« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月24日 (日曜日)

紅葉確認プチツー

インカムのテストを兼ねてハイパーで紅葉を見に行って来ました。

事前にネットでちょいちょいと調べて、嵐山渓谷に決定。ここだけだと間が持たないのでいつもの神流湖方面を走って帰ってくることでおおまかにルート決定。

Dscf1176

適当にR254を左折し、それらしい駐車場へ。今日は無料らしい。

で、15分ほどテクテク歩いて渓谷着。9時半ごろだったけど、既にカメラマンや山歩き装備の人がたくさん。適当に写真を撮って帰ってきた。

Dscf1190

きれいな紅葉がある場所はカメラマンも鈴なり。

Dscf1193

これはELニッコールで撮りました。X-E1のキットレンズより少し写りがいいかなと。

Dscf1196

駐車場まで戻って、B級グルメの辛モツ焼きそば300円を食べ(特に感想無し)、無料の甘酒をごちそうになり(かなりレベルの高いものでした)、満足して10時半に出発。

254から小川町に分岐してまた254へ合流。長瀞へ向かうが、すごい渋滞・・。思わずわき道にそれ、円良田湖へ。

Dscf1205

円良田湖で予定外に紅葉を楽しみ、わかさぎ釣りを冷やかして出発。本庄サーキット脇の道を経由して神流湖方面へ。

冬桜で有名ななんとかって場所へ行くがやけに寒いので駐車場だけ見てリターン。

Dscf1215

一応冬桜らしきものは撮っておきました。

いつものコースをまったり気味に走り、塩沢ダムをチェックして帰ってきました。走行230キロ弱。

燃費は20キロ強。メーターでは21.4キロ

さて、インカムですが、スマホもナビも一度ペアリングしておけば、ブルートゥースを起動すればほぼ自動的に接続してくれます。スマホの音楽、ナビの音声案内ともにちゃんと聞こえました。やはり買ってよかったです。これは便利。音楽を聴くにはちょっと低音が薄いですが、まあ仕方ない。

Dscf1216
今日もセンスタ接地。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年11月23日 (土曜日)

カンムリカイツブリ、チュウヒ

今日は午後から時間ができたので、渡良瀬へ。D7100とFL71、TC16A改です。

ハシビロガモを期待していましたが、会えず。1年ぶりにカンムリカイツブリには会えました。

Dsc_2199かなり近くに寄ってきました。白飛びしてますが・・。

他にはコガモ、マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、カイツブリ、カワウ。今年は台風などの影響なのか、水量が多く撮影場所がやや限られている印象ですね。

このあと、鷹見台周辺に行きましたが、ベニマシコは声さえ聞こえず・・。葦原の中の池に回って見ました。

Dsc_2251

何故かカワウがすぐ近くを悠然と泳いでます。地味ですが被写体としては結構おもしろい・・。

今日はこんなもんかなあと帰ろうかと思ったところに、20メートルくらい先の葦原からチュウヒが飛び立ちました。

Dsc_2257

久しぶり、それにかなり近い。

Dsc_2296

逆光アングルで最も近づいて来ました。

30メートルくらい先をぐるっと回って南に飛んでいきました。

最後にラッキーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月20日 (水曜日)

Monsterがついに水冷化

こちらもEICMAで公開?

ムルティに採用されたテスタストレッサ11°エンジンを搭載し、シャーシーも当然新設計です。

202monster1200770x576

どうやらエンジンを強度メンバーとして使い、スイングアームピボットやステップ回り、シートレールはエンジン直付けのように見えますね。

パニガーレに似た考え方ですかねえ。

グレードは1200と1200S、馬力や足回りが違うようです。シート高が可変らしく、ドカにしてはおもしろい試みですね。

弟分も水冷化されるんでしょうか?796はハイパーのエンジンがそのまま使えると思いますが、その下はどうなるんでしょうね?

ドゥカティジャパンのサイトでは早くも1200と1200Sが2014モデルとして掲載されていますが、価格はいまだ未定のようです。ムルティやディアベルの価格から考えても安くて160、Sは200くらいでしょうかね。これに手を出すならKTMかなあ。お金を貯めないといけませんが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年11月19日 (火曜日)

KTM RC3兄弟

EICMAで公開されたようです。

Dukeのスモールレンジ、125、200、390をベースにしたSSです。

Press_presentation_eicma_2013_lowre

一番奥にはSuper Duke1290Rが写ってますね。これも結構気になるんですが、RC200あたりが結構おもしろいのではないかなあという気がします。

写真を見る限りポジションはそれほどきつくないし、回して走る楽しさを味わえそうです。このところすっかり円安で、ユーロは3割アップですから、価格がいくらくらいになるのか気になります。まあ、65万くらいかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月15日 (金曜日)

Sena SMH5-FM

以前からインカムは気になっていたが、タンデムは基本的にしないし、マスツーもそれほど大人数ではないので手が出なかった。ただナビ音声と、あまり頻度は高くないけど携帯電話に関しては、あった方が何かと便利なのは間違いない。一度イヤホンを使ってナビ音声を聞いて見たが、自分のヘルメットX-12だと風きり音が大きくなってしまって却下。それにイヤホンつけてヘルメットかぶるのはあまり気持ちよくない。

ということで、この度ついにインカムに手を出してしまいました。あまり高いやつだと、使えないとなった時に悲しいので、値段手ごろでFMが聞ける「SMH5-FM」を選んで見ました。

Dscf0991

ひと通り調べてみましたが、正規輸入品は厳重に価格管理されているようで、店による差はわずか。送料無料とか、ポイント2倍程度しか変わりません。平行輸入品だと3000円くらい安いものもありますが、正規輸入品は日本語化でき、サポートもしっかりしているようなのでこちらに決定。

Dscf0995

フルフェイスで使うのでブームマイクでは無いタイプを選択。本体以外にはスピーカーとUSBケーブル、クランプ、貼り付けベース、スペーサー等が入っています。マイクは写っていません。

ひとまずFMを聞いてみたところ、アナウンスはやはり英語。「Incom has failed」とか(笑

やっぱりアナウンスは日本語の方がいいので、セナブルートゥースジャパンのサイトで早速ユーザー登録。ところが・・・・。

Sena

S/Nでエラーが。「該当の製品が見つかりません」。色々と試してみましたが結果は同じ。ギブアップして問い合わせました。輸入業者、販売業者、どちらのミスかわからなかったので、両方に問い合わせたところ、どちらからも回答が。結論は輸入業者のデータベース上のエラー(多分入力ミスでしょう)でしたが、どちらの対応も迅速で丁寧でした。

無事にユーザー登録完了。サイトから専用ソフトをDLし、ファームウェアの最新化、日本語化を実施しました。

携帯やナビとのペアリングも特に支障無く完了しましたので、この次走る時に試して見ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年11月 5日 (火曜日)

初見ホシハジロ

4日は午前中ジムに行き、午後は渡良瀬遊水地へ。まだ時期的には早いだろうと思いつつ、ベニマシコ狙い。

ベニマシコは、時々声は聞こえるものの出てこない。いつもエサにしている木にも見当たらない。アシ原にはチュウヒ待ちのカメラマンが10人くらいいるが、今日は時間がないので以前ミコアイサを見かけた池へ。

Dsc_1936

最近自宅近くでも良く声を聞くジョビ男君。今季は初めて会えました。

Dsc_1978

池には見たことの無いカモ類がいました。

Dsc_2009

帰って調べてみると、ホシハジロ。初見、初撮りです。今年はまだキンクロハジロを見てないんですが、その代わりですかね。さすが渡良瀬。

このところ、71FLとD7100、TC-16A改で撮ってますが、どうもAF精度がイマイチのようです。三脚使用、SSも1000以上なので、ブレとも思えず。

EVFと異なりファインダー像を拡大できないので、MFで追い込むのもなかなか難しい・・。課題です。

帰り始めたところでゲリラ豪雨のような強い雨が降り始めました。

今年はやはりどこかおかしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年11月 4日 (月曜日)

ハイパーストラーダ一ヶ月点検

ショップに到着したら1005キロ。オイル交換とフィルター交換。ECUチェック等で1時間強で終了。

走り始めると、明らかにシフトタッチが改善し、回転上昇も軽い感じ。デイトナではオイル交換でこれほど感触が変わることは無かった。やっぱりドカはラテン品質か?

スポーツモードも解放してみたが、やはりパワフル。これから1500キロは7000までに抑える予定だけど、4000越えるあたりからの加速力はかなりのもの。二気筒らしいダカダカダカッという荒削りな爆発感。おもしろい。

時間は中途半端なので、久しぶりに秘密基地にお披露目に行って帰宅後軽く洗車。

Dsc_0326

前回空っ風街道を走っているときに、左コーナーで路上の溝のため車体の一部が接地。ステップじゃないよなあ、と思って確認したらセンスタ。

やはりモタードがスタンダードで、そこから車高を下げてセンスタを追加しているため、こんなことになるんだろうなあ。ショップの話では、リアショックのマウントで車高を下げているらしいので、元に戻すことも可能らしい。その前にシートをいじりたい。

Dsc_0324

ブレーキフルードがやけに黒い。というかほとんどコーヒーのような色になっている。納車のときからやけに濃いなあ、と思っていたが。ドカはこうなんだってさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月 3日 (日曜日)

