« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月28日 (土曜日)

ハイチュウオス  だけど・・

4時前に現地着。

秩父の山にかかる雲に夕日が隠れて間もなく、西の方向から一羽の猛禽が。
一番近くを通り過ぎたときは、ピントぶれぶれ。
なんとかAFが追随したときはメインロード脇まで離れてしまった。

Dsc_2620

一応証拠写真。
それにしてもきれいな猛禽ですねえ。ほぼ3年ぶりのハイチュウオスです。

Dsc_2628

広範囲に飛び回って、川のあたりまで遠ざかって見えなくなりました。多分また帰ってくるとは思いつつ、暗くなってSS500をきったので退散しました。
今日はシグマ70-300の全玉抜きでやりましたが、次はTC-16A改で試してみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年12月24日 (火曜日)

サインハウス・パワーステーション5V6A取り付け

届いてからしばらく経ちましたが、やっと時間ができたので取り付けました。

Dsc_0345

ハンドルに本体を付けようとすると、カーブの関係でうまくいかず。ブラケットの間がまっすぐなので良い感じですが、金具が干渉しそうなので、結局写真の位置でしばらく様子を見ることにしました。
ライトの裏を通してヘッドパイプの左側からヒューズボックス上、シート下と通してみました。
まるでハイパーにあつらえたような、丁度の長さ。

Dsc_0347

ACC連動の黄色いコードを赤いコードに割り込ませて完成。
赤いコードが少し細いのが気になるけど、電源取るわけじゃなく、あくまでも信号としてだから大丈夫なはず?
ちなみにこの赤いコードは・・・・テールランプかな(笑
無事にテストもクリアし、これでナビやインカムの電源問題対応済みとなりました、ハイ。

20131224_082335

フレームの三角形の中、わずかに黒いカバーで覆った部分が見えます。この程度なら問題ないでしょう。色々と確認しながら作業したので1時間半くらいかかりましたが、タンクのフェアリングとヘッドライト(浮かせるだけ)を外し、後はシート下のバッテリーへのアクセス程度ですから、素人でも1時間かからないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月23日 (月曜日)

ちょこっと渡良瀬

少し時間ができたので、渡良瀬遊水地へ行ってきました。

機材はBorg71FL直焦点+絞りM57とX-E1。マニュアルでどの程度行けるかってことですが。

Dscf1312

ベニマシコをチェックするも空振り。
代わりにカワラヒワ。
葦原に行ってみると、過去3年間に比べてやけに車が多い。以前は川べりの道には鈴なりだったけど、メイン道路脇のあたりはそれほどでもなかったけど・・。

Dscf1420

16時を過ぎ、日が沈んだ直後にハイチュウのメスが飛び立ちました。

Dscf1421

あたりを飛び回って葦の下へ。
巣があるのだとすれば、確かに皆さんが集まっているところがベストポイントのようです。
今年はヨシ焼きがあったようで、巣の位置が変わったのかも。
薄暗くなる前に帰ってきましたが、オスには会えず。
まあ、先は長いので。
D7100だとTC16A改を使いますが、AF範囲は非常に狭く、ほとんどMFみたいなもの。
年末年始の休みには色々と試してみようと思いますが、オリンパスのE-M1もおもしろいかもなどと・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年12月21日 (土曜日)

シートを検討

ハイパーのシートは結構ひどい。エグリすぎで前後に動きにくい。200キロも走らないうちにケツが痛くなる。大体横から見るとエグリすぎでかっこ悪い。

ということで、今日ショップに行って、シートを試してきました。
そもそも、ハイパー3兄弟はシートを共用できるけど、それぞれサスのセッティングが違うためシート高も異なりますね。
① ハイパーモタードSP    89センチ     87センチ
② ハイパーモタード      87センチ         85センチ
③ ハイパーストラーダ     85センチ         83センチ          81センチ
それぞれ左から、スタンダードシート、 ローシートのシート高、ハイパーの3番目はスペシャルローシートであり、これが日本の標準になっているようです。ただ、シート形状が共通ということでは無く、モタード系とツーリング系で違うようです。当然、ハイパーストラーダはツーリング系の幅広シートということなんでしょう。
今日は12月とは思えない厳しい冷え込み。何とか10時頃出発。普通の肌着とネルシャツ。KLANの電熱ベスト、ゴアウィンドストッパー、その上に冬用ジャケット(インナー無し)、首周りは当然ネックウォーマーで武装。これだと結構薄着と言えると思いますが、特に問題なし。やはり電熱の威力はすごい。
さて、今日は道の混み方がすごくて、昼前にやっと到着。早速シートを付け替えて軽く試乗。

