« やはり穴あけが必要だったハンドル | トップページ | リコール発生 »

2014年3月15日 (土曜日)

アライ ツアークロス3 アドベンチャー

ふとヘルメットが気になり始め、色々と物色。一時はHJCのロレンソレプリカをポチる寸前だったんだけど、ふとハイパーとかDukeとか、オフ系テイストのメットってどんなん?と検索。 まあ色々ありますが、オフ用はゴーグルの使用が前提になっており、それはご勘弁なので、ちゃんとシールドがついていてバイザーもついているもの、そこそこのグレードのものということでアライのツアークロス3に決定。バイザーを外して別売りのホルダーを付ければ、ターミネーター仕様?にもなるらしいです。もちろん、シールドを外せばゴーグル着用の完全オフ用にも。一粒で三度おいしい。自分の場合は二度限定。ゴーグルないし。 ツアークロス3のなかでもアドベンチャーとエクスプローラーというグレードがあるようですが、デザイン的に何となくドカやKTMのテイストを感じさせるアドベンチャーの赤白に決定。

ちなみに、ドカやKTMの純正ヘルメットにこのツアークロス3が採用されているようです。

Dscf1768

ターミネーター仕様に変更するためのホルダーと、予備のシールドも購入。

バイザー付のヘルメットは初めてですが、結構かっこいいと思います。

Dscf1769

事前に試着して、インカムのスピーカーが入ることを考慮しLサイズにしたけど、ちょっと大きかった(笑

微調整ができる内装ということなので、発泡スポンジを買ってきて適当に詰めました。結局、Mサイズの感じになりましたが、頬部分のパットと内装のつなぎ目にかなり空間があり、スピーカーがほとんど気になりません。

インプレはあらためて・・。

|
|

« やはり穴あけが必要だったハンドル | トップページ | リコール発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/59289957

この記事へのトラックバック一覧です: アライ ツアークロス3 アドベンチャー:

« やはり穴あけが必要だったハンドル | トップページ | リコール発生 »