« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月20日 (日曜日)

デイトナ675

新しいデイトナ675を見ました。

Dsc_0414

向かって右側がR。
ライト周りは旧型に比べて少しシェイプアップした感じです。

Dsc_0415

フロントサスのストロークが明らかに増えてますね。また、ブレーキホースの取り回しがドカと同じになってます。
またがってみましたが、足つきはかなり改善。ハンドルもやや近くなり、さらに2,3センチは高くなっており、楽なライポジになってましたよ。
これならハンドル裏返しも不要かも。
ついでに、ストリートトリプルRに試乗させてもらいました。
明らかにステム周りを締め込み過ぎているようでしたが、エンジンの回り方はかなり軽やかで振動も減ってます。やたらABSが過敏なのが気になりましたが、なかなか良いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年4月19日 (土曜日)

リコール終了

なかなか時間が取れなかったけど、今日リコール対応やってきました。

作業自体は1時間半くらいで終了。
今回はラムダセンサーの取り回し変更。あとはサービスキャンペーンとして、ステムの浸水対策?でした。
8時半くらいに家を出発、少し肌寒い感じでしたが店に着くころには丁度いい感じ。3時間くらいかかるかも、と言われていましたが実際はその半分の時間で終わりました。
ところで、例の5000から吹け上がりにくい症状ですが、やっぱり出ました。5000を超えたあたりからアクセルを回してもトルクがついてこない感じ。かなりガバ開けしてもだめ。ライディングモードを切り替えても大きな差は無し。
純正ではないのであくまで愚痴として話してみたら、マフラー周りを目視してくれ、排気モレの痕跡は無いと。で、リコール作業が終わってから試乗して確認してくれました。その結果は、特に異常無し。「ガバ開けしたからかもしれませんが、普通に吹け上がりますよ」とのこと。そう言えば、最初にこの症状が出たときも、しばらく走ったら正常になった覚えが。
帰り道、確かに症状は消え、きれいに吹け上がりました。 何故? 暖気に50キロくらい必要ってことか(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年4月13日 (日曜日)

MIVVマフラーGHIBLIその後

マフラーを交換してから2回走りましたが、いずれも「5000回転以上でばらつき、スムーズに吹き上がらない」現象が出ました。そして、そのまま1時間程度走ったら現象が出なくなる。

走行距離は2000キロ弱で、今までは慣らし中心であまり6000まで回すことがなかったので、ノーマルマフラーではどうなのか、まず検証。

交換後、エンジンをかけると音のデカさに驚きました。MIVVよりやかましいくらい。いったいどうなってるんだ?って感じです。まだ慣らし中なので6500回転くらいまででやめましたが、スムーズに吹き上がりました。ということは、やはり取り付け方に問題があるのか・・。

あるとしたら、2か所。ノーマルのエキパイとの接合部分。ノーマルより径がやや小さいような気がします。念のためファイヤーガムを多めに入れて取り付け。前回はここはそのまま、ノーマルと同じく素直にナットを締めこんだだけでした。マフラーの前部分との接合部にもファイヤーガムを入れなおそうかと思いましたが、ちょっと力をいれたくらいでは取れません。それなら漏れもないだろう、ということで後回し。できればノーマルのような一体型の方が良かったんだろうなあ、と感じました。

Dsc_0409

ノーマルのマフラーの先端部分。金属の板バネ様の部品がついていて、取り付けたときにすき間を埋めるように考えられていますね。MIVVにはこんなものは無いので、やはりファイヤーガムなどを入れておくべきだったんでしょうね。

で、一度走ってみましたが、問題のある現象は発生せずでした。ひとまずこれで乗ってみます。それにしても、MIVVの方が明らかに車体が軽くなりますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年4月12日 (土曜日)

長瀞は桜満開

しばらくバイクに乗れなくなるかもしれないので、今日DUKEで走ってきました。

今までDUKEはちょい乗りばっかりで、峠は初めてです。
9時過ぎに出発して、熊谷経由でR254を北上。県道44を流し、県道13で長瀞へ。

Dsc_0406

長瀞の中野交差点から北上して短い峠を越えたあたり。
桜が満開でした。自宅周辺と比べて一週間以上遅いんですね。

Dsc_0408

ここからさらに峠を越えて神流湖経由のいつもの道を走り、道の駅万葉の里で折り返してきました。この数年間、この道は4カ所以上の工事区間がありましたが、今回は2か所のみ。着実に工事が進んだようです。
ざっと250キロ走りましたが、まだ燃料の警告灯が点灯しません。燃費はいいですね。
走りなれた道で比較してきましたが、DUKEはやはりコーナリングマシンです。それほど構えなくてもかなりのペースで走れますね。特に寝かしこみの軽さと安心感が素晴らしいです。
SSと違い、視点が高いことも公道ではプラスです。
気になった点としては、ブレーキがプア(制動力自体は十分だけどかなり握りこまないと駄目)でタッチもいまいちなこと。もう少し中速域のトルクが欲しいこと、ABSが利きすぎるというか、過敏なこと・・・くらいか。
パワーが無くてブレーキが弱い分、直線でガバ開けして突っ込みでフルブレーキングみたいな走り方はできないですが、小さなカーブが連続する場合はかなり早いと思います。
なかなか楽しいバイクです。
どこに手を入れるかも、大体見えてきました。
まずはブレーキ。パッドの交換かラジアルポンプ化。
エンジンはタペットノイズしか聞こえないので、もう少しエキゾーストが聞こえるように、マフラーとできれば中間パイプも交換。
軽量化のためバッテリーのリフェ化。ざっと15万コース。
やりますかねえ、それともRC390ですかねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年4月 7日 (月曜日)

月面X

今日、Borgの開発者ブログを見ると、「本日月面Xが見られます」とのこと。

帰宅すると月はほとんど真上に。かなりきつい体勢でやっと撮りました。

Dscf1910

明るい部分との境目、下から4分の1くらいのところに白く「X」が見えます。

Dscf19101

わかりにくいので、拡大して○で囲みました。
ピントは甘いと思いますが、なんとか撮れて良かったですね。
年に2回くらいしか見えないらしいです。当然天候にも左右されますからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »