« KLAN ヒートベスト | トップページ | 300キロほど走ってきた »

2013年10月27日 (日曜日)

リード125にハンドルカバーを

朝の冷え込みが気になり始めました。7時頃家を出ますが、もはや素手では結構厳しいです。

ということで、一度は使って見たかったハンドルカバーを導入。もちろんグローブもそのうち必要になるとは思いますが、暖かさがかなり違うということなので試しに。

Dscf0942

リード工業というメーカー、名前は知ってますがあまり使ったことは無い・・はず。

「防水」の次に小さく「素材使用」(笑

まあ、穴が開いているし縫い目もあるので強気は禁物ですなあ。

Dscf0943

左手部分です。透明ビニールの部分が親指で、スイッチ類の操作をします。その前にグリップに通す穴が大きく開いていて、そのさらに前にはレバーを通す×印の切れ込みがあります。

Dscf0948

完成図。

風が当たらないと全然違いますね。あまり高いものでもないので、取り付ける価値は十分あると思います。

欠点としては、アクセルが若干重くなること。スイッチがグリップから遠い場合は操作に注意する必要があることくらいですかね。本来は、車種専用設計にして、ミラーのステーで固定、スイッチ部もすっぽり覆うくらいの大きさにすればアクセルとも干渉しないし、スイッチの操作性も犠牲にならないでしょうね。

リードは何とか600キロ走りました。そのうち峠巡りの旅に出ようかと思います。

|
|

« KLAN ヒートベスト | トップページ | 300キロほど走ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/58445364

この記事へのトラックバック一覧です: リード125にハンドルカバーを:

« KLAN ヒートベスト | トップページ | 300キロほど走ってきた »