« デイトナ ドナドナ | トップページ | ハイパーストラーダ納車 200キロ走行 »

2013年9月30日 (月曜日)

ロスト「あま」症候群

あまちゃんの無い月曜日、何となくテンションが上がらない朝でした(笑

ゴールデンウィークに初めて見たのは、丁度アキがウニゲットに成功する回。変なネタの連続に何となくおもしろいと感じ、7月からは毎日欠かさず見ていました。家で見てからでは会社に間に合わないし、通勤途上の電車で見るのは気が引けたので、会社に来る時間が30分以上早くなりました(笑 まあ、暑い時期だったので丁度良かったんですけどね。

ズブン、基本的にドラマはほとんど見ない人なんですが、これは本当に面白かったです。コネタ満載、脇役陣の奮闘、大きなストーリーの面白さ、そして能年玲奈さんの魅力。

あさイチに彼女が出演した時に、有働アナが言ってましたが、「こんな娘が欲しい」というのは全く同感です。(この回の有働アナの振る舞いを見てすっかり嫌いになりましたけど。その点、イノハラは真面目に仕事をこなしてました)デビュー当時の吉永小百合に似ているし、これからがんばって欲しいと切に願っています。

小泉今日子も思いっきり吹っ切れた演技(今まで彼女の出るドラマとか全く見た覚えがないので比較はできませんが)で良かったと思いますが、夏バッパや駅長、副駅長、メガネ会計ババア・・・皆がはまっていました。しかし、一番すごかったのは、やっぱり鈴鹿ひろ美かなと(笑。

そもそもNHKの朝ドラは初めて見ましたが、とてもNHKとは思えないシーンや演出も結構あって、クドカンすごいな、と感じたり。

視聴率的にはあまちゃんを凌駕した「半沢直樹」は最終回だけ何となく見ましたが、俳優の顔芸だけが見もので、全体に見飽きた陳腐な展開というか、ちょっと意外でした。最初からストーリーを追って見ていれば、また印象が違ったかもしれませんけど。

ラスト、ユイが震災で大きな心の傷を受けたトンネルを、アキと二人で明るく走り抜けるシーンはとても象徴的で胸に響きました。

あとはDVDを待つだけです。

|
|

« デイトナ ドナドナ | トップページ | ハイパーストラーダ納車 200キロ走行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/58274591

この記事へのトラックバック一覧です: ロスト「あま」症候群:

« デイトナ ドナドナ | トップページ | ハイパーストラーダ納車 200キロ走行 »