« 651FIをじっくり試乗 | トップページ | 花見 »

2012年4月 7日 (土曜日)

デロンギのエスプレッソメーカーを買った

自分はコーヒー好きなほうである。1日3~4杯は飲む。今まではアメリカン一辺倒だったが、最近エスプレッソやカプチーノにも興味が湧いてきた。

シアトル系やら日本のカフェチェーンがショッピングモールに入るようになってから、家族の付き合いで飲むことも多くなった。決まってアメリカーノとか、ラテ。どうも焦げ臭いというか、深煎りの豆で淹れたコーヒーはイマイチだなあ、と感じていたが、最近だんだんと慣れてきた(笑

で、最近近場に大規模ツタヤが開店し、そこにタリーズが出店しており、ツタヤの本が原則として持ち込み自由という画期的な事態が(笑 当然、タリーズで粘るわけだが、ためしにカプチーノを飲んだところ、なんだ結構いけるやんか、ということになり・・・。

そういう流れでコーヒーメーカーというか、エスプレッソメーカーが欲しくなって色々と研究(一週間だけど)。

Esam1000sj

結果デロンギの「ESAM1000SJ」に決定。

価格COMのコーヒーメーカージャンルの満足度では10位以内にエスプレッソメーカーが6機種入っている。1位、2位、4位、6位、7位、9位。1位と6位がデロンギで、残りはネスレ。ESAM1000SJの満足度は6位。1位は10万でこれは4万強。ネスレはどれも2万から1万の範囲。ネスレのものは基本的にできあいのコーヒーパックのようなものを使い、豆や味の自由度は少ない。その代わり、スイッチ入れてほおっておけばできてしまうパターン。デロンギは基本的にパックではなく、豆から挽くこともできるし、粉を使うこともできる。1位との価格差6万はメニューの多さとコンパクトさが大きいようで、まあそこまでは必要ないはず。

パックを買うのは面倒だし、ちょっと高いけどデロンギに決定。

で、1週間ほど使ってみたけど、結構満足してます。タリーズのエスプレッソ用の豆を使っているので、店で飲むのとほぼ同じ味のカプチーノが楽しめます。かなり幸せですね。

気になる点としては

1.作動音が大きいと言えば大きい。比較したわけではないけど。

2.抽出時間自体は短いが、カプチーノを作るときのように、エスプレッソ抽出からフォームドミルク作りに移る際に、モード切替時間が長い。計ってはいないけど、3分くらいかかっているのでは。逆の手順の場合もほぼ同じ。

くらいかな。コーヒー好きにはいい買い物だと思いますよ。

|
|

« 651FIをじっくり試乗 | トップページ | 花見 »

コメント

デロンギ、って私的にはオイルヒーターメーカーなんですけど、白物総合家電メーカーなんですね。

私もコーヒーは好きなんですけど、面倒くさくてカビを生やしてしまうので、缶コーヒーオンリーです(笑)
どうも飲み食いには執着が足りません。

投稿: くろムル | 2012年4月 9日 (月曜日) 07時59分

くろムルさんおひさです。
私は缶コーヒーはダメなんですよ。
人それぞれですね(笑

投稿: Well-U | 2012年4月12日 (木曜日) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/54371703

この記事へのトラックバック一覧です: デロンギのエスプレッソメーカーを買った:

« 651FIをじっくり試乗 | トップページ | 花見 »