« 今日の会見で野田さんを見直しました | トップページ | Daytona675Rに乗ってきました! »

2012年9月 1日 (土曜日)

トライアンフの675に乗ってきました

F3のポジションが意外に厳しくなかったので、かなりその気になったんですが、やはり8000回転くらいでリミッターがかかってしまうのが気になり・・・。解除に10万くらいかかるらしく、メーカーの保障もその時点で無くなるというのは大きい・・・。それはブルターレも当然同じだし、そのうち同じ3気筒で800もでるみたいだし・・。

何だか、アグスタよりもトライアンフのほうがいいかも、などと思い始めました。何といっても安いし(笑

ということで、デイトナ675とストリートトリプルRに試乗してきました。

Dsc_0121

試乗車は2センチローダウンしているそうです。足つきはF3とあまり変わらず、問題なし。

ただ、ポジションはF3より相当厳しいです。ハンドルが遠いし、低い。昔乗ったF4ほどではないですが、首が痛くなりそうな感じです。走り始めてみると、慣れないポジションのためフラフラします(笑

音も、ピューみたいな結構高い音が。6000くらい回すとゴーっという感じ。ただ、トルクは低回転から十分にあり、二気筒のようにドカンと前に出るまでではないですが、ストレスなく走れますね。アクセルもクラッチも軽く乗りやすいです。

続いて、ストリートトリプルR。こちらはポジションはSRに近く、もう少しハンドルが低く広く、上から押さえるような、外車ネイキッドにありがちなポジション。足つきは意外にもこちらのほうが悪く、シートの幅広さが災いしているようです。ノーマルのデイトナにもまたがってみましたが、やはりデイトナの方が足つきは楽な感じですね。

ネイキッドは振り回しやすく、自分にとってはデイトナよりも楽しかったですね。ブレーキはニッシンのラジポンとラジアルマウントキャリパーが付いていましたが、ブレンボより利きがダイレクトな感じで、セルフサーボ効果も強め。

SRを買い換えるなら、迷わずストトリでしょうね。

二台持ちならデイトナ。どうせならR。

うーん、どうしよう。

|
|

« 今日の会見で野田さんを見直しました | トップページ | Daytona675Rに乗ってきました! »

コメント

トラだとデイトナ675は、結構売れてるみたいですね。自宅から徒歩2分のトラのディーラーの店長が言ってました。1000ccクラスはとうの昔に、公道上ででは全く回せなくなってるのもあるんでしょうね。
ポジション的にはどうみても、ドM向けな感じだから、サーキットまでの自走も勘弁してほしいくらいな感じですか?

投稿: チャッキー | 2012年9月 2日 (日曜日) 14時58分

チャッキーさん、どうもです。
まあ、昔のF4Sやドカの996あたりとは違いますね。このあたりのバイクは信号待ちでタンクに手をつかないと上体が起こせなかったのを覚えてます(笑 デイトナはそこまでではないです。多分100キロくらいは普通に走れます。そこから先はわかりません・・。

投稿: Well-U | 2012年9月 6日 (木曜日) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/55555997

この記事へのトラックバック一覧です: トライアンフの675に乗ってきました:

« 今日の会見で野田さんを見直しました | トップページ | Daytona675Rに乗ってきました! »