« デイトナ675R サスの出荷状況 | トップページ | ハンガーゲーム(ややネタバレ?) »

2012年9月30日 (日曜日)

二台体制のココロ

さて、デイトナ675は当初あまりアタマになかったんですが、SRと三気筒マシンとの二台体制で行ければいいなあ、とはアグスタF3が現実化した頃から漠然と思っていました。

実際、F3にまたがってみて、このポジなら何とかなりそうだと感じてからかなり本気で検討を始めました。結果的にデイトナ675Rに落ち着いたわけですが、経緯としては以下のとおりです。

①F3は騒音規制の関係からリミッターが8000回転強で作動し、実馬力は80PS程度。これをフルパワー化するためには、10万程度の出費と、公道走行不可のリスクを負う(メーカー保障が打ち切られる可能性も高い)

②F3とブルターレはともに800CC版を開発中。それじゃあトラと一緒だと思って急速に興味が失せた(笑

③ところで、F3が出る前から三気筒の存在は気になっていて、当時はスピードトリプル或いはストリートトリプルのことしか目に入ってなかったけど、何だかデザイン的に無理(笑

④デイトナ675はSSなので端から気にかけていなかった。ところが、デザインは結構いいし、パフォーマンスは国産車を押さえて高い評価を長期間得ているらしいことがわかった。実際乗ってみると、F3よりポジがきつく、いくら「慣れです」と言い切られても、不安は残ったものの、一回はチャレンジしてもいいか、みたいな気持ちになってきた・・。

⑤決め手は、前後オーリンズにブレンボキャリパー等をおごった、色使いもかなり好みのRが、試乗車とは言えかなりの好条件で出ていたこと。この時点で、デイトナは2013年モデルでフルチェンジすることもわかっていたけど、例の排ガス、騒音規制の対応もわからないし、まあ当面は気に病まないことに決定(笑

と言ったことでした。そんな話どーでもいいよ、ってことでしょうが、55歳過ぎてからSSに初めて乗るっていうのも一興かと。

SRは楽しいバイクです。エンジンはほぼ最低限必要なパワーを得たと思うので、あとは足回りなんですが、当面は(というか多分ずっと)18インチ、フロントノーマルサスで行くつもりです。ただ、ノーマルリムのままチューブレス化はする予定です。あとは減衰バルブも放置しているのでいずれは・・・。

SRはツーリングと峠めぐりに。最近、舗装林道のクネクネ道を走るのがかなり楽しくなってきました。こういったコースは整備状況は必ずしも良くなく、落ち葉や湧き水の影響などで走りにくい場合がかなりありますので、軽くて視点が高いSRは好都合です。

デイトナはコースを選んでライディング練習に。サーキットを走る気は今のところ無し。

まあ、そういう使い分けで楽しみたいと思います。

|
|

« デイトナ675R サスの出荷状況 | トップページ | ハンガーゲーム(ややネタバレ?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/55734452

この記事へのトラックバック一覧です: 二台体制のココロ:

« デイトナ675R サスの出荷状況 | トップページ | ハンガーゲーム(ややネタバレ?) »