Dsc_0337

これはモタードのローシート(日本標準)。ストラーダに付けると83センチになるようです。
これ、やたらと硬いです。間違いなく100キロともたずにケツ痛になりそう。形はハイパーストラーダのシートに似ていて、幅が広く、足つきは悪くなります。

Dsc_0339

エグリはストラーダのものに比べてかなり浅いです。
しかしあまりに硬く、却下。

Dsc_0341

次はモタードの標準シート。
一枚皮でツルッとした感じですが、断面は台形になっていて、足が出しやすくなっています。

Dsc_0340

シート高は多分85センチ。明らかに座面が高く、ハンドルグリップが低い位置に。シートは高いんですが、足つきはさっきのローシートと比べてそれほど悪いわけではありません。さすがに動きやすく、厚みも十分にあります。
試乗はできませんでしたが、他にストラーダのスタンダードシートもあるようです。これは83センチ。
いったんこれを注文したんですが、ネットで調べてみるといまのシートと外観があまり変わらないようで値段も少し高い。どうせならと外観も形状も全く違うモタードのヨーロッパ標準シートに変更。シート高は85センチとなるはずで、気を抜くと立ちゴケするかも(笑 でもまあ、タンクからのラインの流れを見るとこれがオリジナル、という感じですね。何とかなると思いますが、ならなければアンコ抜けばいいだけだし。
ということで、自宅に送ってもらうことにしました。全部で3万8千円ほど。
電熱ベストのおかげで寒い思いもせず無事帰宅。今年の乗り納めかな。

Dsc_0343

ちなみにノーマルシート。角度が悪いのでアレですが、エグリがすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 8日 (日曜日)

サインハウス パワーステーション 5V6A

ナビなどの電子機器の給電のため、以前から何となく欲しいなあと思っていました。今回買ってみる気になりました。ハイパーはヘラーソケットが二つついていますが、これから電源を取るよりはスマートかなあと言うことで。

Dscf1236

思ったより大きいですね。ずっしりと重いし。

Dscf1238

本体には50センチくらいのコードがついてました。他に延長コードが70センチ。バッテリーに接続するクワ型端子がついたコードが15センチ。それぞれにACC連動用の黄色いコードも付属。黄色いコードだけ一本もあり。

Dscf1260

ハイパーだとどんな感じなのか仮フィッティング。ハンドルに本体をつけたとして、ちゃんとバッテリーのところまで届くだけの長さがありました。複雑な取り回しをしなければ、ほとんどのバイクで問題なくバッ直できそうです。ACC連動にしたいので、どこの配線に黄色コードを割り込ませるか、というのはありますが。自分は検電テスターを買って、ひととおり調べてみました。

Dscf1264

後部のヒューズボックス。このうちACC連動しているのは右端の7.5Aのものだけでした。

Dscf1263

前部のヒューズボックスでは、黄色の隣の15AのヒューズがACC連動でした。ACC連動を見つけた時点で確認をやめたので、他のモノについては不明。

ヒューズから電源を取る手もあるので調べて見ましたが、まずはバッ直、ACCはコード割り込みで行って見ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

北本と地元

土曜日、LEAD125で定峰峠に行った帰り、北本自然観察公園に寄ってみました。

Dsc_2392

結論はこれだけ。久々のシロハラですが、赤い実をくわえたところはブレブレ。

まだ時期的に早いようですね。

じゃあおとなしく帰るか、と言うことでいつもの道すがら、菖蒲の池に20羽程度のカモの群れ。一見してバンも半分くらい。一応覗いてみたら、意外にも・・。

Dsc_2410

なんとハシビロガモが。メスしか見当たらず。2年ぶり?

