« 軽くいじってみた | トップページ | キャリパーマウントボルトのチタン化 »

2014年2月20日 (木曜日)

車重について

マニュアルを見ると、「燃料を除いた重量(約)  150Kg」と記載されている。
Webでは、半乾燥重量(燃料含まず) 149.5Kgとなっている。そう書かれれば、ガソリン満タン分が増えるから、せいぜい160Kgくらいか、軽いなあ、と素人は考える。
で、SR651は満タンで160Kg弱だったんだが、押し引きは明らかにDukeが重い。

色々調べていると、2013年のBikers StationにDukeシリーズの試乗記事があった。

Dscf1721

シリーズ全車の車重が計測されており、それによるとDuke690は、ガソリン無しで157.5キロ。満タンで167.0キロとなっている。ちなみにRはエンジンガード込みで同じ重量であり、かなり軽量化されているのがわかる。
どちらを信じるかというと、やっぱりBS誌かな。嘘を書く理由もないし(笑
ガソリンの比重は0.75だから14リットルで約10.5キロ。差は約7キロということになる。
7キロ・・・・でかい。これは考え方の違い?燃料の中にオイルと冷却水も入っているとか?
それにしたって合わせても3キロないだろう。
と、調べてみると、バッテリーが3.5キロくらいあるらしい。
だいぶ近づいてきた(笑
マニュアル記載の車重は、どうやら乾燥重量にちかいものと考えられる。これとブレーキフルード加えるとほぼ7キロになりそう。Webやマニュアル記載の、燃料含まず、というのは誤解を招くので改善してもらいたいものだ。まあ、バイクの車重表記はメーカーによってバラバラなのが問題なんだろう。
何とか7キロくらい軽量化したいものだが、金がない。
バッテリーのリフェ化と、触媒部分(ユタンポ)の交換、タンデムステップ取り外しくらいしか方法が無いけど、少しずつ進めてみよう。
幸い、Web上には先達の方が情報を公開して下さっていて、非常に参考になる。基本マネの方向で(笑

|
|

« 軽くいじってみた | トップページ | キャリパーマウントボルトのチタン化 »

コメント

Looking forward to reading more. Great article.Really thank you! Keep writing.

投稿: Sarah | 2014年3月12日 (水曜日) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/59153401

この記事へのトラックバック一覧です: 車重について:

« 軽くいじってみた | トップページ | キャリパーマウントボルトのチタン化 »