« クラフトアルマジロ 男カップ(竹) | トップページ | 北本と地元 »

2013年12月 7日 (土曜日)

LEAD125でプチプチツー

LEAD125、納車から3ヶ月が経過したが、まだ走行850キロ。年内に1000キロ点検受けておきたいな、ということでちょっとまとめて走ることにしました。

天気予報ではあまり気温が上がらないようだったので、短いコース。小川町から定峰峠に上がり、多分走ったことが無い白石峠を下って254号に帰ってくるコース。これなら3,4時間で十分だろうし、帰りに北本に寄ってこようと言うことで。

ガソリン満タンにして8時半頃出発。結構寒い。ハンドルカバーに冬用グラブをしても手が冷たい。鴻巣から荒川を渡り、254号へ。小川町の7-11で休憩。

Dscf1253

コーヒーを飲んで出発。コンビニでドリップコーヒーが飲めるようになったのは、ありがたい。ここで10時丁度くらいでしたが、まだ寒かったです。

定峰峠に続く道はところどころ路面が濡れていて、結構テンションが下がりましたが、本格的に登り始めたらそんなこともなく、かなり快調に走れました。スクーターでこんな道を走るのは初めてですが、エンブレが効かないのにはとまどいました。アクセルが引っかかっているのかと。

それとブレーキが効かない。フロントは全然ダメ。リアと併用して何とか使えると言う感じですね。さすがにパワーは無く、結構アクセル開けました。

Dscf1255

峠の茶屋に到着。コンビニからここまで30分少しかかりました。

少し休憩して白石峠へ。途中、何箇所か路面が濡れていたり、変な凸面舗装があったりで楽しめず。

Dscf1258

白石峠。ナビ版の3分岐の真ん中を行きましたが、右側は奥武蔵グリーンラインのようでした。

またの機会に。

ここからの下りの道は楽しかったです。狭い舗装林道ですが、対向車が少なく、快調に走りました。LEAD125はいつも乗っているバイクに比べて車重が軽く、ホイールベースも短いのでクルクルと良く回ります。特にタイトなコーナーは、そんなに寝かさなくても曲がっていくので楽しいです。スクーターを見直しました。ただ、バンク角はそれなりで、左右ともにセンタースタンドの足の部分が接地します。

いやいや、意外な楽しさを見つけました。恐るべしLEAD125。エンブレは効かないけど、ギアチェンジの必要がなくてブレーキだけに集中できるのはいいですねえ。知り合いに、クラッチが握れなくなってスクーターに乗換えた人がいますが、確かにアリですね。

このあと、昼食をとりつつ北本に寄って帰りました。燃費は48.6。幹線道路でも流れをリードしたので、それなりにアクセル開けましたから。

|
|

« クラフトアルマジロ 男カップ(竹) | トップページ | 北本と地元 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/58714941

この記事へのトラックバック一覧です: LEAD125でプチプチツー:

« クラフトアルマジロ 男カップ(竹) | トップページ | 北本と地元 »