« ELニッコール50/F2.8 | トップページ | M42ヘリコイド・システム »

2013年3月 3日 (日曜日)

Super Goldy694に試乗

先日発売のSRムック本に、AAAが作った694CCのSRが載ってました。むむ、早くも40CC負けた、なんて思いつつ98mmのボアはかなり厳しいだろうなあ、と感じました。ムック本にはあまり詳しい内容は書かれていなかったので、今日試乗させてもらいました。

Dsc01349

BSAゴールドスターのイメージでまとめられたSuper Goldy。確かにフロントカウルからタンク、シート、アンダーカウルと、なかなかいいアピアランスでよくまとまってますね。

エンジンは98×92の694CC、さらにSRカスタムでは珍しいモノサス仕様。

Dsc01351

ちょっと写真が良くないですが、スイングアームはXJR用を短縮。フレームにサス上下の取り付けステーを溶接。下はリンクも製作。なお、サスはオーリンズ。

Dsc01354

シリンダーはデイトナ製を使用。トレッセルの鍛造ピストンを使い、各パーツに表面処理を駆使。

Dsc01357

フロントフォークは3MA。インナーチューブにDLC加工、ボトムにNBメッキ。ボトムの表面は指で触っても違いが明らかなくらいスベスベツルツル。

さて、いよいよ乗ってみます。キック自体はわが651と変わらない重さで簡単に始動。

アクセルが重く、クラッチの動きが渋いのが気になるけど、まあ取り回しの関係でしょう。ポジションはかなり前傾きついですが、ハンドルは近いのでそれほど厳しいわけでは無いですね。走り始めると、低速はむしろ薄い(笑 車重自体はかなり軽く仕上がっていると思いますが、加速力は変わりませんね。

それにしても振動がすごいです。3500くらいから出始め、4000を越えるとかなり気になる高周波の振動がでます。5000超までなら何とか実用に耐えるというか、我慢する必要は無いレベルだけど、長時間はダメかも・・。あまり明確なパワー感の差が無かったので、頑張って6500まで回してみましたが、もうハンドル持っていられないくらいのすごい振動が出ます。折角リミッター解除してあるのに、使えません・・・・。乗り心地自体はかなり良かったので、コーナリングには期待大でしたが、とてもそんな気にならず、軽く流して帰ってきました。

ところで、前後ともサスがめちゃくちゃ柔らかいのに気がつきました。軽く押してもスッと入ります。わがSRと比べて全然違います。しかしボトムはしていないようなので、奥では踏ん張ってるんでしょう。このサスセッティングはいいんじゃないかな、と感じました。オーリンズのリアがあんなに柔らかいとは・・・。デイトナちゃんのとエライ違い(笑 フロントも、バネ自体柔らかいだろうけど、コーティングによる抵抗の少なさも効いているんでしょうねえ。

短時間でしたが、エンジン自体それほど大きな差はありません。というか同じです(笑 651の方が振動が少なく明確なトルク感があるように思います。まあ、アクセルの重さも関連しているんでしょう。651はスロットルボディの関係か、かなりのハイスロですが、これも同じものを使っているはずですし。

AAAでも既にトレッセルのビレットシリンダーを発注しているようで、デイトナ製シリンダーから交換するとのこと。かなり振動が軽減されるでしょうから、それには期待できますね。

モノサスの作り方やセッティングはAAAの過去のノウハウが活かされているようで、このあたりは面目躍如ですね。今回の試乗では、サスに関して目からウロコでした。モノサス化には心が動きます・・・。

|
|

« ELニッコール50/F2.8 | トップページ | M42ヘリコイド・システム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/56879448

この記事へのトラックバック一覧です: Super Goldy694に試乗:

« ELニッコール50/F2.8 | トップページ | M42ヘリコイド・システム »