Dsc_2442

キンクロハジロもいました。

周囲400メートルくらいの池ですが、近寄らせてくれないので不鮮明な絵が多くて・・。

他にヨシガモらしいのもいたんですけどね。

いつも普通に行き来して気にもとめていない池にもいるんですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 7日 (土曜日)

LEAD125でプチプチツー

LEAD125、納車から3ヶ月が経過したが、まだ走行850キロ。年内に1000キロ点検受けておきたいな、ということでちょっとまとめて走ることにしました。

天気予報ではあまり気温が上がらないようだったので、短いコース。小川町から定峰峠に上がり、多分走ったことが無い白石峠を下って254号に帰ってくるコース。これなら3,4時間で十分だろうし、帰りに北本に寄ってこようと言うことで。

ガソリン満タンにして8時半頃出発。結構寒い。ハンドルカバーに冬用グラブをしても手が冷たい。鴻巣から荒川を渡り、254号へ。小川町の7-11で休憩。

Dscf1253

コーヒーを飲んで出発。コンビニでドリップコーヒーが飲めるようになったのは、ありがたい。ここで10時丁度くらいでしたが、まだ寒かったです。

定峰峠に続く道はところどころ路面が濡れていて、結構テンションが下がりましたが、本格的に登り始めたらそんなこともなく、かなり快調に走れました。スクーターでこんな道を走るのは初めてですが、エンブレが効かないのにはとまどいました。アクセルが引っかかっているのかと。

それとブレーキが効かない。フロントは全然ダメ。リアと併用して何とか使えると言う感じですね。さすがにパワーは無く、結構アクセル開けました。

Dscf1255

峠の茶屋に到着。コンビニからここまで30分少しかかりました。

少し休憩して白石峠へ。途中、何箇所か路面が濡れていたり、変な凸面舗装があったりで楽しめず。

Dscf1258

白石峠。ナビ版の3分岐の真ん中を行きましたが、右側は奥武蔵グリーンラインのようでした。

またの機会に。

ここからの下りの道は楽しかったです。狭い舗装林道ですが、対向車が少なく、快調に走りました。LEAD125はいつも乗っているバイクに比べて車重が軽く、ホイールベースも短いのでクルクルと良く回ります。特にタイトなコーナーは、そんなに寝かさなくても曲がっていくので楽しいです。スクーターを見直しました。ただ、バンク角はそれなりで、左右ともにセンタースタンドの足の部分が接地します。

いやいや、意外な楽しさを見つけました。恐るべしLEAD125。エンブレは効かないけど、ギアチェンジの必要がなくてブレーキだけに集中できるのはいいですねえ。知り合いに、クラッチが握れなくなってスクーターに乗換えた人がいますが、確かにアリですね。

このあと、昼食をとりつつ北本に寄って帰りました。燃費は48.6。幹線道路でも流れをリードしたので、それなりにアクセル開けましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 6日 (金曜日)

クラフトアルマジロ 男カップ(竹)

マフラーで有名(らしい)な鈴鹿のクラフトアルマジロ。まあ、エビ管というよりはアルマジロ管と言った方が響きが良かったりする。

マフラーのブランドはMAVERICK。その辺にはあまり興味が無いんだけど、このカップはなかなか良いぞ、ということで買ってみました。

Dscf1239
なんと木箱に入ってきました。

まあ、7000円は高いし、これくらいはやってくれてもいいかな(笑

Dscf1241

開梱の儀。

Dscf1243

マフラーのカチ上げ部分を切り取ってきたようなこの形・・。

チタンの焼け色。

いいですねえ。

この上に「松」があります。そちらの方がパーツが多く、曲がりの角度がゆるいのと、焼き色がついているのが違い。何となく会社用と自宅用を買ってしまいそうな感じなので(笑 まずはこちらにしました。そのうち秘密基地で焼いてもらおうか・・・・。

Dscf1244

底には「公道使用禁止」(笑

Dscf1245

チタンカップには「真空カップ」がありますが、それよりはこっちがおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »