上りはどうしてもスピードを乗せられませんが、大型バイクに比べて楽というか、路面が悪くてもプレッシャーが少なく、結果的にほとんど変わらないペースで走れますね。もう少しブレーキが利けば下りは普通に走れると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月22日 (水曜日)

知覧に行ってきた

先日、九州を旅行。予てよりぜひとも訪問したかった「知覧特攻記念館」に立ち寄ることができました。

Dscf0110

この施設に関してはこちらを。

 

事前に展示物の内容も含めて書物で読んでいたので、新たな感動や発見は無かったですが、「昔の日本人はやはりすごい」という、極めて単純な感想をいだきましたね。

 出撃に際して残した多くの手紙や詩歌を読むと、掛け値なしに感動します。すすり泣く人も多かったです。今の多くの日本人、とりわけ若い世代の人たちには想像もできないシチュエーションにおいて、これだけの文章を残せるというのは瞠目に値します。もちろん、それが戦時の臣民教育や儒教的価値観、そして何より当時大変なエリートであったであろう彼らの知的レベルはあったとしても、です。

 20歳少しすぎたばかりの若さで、父母や同胞を、そして郷土を守るためと信じて死んでいくことの苛烈さは想像できません。戦地に赴くという意味では特攻隊でなくとも同様でしょうが、やはり自ら体当たりしていく覚悟たるや・・・。

 特攻によっておおよそ4000人程度の若い日本人が亡くなったそうです。それだけの前途有為な人材を徒に死に追いやったことは、爾後の日本の発展のためにも大きな損失であったことは間違いありません。

 人間は利益のために互いを殺しあう唯一の動物であり、人間の歴史は戦争の歴史でもあるわけですが、やはり戦争はやってはいかん、と再認識しました。

 ちなみに、「行って良かった博物館」ランキングの2011年の第一位だったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月20日 (月曜日)

第二便が入ってほぼ完売?

SDRですが、先月中旬に第二便が入荷したようです。

BMW時代、何度か一緒に走ったことのある方は6か月待たされてやっと納車になったよう。良かったですね(笑

KTM埼玉は2台?もう完売。

Dsc_0576

ところで、加須の自分がお世話になったショップはまだ在庫(11日現在)。

まだあると思います、多分。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年10月11日 (土曜日)

初道ツー

今日はSDRで走ってきました。

たまには北を目指そう、ということで、栃木方面に行くことに。
何度か走った粕尾峠から古峰ヶ原に降り、さらに清滝に抜けて足尾経由であとは適当に帰ると言う感じ。走ったことの無い舗装林道を行くツーです。
7時半出発。アンダージャケット+メッシュジャケットだと少し寒い。外気温17℃。
自分にとってはほとんど生活道路であるR125からR122で館林、そこから県道7を北上してR293へ。このあたりは石灰の産地のようで、空気がホコリっぽく、路面から白い粉が舞い上がることも。ゲホゲホいいながら県道に分かれて粕尾峠へ。
しばし快走し、九十九折の峠区間へ。

Dscf0072

峠を上りきったところ。下りれば足尾だけど、今回はここから東へ向かう県道58で古峰ヶ原へ向かいます。
とんでもない細い道から二車線の快走路が待っていました。路面にはブラックマークが。イニシャルDな人たちが練習しているようです。快調に走って古峰神社へ到着。

Dscf0078

30年ぶりくらいに来ました。

Dscf0080_2

鳥居前の土産物屋。実は遠い親戚筋だったり(笑

さらに下って県道14号へ入り、さらに県道277号で清滝へ抜けよう。

277号は清流に沿って北上する。途中、道沿いに蕎麦屋があったのでお昼に。

Dscf0089

これで1500円は安い。
味は普通でしたが。
でもソバは角が立ったできのよいものでした。

Dscf0084

瀧茶屋さん。実は予約専門店(笑 朝一だったので飛び込みでもOKだったようで。
ここで、「清滝へ抜ける道は工事中だけど、バイクや自転車は脇を抜けて行くようです」という話を聞く。
じゃあ、行こう。

