« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月29日 (火曜日)

午後の北本

北本自然観察公園に行って来ました。

71FL+絞りM57+X-E1です。

Dscf0346

久しぶりに北側を回ってみました。これと言って収穫は無し。

Dscf0356

カシラダカ。

Dscf0373

モズ子。上のくちばしは結構複雑な形をしているんですね。

Dscf0377

左側は右側とは形が違うんですね。

Dscf0383
午後は逆光になる場所が多く、X-E1のEVFの弱点がはっきりと出たと言えます。

光の明暗差が大きい場合、EVFの反応はどうしてもワンテンポ遅れます。それはGH-2も同様ですが、X-E1の場合はタイムラグに加えて白トビというか、まともに見えないことが結構ありました。この写真もそういう状況で、ピント合わせられませんでした(笑

今回の写真はほとんどそうですね。明るすぎるとEVFの画像が見にくいです。全体にピンアマなのはそのせいと言うことで(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年1月20日 (日曜日)

カモを撮りに

行って来ました。

あまり長時間はきついので、確実にいる池に。

Dscf0307

やはり、EVFで見た、そのとおりの絵が出てきますね。

Dscf0310Dscf0319

階調もいい感じに再現。

このオナガガモは足環を付けてますね。

オオバンの若でしょうか?羽毛の色が少し薄いですね。

クチバシの質感がちゃんと出てますね。

X-E1、なかなかおもしろいカメラです。

パッと見て、お、すごいんじゃない、と思える絵が出てきますね。何も細部に目を凝らさなくても、空気感の違いがわかります。トロイけど絵はスゴイ。そんなカメラです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年1月12日 (土曜日)

GH-2で

先週X-E1で予想外の絵が出てきたため、今週はGH-2に同じ構成のBorgをつけて、同じフィールドで試して来ました。焦点距離はX-E1が35ミリ換算600ミリ、GH-2が同じく800ミリです。

Dscf0232

これはX-E1で撮ったヤマガラです。背中や顔の羽毛の精細さや発色の良さ、全体の空気感というか雰囲気など、自分としては未経験のレベルだと思いました。

P1030609

今日撮ったもので一番いいと感じたのはこのアオジです。上の写真とほぼ同じ場所、距離もほぼ同じです。

あまり差は無いかなとも思いますが、写りではX-E1の勝ちでしょうね。

P1030589

シロハラ。

P1030674

アカハラ。

P1030604

別の場所のアオジ。

P1030682

ヤマガラ。やたらにさえずってました。背中の羽毛の解像具合に差があります。

P1030721

ジョビ男君。

P1030743

ツグミ。

他にサンコウチョウにも会えました。

ここ北本は、かなりの至近距離で鳥達を見ることができるのが魅力ですね。

P1030795

おまけ。調整池にも行ってみましたが、コハクチョウとオオハクチョウが確認できただけでした。午後には気温が上がって、明らかに空気が揺らいでおり、遠距離中心のここでは厳しい状況でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年1月 6日 (日曜日)

X-E1を試す

6日、71FL+絞りM57+X-E1の構成を試すため、ごく短時間でしたが北本に行って来ました。

湿地から高尾の池に続く通路でヤマガラやシジュウカラの混群に会いました。ここは日中でも薄暗く、高感度が使えないと厳しい場所です。

Dscf0227

ヤマガラの羽毛がしっかりと解像しています。ここまでの写りは初めてのような気がします。これは絞りの効果なのか、それともX-E1の実力なのか・・・。

S0060246

うーむ。

S0130266
ちなみにこの、ヤマガラの右半身が写ったショットはISO3200です。等倍で見ても、ディテールが保たれています。

GH-2とは明らかに違う写りですね。同じような条件で比べてみないとわかりませんが、やはりX-E1は只者ではない、と言う印象です。ただ、X-E1はGH-2と比べて操作のキビキビ感はイマイチ。また、カードへの書き込み中の表示が画面全体に出るのでうっとうしいです(笑 反面、EVFでのピント合わせはGH-2よりやり易いです。MFアシストで拡大しても、GH-2のようなザラザラ感が少ないです。やはり画素数の多さの恩恵でしょう。

S0180291

ジョビ男君も久しぶり。

S0160279

シジュウカラに混じって、ヒガラ(多分)がいました。かなりピンアマで証拠程度ですが・・。

今度GH-2と比較してみます。実用ISO感度がかなり違うので、条件が揃うかどうかわかりませんが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

渡良瀬遊水地GH2初撮り

6日、今年の初鳥見に渡良瀬遊水地へ。

ベニマシコのエサ場に行くと、すぐに現れました。

P1030409

オスですが、まだ色が薄いですね。

今季初のはず。

P1030425

P1030497

池に行きましたが、ところどころ結氷していて、水鳥の姿はありませんでした。

ベニマシコのメスはいましたが・・・。

P1030471

シメもいました。

今回から絞りM57を導入しました。

効果は明らかで、被写界深度が深くなり、ピントあわせが楽になりました。というか、ピントの合っている範囲が広くなりました。

と言っても、まだほとんど絞っていない状態です。ただ、解像力が上がったかどうかは、どうも判断しかねました。それほど大きく撮れてないので仕方ないかと・・。

猛禽を待ちましたが、絞りのせいか、SSが上がらないので撤収しました。GH2ではやはり限界があります。

この次はX-E1に同じBorgセットで試写してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年1月 5日 (土曜日)

久々に正月の帰省

40年ぶりの同窓会があり(実際は4回目らしいけど)、帰省して来ました。

冬場に帰省するのはこの30年で二回目?何にしても珍しいことで。

Dscf0124
朝の港を散策。正月で誰もいません。

Dscf0113

Borgを持ってくれば良かったなあ、と後悔。結構水鳥がいました。これはカイツブリの仲間のようです。

Dscf0126

養殖カキで有名なようです。私は暮らしている頃はそんなものありませんでしたけど、魚が獲れなくなってますからね。

Dscf0130

55ミリでこの大きさで撮れるまで近づいても逃げません。人なれしたカモメ君です。

Dscf0133

久しぶりにテクテクと散歩してみました。

Dscf0215

海からすぐに山に向かって上って行く、神戸のミニチュアのような土地柄なので、家が建て込んでます。尾道もこんな感じですね。

Dscf0217

この年になると、故郷への思いが強くなってきますねえ。40年近くたっても、ほとんど変わっていない町ですから、何となくほっとします。

同窓会では参加者のほとんどに40年ぶりの再会(笑 大いに盛り上がりましたが、女性の顔と名前が一致せず、顰蹙を買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

絞りM57

以前から気になっていたBorgの絞りを導入しました。

手持ちのBorgは71FLですが、今のところこれを超える口径のものは買う予定が無く(89EDは気になりますけどね)、買うとしても50FLかなと思っているので、60ミリ鏡筒とマッチするM57にしました。

Dscf0108

と言いつつあまり金が・・と思っていたら、普段ほとんど見ないBorgのHPで「男前セール?」に遭遇。絞りM57が5000円安で出てました。B品だけど、これもまあ何かの縁だとポチりました。

一期一会・・・。

Dscf0110

B品の理由は、絞り羽の汚れ?かなと思います。写真の黒い中心の部分の右斜め下、4時半あたりの羽に小さい黒点があります。

作動は全く問題なく、取り付けた状態だとわかりません。

一番開いた状態で47ミリ径になるようです。71FLの対物レンズ直後につけると、その状態ですでに絞っているだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »