« KTM埼玉へ | トップページ | DUKE690インプレッション 続き »

2014年2月 1日 (土曜日)

コーナリングは最速か

今回手に入れたDUKE690は1796キロ走行の中古車です。デイトナは30キロ走行でしたが、まあ実質的に初めての中古車かと思います。

SRを買って3年弱、この間にLEADも含めて5回の慣らし運転をやりました(SRは2回)。しばらく慣らしは結構ってこともありまして(笑
足つきは、シート高85センチの我がハイパーとほぼ同じか、少し悪いくらいですね。リアサス確認しないと。
慣らしはほぼ終わってるけど、一応2500キロまでは6000縛りで走ることにしました。
KTM埼玉来店客の皆様に見送られて出発。シングルの割には静かであまりメカノイズが聞こえない。そんなことは全く無かったと後からわかるんですけどね。
やっぱり試乗したときの印象どおりで、4000くらいまでのトルクは薄いです。SRのほうが一発一発の爆発が明確でドカドカッと加速するのに対し、DUKEはスムーズに回転上昇しながらスピードを乗せていく感じ。シングルらしい鼓動感という意味では、SR651に慣れた身にはあまり感じられません。
3000を切ると2速以上のギアではスナッチが始まります。
しかし、振動はこちらのほうが明らかに少なく、またダメージにつながるようなものでもない。5000あたりからシートにも出てくるけど、まあこれくらいなら仕方ないか、というレベルかなと。
ブレーキは、フロントは普通。リアはかなり効く。これならコーナリング中にも積極的に使っていけますね。サスはよく動くし、かなりいいと感じました。外車でここまで乗り心地がいいのは珍しいのではないか、まあそんなにたくさん乗っているわけではないですが。

Dsc_0375

で、コーナリングはかなり素晴らしい。倒しこみが軽い。バンク中も軽い。不安が無い。ぱっと乗ってこれだけスピード出せるバイクは経験が無い。コーナリングスピードは最速ですよ。

Dsc_0377

リア周りは本当にいけてない(笑
なんとかしよう。
メーターがチープで、やけに上を向いている。もう少し寝かせて欲しい。
そういえば、マップ切り替えスイッチはどこにあるんだっけ?
(続く)

|
|

« KTM埼玉へ | トップページ | DUKE690インプレッション 続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/59051918

この記事へのトラックバック一覧です: コーナリングは最速か:

« KTM埼玉へ | トップページ | DUKE690インプレッション 続き »