« 翼状片が再再手術 | トップページ | アライ ツアークロス3 アドベンチャー »

2014年3月14日 (金曜日)

やはり穴あけが必要だったハンドル

先日、DUKEのハンドルをZETAのものに交換し、少し走ってみたところ、純正のような手首への負担はなくなり、かなりいい感じになりました。

それはそれでいいんだけど、左側のスイッチボックスには穴あけが必要だったことが判明。

左スイッチボックスは最後に取り付けたんだけど、ネジを締め付ける前にかなり浮いているなあと感じたんですよね。やっぱりボックス側に突起があるんだろうなあ、と思いつつ締め付けていくと何とかなってしまったので、「アレ?」という感じ・・・。

使用には全く支障がないんだけど、スイッチボックスをつかんで回すと結構楽に回る。開けてみると、突起がつぶれて平らになったような痕跡が・・・。

純正のハンドルには3か所穴があいていて、そのうちハンドル上面にあいた穴は意味がないということが明らかだったので、気にせず交換して、あとから下側の二つの穴に気がついたけど、これが失敗だったようです。穴あけ自体は簡単なので、やっておくべきだったけど後の祭り・・・。

まあ、問題は今のところないんですけどね。

|
|

« 翼状片が再再手術 | トップページ | アライ ツアークロス3 アドベンチャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/59273631

この記事へのトラックバック一覧です: やはり穴あけが必要だったハンドル:

« 翼状片が再再手術 | トップページ | アライ ツアークロス3 アドベンチャー »