リード125インプレッション その②

リードもそろそろ700キロに届きます。先日北本にもリードで行きましたし、ナップスやライコも。車の出番がかなり減りました。やはり便利だし、経済的ですねえ。

さて、全体的には一回目のインプレッションの延長上ですが、少し書き足しておきたいと思います。

①エンジンは静かで、70キロまでの範囲で走行中聞こえるのは、ボーッという排気音とベルトのうなり音くらいです。振動はシートを中心に感じられますが、まあ気になるレベルとは言えません。車をリードするくらいの加速は十分可能で、80キロくらいまではそれほどストレス無く到達します。そこから先はまだ試してませんが、多分もう変速はしないで回転でスピードを乗せていく感じです。かなり流れの速いバイパスなどでも、頑張れば車をリードして走れます。

②コーナリング云々するのもアレですが、やはりその性格上、あまり俊敏とは言えません。倒しこみはまったりとしていて、一定のラインを描いて曲がっていく感じです。

③フロントブレーキはあまり効きません。まだアタリが出てないのかもしれませんが。どちらかと言うとリアで止まるという印象ですね。

④シートが大きいことも原因でしょうが、取り付けヒンジ部分でカクカクと横方向にずれがあり、あー、このあたりでコストダウンしているなあ、という印象です。

⑤足元が狭いです。ビジネスバッグの大きいものを置くと、足の置き場がほとんどなく、ガニマタで乗ることに。これからはヒザ周りに寒風が直撃するでしょうね。リア10インチ、フロント12インチというレイアウトは、シート下スペースの極大化と居住性、操縦性の妥協点なんでしょうね。シート下にかなり重きが置かれていると感じます。

Dsc_0318

シート下にはジッツオの三段の三脚も何とか入ります。さすがに雲台は外しますが。カメラやレンズも入ると思いますが、振動対策の見地からリアボックスに入れてます。見沼や芝川調整池にはこれで行って来ました。

総じて、満足度は85%と言うところでしょうか。足代わりとしては非常に良く出来たスクーターです。物は積めるし、ランニングコストは安いし(燃費は50キロ前後です)、危険を感じない程度に交通の流れに乗れます。残り15%はライトがやや暗いこと、シート下がかなり熱くなること、ステップ周りが狭いことで減点というところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月 2日 (土曜日)

益子秋の陶器市

G.Wに続いて行って来ました。もちろん家族サービス。

今回は人気作家さんのお店目当てに7時過ぎには現地着。ところが、ガセネタで人気作家さんは出店せず。やたらに寒い(笑 それでも8時過ぎには人が集まり始め、春以上の賑わいでしたね。

Dscf0955

宮崎アニメ風、前回と同じ場所に出店していました。かなりの人気作家さんのようです。7万くらいのものも売却済み。予約品も多数。

確かに個性的。

Dscf0956

作りもかなり手が込んでいます。目には何やらガラスのようなものが入ってます。

何より、この存在感はすごいです。欲しいと思ったんですが、一つでも買ったらもう止まらなくなりそう(コレクションしそう)なので、ぐっと我慢。

Dscf0961

これもおもしろいですね。

独立系の作家さんは、やはりデザインというか意匠、発想、着想の勝負なんだなあと思いましたね。

Dscf0963陶器だけでなく、木工や鉄工の作品もかなりあります。

見て回っていると、一日は無理ですが半日位なら十分に楽しく過ごせます。

Dscf0958

紅葉はまだまだでしたね。

Dscf0965

おまけ。

ちょっと笑えました。

家族サービスとは言え、結構楽しめました。

午後は歩行者天国にしたほうがいいのでは、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月 1日 (金曜日)

見沼自然公園→芝川調整池

まだ本格的なシーズンとは言えませんが、様子を見に行って来ました。

Dsc_1539

見沼自然公園の池には、オナガガモやヒドリガモがいました。まずはヒドリガモ。

Dsc_1669

メス、オスで6羽くらいが泳いでいました。ヒドリガモは確か真冬にはどこかへ行ってしまったと記憶しているので、今のうちですね。オスはなかなか可愛いです。

Dsc_1565

オナガガモはたくさんいましたね。

Dsc_1687

小島には久しぶりにカワセミがいました。枝を移動しますが、ダイブやホバはしませんでした。このあと池の周りをあちこち移動していました。

Dsc_1693

カワセミを近くで見たのは久しぶりでした。期待していなかったので、かなり得した気分でさっさと調整池に向かいました。

Dsc_1771

しかし、調整池では目当てのカンムリカイツブリを見つけられず、猛禽類も飛ばずでさみしい結果に。時間が無くなったので帰ってきましたが、帰宅直後にゲリラ豪雨のようなすごい雨が降りました。危なかったです。この次は渡良瀬遊水地を覗いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »