« ポジションについて | トップページ | ATIリファレンスのRADEON7850 »

2012年10月30日 (火曜日)

ポジション改善を実行してみた

ノーマルハンドル逆転作戦を実行してみました。

Dsc01165

アエラハンドルのポジション。あえてタンクにコカンを押し付けて手を伸ばした状態です。こうして見ると、グリップの位置は着座点やや上の高さです。これくらいでも、F3みたいにハンドルが近ければ何とかなるんですけどね。Dsc01168

正面から見ると、かなりの角度で垂れているのがわかりますな。

さて、交換自体は、トップブリッジを外し、レバーやスイッチボックス、グリップ等外して、また取り付ければいいので難しいことはありません。

ただ、今回はグリップエンドというか、バーエンドのネジにロックタイトを入れたらしく、結局グリップエンドを傷つけ、ボルトのアタマをぶちきることでしか外せませんでした。それでもウェイトはハンドルに付いたまま。

なんでこんなつかみにくいグリップエンドにロックタイトを入れるのか、理解に苦しみますね。普通ロックタイトが入っていても、根気良くすこしずつトルクをかけていけばズルっと緩むんですけどね。3ミリのヘックスではトルクなんてかからない。片方はネジ穴をなめ、もう片方はどうやっても緩みませんでした。まあ、再使用不可な仕様なんでしょう。

Dsc01170

そんな苦労中のヒトコマ。まだアエラが付いた状態。

結局4時間くらいかかりましたが、そのうち半分はグリップエンドの取り外し作業。

回り止めのゴムシートやら3ミリのヘックスソケットレンチやら、結果的に無駄な買い物も。

Dsc01190

交換後のポジション。

手の位置が5センチ以上上がりました。上体もごく普通のアップハンくらいの傾きです。見晴らしもよくなり、シート前後の動きにも余裕ができました。

Dsc01192

垂れもほとんどなくなりました。

20キロほど乗ってみましたが、上体や首がかなり楽になり、これなら400キロくらいのツーリングもいけるかも、と思わせます。ただ、K1200Sに乗っていたときのように、タイヤの端まできれいに使うことはできていません。

ハンドルの開き具合は微調整が必要でしょうが、当分はこれで行ってみようかと思います。

ただ、垂れ角があまりに少ないのは、それはそれで乗り難いですね。

アエラのハンドルなら、2度分垂れるはずなので、グリップエンドのウェイトを何とかして外してからトライするかもしれません。

この作業のために、トップブリッジのナットを外す38ミリのボックスレンチを買いました。2000円弱。せっかくなので、そのうちこのボルトをサードパーティのものに交換してみようかと思います。その時にアエラに戻す、ただし逆転で、というのもありですね。

ネタ元の方の場合、リザーバータンクの取り回しやレバーの角度調整に苦労されたようですが、自分の場合は全くそんなことはなく、適当にやったらOKでした。何故?ひとつには、アエラハンドルに交換した際に、リザーバータンクがトップブリッジマウントに変わっていたことが大きいと思います(ハンドル付属のステー使用)。細かな仕様変更があったのかもしれませんね。

|
|

« ポジションについて | トップページ | ATIリファレンスのRADEON7850 »

コメント

こんばんは。初めまして。
2008年式のデイトナ675に乗っているものです。
デイトナのポジションがキツくて困っており、何とか緩和できないかと検索して、こちらにたどり着きました。
ハンドルの左右入れ替えは非常に効果がありそうですね。是非試してみたいと考えています。
トライするにあたり、下記情報をご教示頂けませんでしょうか。
①転倒時の回転を防ぐために純正ハンドルはトップブリッヂにも固定されていますが、左右入れ替えても固定可能でしょうか?
②スイッチボックスの回り止めの穴は新たに開けましたでしょうか?
他にもアドバイスありましたら、ご教示お願い致しますm(_ _)m

投稿: やす | 2013年6月18日 (火曜日) 00時08分

やすさん、初めまして。ご訪問ありがとうございます。ポジ、きついですよね。
早速ですが、
①に関しては、私は気がつきませんでしたので、固定はしていません。最初からアエラのハンドルに交換してもらっていたので・・。
すみません。多分ハンドル付け根のワッカ部分から出ているステーがそうなんですかね。位置的には多分工夫すれば可能ではないかと思います。
②は、開けました。貫通しなくても大丈夫です。アルミなので比較的楽でした。
それと、既にお気づきかもしれませんが、純正ハンドルのグリップエンドは結構簡単に外せるんですね。私はディーラーが教えてくれなかったので大変苦労しましたが・・。ハンドルの穴から見える爪を押さえて引っ張れば簡単に抜けます。

投稿: Well-U | 2013年6月18日 (火曜日) 11時32分

貴重な情報ありがとうございます!
ハンドルは、ワッカ部分から出ているステーで固定されています。工夫して取り付けれたらいいですが、マストではなさそうですね。
38mmソケットやドリル等、必要工具を揃えてトライしてみます。
実施したらブログにUPします。

投稿: やす | 2013年6月18日 (火曜日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/55992586

この記事へのトラックバック一覧です: ポジション改善を実行してみた:

« ポジションについて | トップページ | ATIリファレンスのRADEON7850 »