« アジャスタブルリンクを取り付け | トップページ | HYOD 秋冬カタログ »

2012年10月 8日 (月曜日)

立ちゴケいっぱーつ!

昨日は雨で午後しか動けなかったので、今日は朝から走って来ました。

出発前のオドは240キロ丁度。あと240キロで5000しばりが終わるので、今日でカタをつけようと。

ところが目が覚めると7時過ぎ。何とか8時頃に出発。どこへ行こうか考えながら走っているうちに、結局赤城の南面を目指してました。今日はきっと車が多いんだろうなあ。

いいペースでR353に入り、そのままいつものコースへ。デイトナでワインディングは初めてだけど、少し走っただけでポジションの必然性が何となく理解できた。確かにこういった前傾でフットレストの高いポジジョンがしっくりくる。

SRより少し遅いくらいのペースで走るが、ほとんど傾けなくてもグリグリと曲がっていく感じ。バンキングが軽い。接地感もはっきりしている。プリロードは前後ともほぼ全抜き、減衰は前後ともコムフォートに合わせてある。しなやかとは言えないが、意外と走りやすいし不安感がない。

やっぱりSSはすごい。SRの基準を大きく上回るスピードで飛び込んでいかないと、とてもタイヤを端まで使うのは無理だろう。

とまあ、いい感じでちょっと首と背中と右腕が痛くなったので小休止と思ってセブンイレブンに入った。ZR1100の隣が空いていたのでそこに入ったところで、左足を出したら、思ったより地面が遠かった。あっと思うまもなくバタンと左側にコケました(泣 実に10年ぶりくらいの立ちゴケですよ。

ZR1100氏が手伝ってくれて車体を起こしました。ありがとう。

Dsc01144
クラッチレバーがポキリ。

溝が入っているところで、意図どおりに折れてました。

実用上はほとんど問題なし。そのうち交換します。

Dsc01146

アエラのスライダーが早速仕事をしました。

結構グッジョブ。

Dsc01150

スタンドフックがスライダー代わりに。

この二つのおかげでサイドカウルは全くの無傷でした。

その他の被害としては。

Dsc01147

名前不明なれど、左側のエンジン部カバー。これはマジックでも塗ればOK。

Dsc01145

フロントのウィンカーが少し接地。

Dsc01149

タンデムステップのステーが少し接地。

他には、ミラーが少し、チェンジペダルも少し、シートカウルもほんの少し、傷がつきました。

まあ、被害としてはかなり軽くすみました。部品交換はレバーだけで済みそうです。

やはり昨日シートを下げたことで油断が生まれたか・・。

ど新車の立ちゴケにすっかり意気消沈して、あとはちょろちょろ走って2時頃帰宅。結局走行距離は220キロ弱、首や背中の痛みはほどなく取れましたが、下半身と右腕にかなり負担が来ていたようです。

やはり修行だ。 それにしてもコーナリング性能の高さには驚きました。リアタイヤはまだ両側1センチくらい残ってます・・・。

Dsc01153おまけ。自戒をこめて、シートを少し上げてみました。

両脇のロックナットの幅くらい短くなったので、シートでいうと20ミリくらい?またがった感じほとんど変わりません。

|
|

« アジャスタブルリンクを取り付け | トップページ | HYOD 秋冬カタログ »

コメント

あらーーーー、やっちゃいましたか。
こりゃまた、こけたときの装備が見事に仕事しているのを見るのもへこみますよね。
自分のK1600GTLも、いままでコケて無いのが奇跡的な感じなので、いつか逝ってしまう感じも強いんですよね(笑) スライダーとか付けないとなとは思うんですよね。
自分は、前車のGS-Aの時に、車高に慣れたので、プリロードを体重なりに戻したら、高級温泉旅館の出発の際に、仲居さんが盛大にお見送りのさなかに立ちゴケしました(笑) 着物のオネーサン4人がかりで起こしてもらっちゃいました(爆)

投稿: チャッキー | 2012年10月10日 (水曜日) 00時18分

チャッキーさん、どうもです。
最後までがんばって、足をはさみながらこけたので、傷は浅くてすみました。車重が軽かったのも幸いしたと思います。
GTLだと絶対一人じゃ起こせませんよね~。
ところで、見送りしてもらっている前でこけるのも素晴らしい体験でしたね・・・。

投稿: Well-U | 2012年10月10日 (水曜日) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/55846839

この記事へのトラックバック一覧です: 立ちゴケいっぱーつ!:

« アジャスタブルリンクを取り付け | トップページ | HYOD 秋冬カタログ »