Dscf0094

こんな感じの細い道が続きます。
途中、通行止めの表示がありました。しかし、脇を抜けられます。
工事の人がいたらまずいかなあ、とか思いつつズンズン進みます。通行止めということは当然反対側も同様で、対向車が来る確率は低いだろうなあ、と思いつつも慎重に。

Dscf0097

こんな感じの道。塀にコケがむしてますよ。こんなところでコケたりしたら、そして起こせなかったら、遭難だなあ、ということに思いが至り、さらに慎重に(笑
清ガ原峠を上りきると気持ち
よい景色が。
女峰山ですかね。
Dscf0100
下りはエンジン切って惰性で行きました。なかなか新鮮でした。
清滝におりてからはR122を走り、赤城南麗に回ってから帰りました。

Dscf0102

4時過ぎに帰着。ちょっと寄り道しました。
SDR、いいバイクです。
ブレーキをかけると、ステアリング周りからカチンという異音が聞こえることがある、オイルにじみがある、ライトがあまり明るくない、等細かい欠点はありますが、それらを吹き飛ばす美点があります。
低速からの太いトルク、余裕のあるシャーシで、走っていて楽しいです。今までの所有バイクで、1万キロ以上走ったのはRZ350とK1200Sだけですが、3台目になりそうです。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2014年10月 8日 (水曜日)

皆既月食 難しいですね

今日の皆既月食を撮ってみました。

Pa080693

TVで言っていたとおり、赤いです。右側に写っている星は、TVによれば冥王星らしいです。
SSは2秒。肉眼では下半分が欠けて見えますが、写真だと全部写ってますね。
暗くてピント合わせがほとんどできません。カンです(笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年10月 5日 (日曜日)

クロスカブを観察 その2

この週末はクロスカブの外装を外して見ました。雨の日にやらなくても良かったけど。

Dscf0068

外すのは簡単ですが、フレームを見て脱力しました。

Dscf0063

何故か塗装が剥がれてますね。下地処理が悪いとか、そんな感じではなく、何か固いものがぶつかった感じ?

Dscf0065

この他にも何箇所か同様の塗装剥がれがありました。
まあ、普段目に付くところじゃないからいいんだけど、サビがイヤでしょ。とりあえずタッチアップしておきましたが、いやはや・・・・。

Dscf0066

エアボックスのふたを開けたところ、びっしりと乾式フィルターが詰まってました。後ろ側から吸気するようですが、抵抗大きそうな感じですな。
マフラーはもう手元にあるんだけど、BRDエアボックスにするかどうか・・・。ちょっと高いからなあ(笑
この前日、少しの時間でしたが近所を散歩。ダートを走ったり、今まで入ったことも無い狭い道を覗いたり、結構楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月 2日 (木曜日)

クロスカブを観察

中国で製造しているクロスカブ。中国とは言えど、ホンダがちゃんと品質管理をしているんだろうと思っていたが、細かい部分のできばえは気にしていない模様。

Dscf0052

ヘッドライトステーはスチール製だと思うが、塗装にボツがいっぱい。ウィンカーの下には何だかよくわからないものが付いている・・・。

Dscf0053

反対側も同じ。ひょっとして塗装ブースが無かったりして(笑
まあ、中国人の仕事だと思えば腹も立たないか。
それとネジが緩まない。フィリップスのネジが外装に多く使われている。きっちりと大きさのあうドライバーでやってもびくともしないネジが4箇所。色々やってみたけどだめ。1箇所少しナメてしまったため、あきらめてビットを買いにアストロへ。ラチェットレンチだとさすがにしっかり力がかかり、何とか緩めることができました。こんなにトルクをかけるなら、せめてヘックスにしてほしい。

Dscf0054

カブ主お約束のアイリスオーヤマRVボックス。純正ボックスよりは物が入りそうな感じです。
アストロにあったタイダウンベルトが丁度いい長さ(2メートル)でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »