« ポジション改善を実行してみた | トップページ | レバーを交換 »

2012年11月 1日 (木曜日)

ATIリファレンスのRADEON7850

SKYRIMという、かなり重いゲームを一年近くやっている。当初からRADEONの5750ボードを使っていて、ミディアム画質でややカクカク気味の画面だったけど我慢我慢。

ところが最近になってカクカクがひどくなったように感じ始めた。仕方なくビデオボードを買い換えることに。あまり金も無いので、ATIにしました。既に最新版のドライバーを導入してあったので、ボードを差し替えるだけの簡単設置。

121020
グラフィクスが7.9と満点に近いスコアになりました。

ゲームの方も、最高画質でストレスなく動くようになりました。

最高画質だと、霧の流れる様子や水面のリアルさが段違いですね。これは交換して良かったです。

マザボやCPUは二年前に組んでそのままなので、まあスコアはこんなものかなと思います。このところ、食指を動かされるような、大きなアーキテクチュアの進歩がないので、あと二年くらいはこの構成ですかね。SSDも二個余っているし、レイドでも組んでみるか・・。

|
|

« ポジション改善を実行してみた | トップページ | レバーを交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/56006973

この記事へのトラックバック一覧です: ATIリファレンスのRADEON7850:

« ポジション改善を実行してみた | トップページ | レバーを交換 »