« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火曜日)

北本自然観察公園20120226

久しぶりに北本を覗いてきました。

まず北方面、エドヒガンザクラ奥の梅林に行きましたが、鳥の気配は無し。2年前はミヤマホオジロでにぎわったところですが、去年、今年と人の気配もありませんね。

続いて、高尾の池から一夜堤方向へ。途中エナガとシジュウカラの混群が通過して行きましたが、あまりの至近距離にBorgを調整しているうちにいなくなってしまいました。ピンボケが一枚だけ。

メジロもうまく撮れず、かろうじてシロハラをキャッチ。今期は初見かな?

引き返してしばらく行くと、木の枝にシロハラが止まっていました。

P1010462

背中を向けていたので、結構近づけました。

P1010471

同じ場所でジョビ男君も登場。そう言えば今期初見?

P1010487

アリスイは全くダメみたいなので、子供公園はパスして、気温も上がらないので帰ってきました。

秋ヶ瀬公園のヒレンジャクもダメみたいで、今年は低調ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年2月26日 (日曜日)

困りました

Dsc00960

今日秘密基地でシャフト交換の際、いい色に焼けたよな~って眺めていると気がつきました。丁度オイルフィルターの真下あたりのエキパイ部分が接地していたようです。

以前一般道を走っていたときに、写真に写っているボルト部分が接地したことはあるんですけどね。エキパイは多分イワイサーキットを走った時だと思います。何回かジャリジャリいってましたが、あのボルトだよね、と気にもしませんでしたが。やはりクランクケースの真ん中あたりを通さないとだめなんでしょうね。今後17インチ化するとかで車高が下がったら、なんとか対策しないと穴があくかも(笑

ヤフオク行きか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中空フロントアクスルシャフト装着

今日秘密基地でボアのフロントアクスルシャフトを装着。

Dsc00961

外したノーマルシャフト。結構硬く締めてあったみたい。グリスとか全く塗ってなかったですね。

Dsc00964

デジタル秤では512グラフありました。写真はありませんが、秘密基地で同じ秤で計った結果、ボアの中空シャフトは299グラム(カラー含む)でした。

213グラムの軽量化は大きいと思いますねえ。

Dsc00957

Rピンってこんな付け方でいいのか?

Dsc00958

中空です。

Dsc00959

表面処理をしているようで、ちょっと色が違った感じですね。

交換後、まず秘密基地隊長が試乗。

「かちっとした」。

ふむ。まあ、200グラムくらいならそんな感じだろうな、と。

足回りをどうするか、散々話したあとに、じゃあ、ということで帰ることに。

さて、どんなことになったのか、と注意して走ったけど、ほとんど違いがわからず(笑

減速帯のペイントを通過すると、その凸凹がはっきりわかるのは、違いと言えば違いかも。

軽量化できたのは確かで、わずか8600円なので全く問題無しだけど、びっくりするほどの効果は感じられず。鈍感です。すみません(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月20日 (月曜日)

一ヶ月ぶりに渡良瀬遊水地をのぞいてみた

1時間くらいしか時間は無かったものの、のぞくだけでも、と行ってみました。

P1010217

池の近くの藪から飛び立ったハイイロチュウヒ♀。2,3回旋回したのち、またもとの藪の近くに降りました。

P1010361

これはノスリですかね。

一ヶ月前に比べて人が少なく、閑散としてました。

うるさいのは旧車族だけ。

走りながらちらっと見たところでは、谷中湖の水がすごく少なくなっていて、ほとんど底が出るくらいになっているようでした?

今日はGH2のAFを使ってみましたが、やはりトビモノには不向き。特に空バックに鳥一羽のような場合だと、ずっと中心に鳥を据えていてもAFが行ったり来たりすることがしばしば。結局、マニュアルに切り替えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月19日 (日曜日)

ボアエース中空アクスルシャフト

確か10月頃にボアエースのHPで告知され、その直後に申しこんだ記憶がある「中空アクスルシャフト」。半年近くが経過し、やっと届きました。

Dsc00943

勢いでリアも頼みました。

Dsc00944

秤のメモリが変でわかりにくいですが、フロントは約310グラム。

Dsc00945

リアは約380グラム。

Dsc00948

Rピンも付属。

表面処理しているようですが、削っているのかどうか、素人目には判然とせず。ただ、Rピンを差し込む穴にはバリが残っていたので、加工したもよう。

今日、秘密基地(笑 に見せびらかしに行った所、ノーマルのフロントアクスルがあり、比べてみると100グラムくらいは違う感じでした。

来週交換して走ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月11日 (土曜日)

恐るべし651FI

今日、早速AAAに出かけて、651FIを試乗してきました。

Dsc00928

トラッカー風にまとめてます。

どうやら急遽まとめたようです。ハンドルは自分のと同じ。フロントサスはノーマルベースをWMで調整し、チタンコートしたもの。リヤはノーマルのアームにWP。タイヤは90/90と120/80の18インチTT900。

カーボンのフェンダーやLEDウィンカーなど、結構軽量化しているみたい。本当はリアをモノサスにしたかったらしいです。

Dsc00930

フロント周り。ヘッドライトはハーレーのVロッド用。ノーマルの半分くらいの重量らしいです。

Dsc00931

メーター周り。

アントライオンのステムとモトガジェットのメーター。見るからに軽そう。ただ、急ごしらえのため、ニュートラル等のインジケーターは無し。

押し引きすると、あきらかに自分の車両より軽い。メーターやヘッドライト周りが軽く、さらにチューブレスになっているから?。

キック4回でエンジン始動。それなりに重いが、思ったほどではないというか・・。

走り始めると、トルクの違いが歴然。減速比はかなりロングになっているらしいけど、ローの出足からして全く気を使う必要が無く、アイドリングから適当にクラッチミートしてもスルスルとスピードを乗せていく。6000くらいまで回してシフトアップしていくが、500FIと比べて明らかに振動が少なく、何と言うか楽。特に5000以下の振動の少なさは特筆もの。あっという間にサード5000回転、85キロ弱まで加速していく。500だと78キロくらい?。

SR本で小川氏がコメントしているような、全てのバイクを置き去りにするほど、ということは無いと思うが、先日試乗したハイパーモタードと、100キロくらいまでならいい勝負だと思う。

Dsc00932
エクセルのブラックリムにゴールドのリムテープ。なかなかいい。

Dsc00935

シートにジェルが入っているらしい。通常のシートの一番上に薄くひいてあるとのこと。表面を押すと柔らかく沈むが、奥はコシがある。このシートはなかなかいいかも。なんでオレのはこれじゃないの?   まだ試作品らしいです(笑

ちょっとアクシデントがあり、あまり長い試乗はできなかったが、エンジンの良さはよくわかった。一方足回りはまだ調整不足で、ちょっとしたコーナーをこなしただけで詰め不足が感じられた。

低回転から太いトルクを発揮し、それでいて振動は少ない。回転のつながりも良く、7000までストレスなく使いきれる。振動の少なさは、ニッケルボロンメッキやDLCコートによるところが大きいようだ。500FIは無し(笑 ところでこのメーターは最高速が記録されるらしく、一般道の試乗で最高速はぬふわ丁度。まったく恐怖感も頑張った感もなく、気がついたら出ていたって感じでした。

さてさて、エンジンはいい。ハイパーモタードといい勝負、ただし100キロくらいまで。SRもこんなに速くなると、足回りを相当いじる必要があるだろうなあ。ハイパーモタードを買うくらいかかってしまうのではないだろうか?でも足つき厳しいし、1台だけだと・・・。

うーん、迷います。

(追記)

651FIの仕様。

エンジンは、96×90の651CC。詳しくは雑誌を、ってことですが、トレッセルのピストンやバルブスプリング、大径バルブ、上述のコーティング等で約48PS、6キロ弱のトルクを出しているようです。AAAの社長によると、キャブ車の場合、ボアを拡大して排気量アップすると、摺動抵抗や燃焼室の大きさの関係でパワーアップが難しくなっていくらしいです。その点、FIだと細かい燃調が可能なので、なんとかなるとか。この車両の場合、ピストンリングのDLCコートやアルミスリーブのニッケルボロンメッキの効果で振動が少なく、キックもそれほど重くないのでは、ということでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年2月10日 (金曜日)

本日発売

02071640_4f30d5616c3fe RC誌のSR本が発売になりました。

昼休みにBooK1stまでダッシュして買ってきました。

わがSR500FIはきれいな写真で載せてもらっていました。さすがプロですね。

記事もざっと読みました。おおむね予想の範囲ですが、自分に関して間違いがあります(笑 AAAに聞いただけみたいなので仕方ありません。

「40代で・・」となってましたが、50代です(笑 シラガまじりの40代と見られてたのか・・・。

「BuellやBMWも所有して」うーん、確か以前乗ってたとしか話してなかったと思うんですけどね。

まあ、どうでもいい話ですが。セールスマンが狙っておしかけてくるわけじゃなし(笑

他には、SRの可能性を追求したくて・・などとあり、まあ確かにそのとおりなんだけど、このところ少しぐらつき気味なのはご存知のとおり。

AAAの店長から聞いた、SR651FIの試乗記が乗っていて、興味をひかれました。まあチョウチンもかなりあるんでしょうが、店長のリクエストに答え、試乗してみようと思います。まだ車両が返却されていないと思いますけどね。

SR651FIは、96パイのピストンと、あとはクランクピンのオフセットによって実現しているみたいです。トレッセルのビレットシリンダーは使っておらず、AAAのスリーブ打ち換えの手法ですね。ストロークを伸ばした分、若干短い500のクランクを使用することで、シリンダーにスペーサーかますとか、カムチェーン交換とかを避けているようです。ただ、圧縮比が11以上になってしまうので、燃焼室やピストンを削って10台に収めているとか。コスト的には595にするのとあまり変わらないのでは、というのが店長の話。

試乗してどう感じるか・・。楽しみですね。場合によっては、ハイパーモタードやめてとことんSRで驀進・・ってなるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年2月 9日 (木曜日)

D800Eが出ますね

ニコンがD800とD800Eを発表しましたね。

かねてから噂されていたD4とD800、ほぼ予想通りの時期に発表されたわけですが、DXのハイアマチュア機、要はD300の後継機に関してはどうなっているのか不明です(笑

D800のスペックを見ると、前モデルで不足感というか不満感のあった画素数を3倍に増やしてきた点を除いては、基本的に正常進化というか、「まあそうでしょうね」という感じで視野率が100%はいいけど、驚きはないです。

002

ただ、D800E。「ローパスフィルターの効きを無くした」超高解像度仕様の存在は気になりますねえ。オリンパスだったか、ローパスフィルターの効きを抑えたのがあったと記憶してますが、「無い」とどうなるんでしょう?

モアレや偽色の発生は仕方がないんでしょうが、それをある程度抑制できるような処理エンジンができた、ということなんでしょうかね。効きをオンオフできるような機能は無理なんでしょうね。

ただ、機種として設定する以上、それなりに使えるということでしょうね。非常に興味ありますが、高いのですぐには踏み切れませんね。

それにやはりD400が存在するのかどうか、気になります。D800はDX相当でも1600万画素になるので、今のニコンのDX機と同等の画素数です。高感度特性を考えた場合、DXであまり高画素化するのもどうかと思うし・・・。どうなるんでしょうね。

連写性能自体は大したことないですが、最近は連写枚数よりは動画機能のほうが実用上重視すべきかなと感じ始めました。つまり動画から切り出したっていいじゃんということですけど。鳥なら十分かなと思います。

バイクに乗れなくなったら、ロクヨンとニコンで鳥だよな、と思ってるんですが、まだ10年くらい先かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年2月 7日 (火曜日)

cycle-ergo.com

HyperMotardの足つきで検索してたどりついたサイト。

なかなかおもしろいです。メーター表示にして、身長、股下、リーチの比率等を調整すると、大体のライポジやひざの曲がり角等が表示されます。まあ、絵的には適当なものなのでそこそこですが、網羅されているモデルが豊富(Nudaもある!)で、シート高も表示されるのでなかなかにお役立ち度は高いです。

「Inseam」という言葉がよくわからなかったけど、多分股下寸法のことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 5日 (日曜日)

HyperMotard796に乗ってきた

土曜にSRを引き取った帰りに、ドゥカティ南埼玉さんによってHyperMotard796を見てきました。丁度試乗車があったので、またがってみました。

んーー、ツンツンです。でもまあ、片足だけなら何とか指の付け根までがつくので何とかなるかな、という感じ。アンコ抜きしないと、立ちゴケは絶対確実だろうけど。

で、別の予定があったので試乗はせず帰って来ました。

ところが今日、たまたま越谷方面に行く所用ができたため、帰りにまた鳩ヶ谷に回り、試乗させてもらいました。

エンジンをかけると、音量はそれほど大きくないけど乾いた排気音。アクセルに対する反応も軽い。まず操作系の軽さにびっくり。アクセルは軽いし、クラッチは全く力不要。何の抵抗も無く握れる。こんな軽いクラッチは初めて。BMのボクサーツインの乾式クラッチも軽かったけど、比較にならない。

「ローは普通のバイクのセカンドくらいですから、気をつけてください」という言葉に送られて出発。確かにクラッチをつないだ瞬間はとろいが、3000くらい回すと普通に出ていく。で、そこからのスピードの乗りがめちゃくちゃ早い。この時点でSRはおいていかれるな(笑

アクセルの軽さも要因だとは思うが、とにかくツキがいいというか、アクセルに対するダイレクト感が素晴らしい。60キロまではSRも何とか着いていけるだろうけど、そこから先は排気量の違い以上の差があるような・・・。そういえば、HyperMotardのボア×ストロークは88×66。ボアはSR400とほぼ同じ。ノーマルSRのシリンダーが二つついているわけで、その割にはパワーはすごいし、振動も少ない。振動に関しては、やはりLツインだからか。

Dsc_0072

サスはあまり動いていない感じで、もう少しプリ抜かないと自分の体重では硬すぎるというところ。

ダブルディスクのフロントブレーキは、効きに関しては極く普通。ノーズダイブは少ない。キャリパーはブレンボなんだから、ラジポン入れたいところ。

Dsc_0076

車体が軽いので、レーンチェンジや切り返しも軽いし、街乗りペースだと欲しいパワーがすぐ取り出せる感じがとてもいいし、乗っていて楽しい。このあたりは、4気筒エンジンの、回転の上がりを待たないといけないフィーリングとは違う。正直、K1200Sを5000くらいまでで流すのといい勝負だと感じた。もちろん高速道路では勝負にならないけど。6,7キロくらいの試乗だったので、コーナリングは試せなかったが、ちょっと癖がある感じはした。広いハンドルバーの扱いに慣れれば何とかなるのかもしれない。

ここでまとめ。

良いところ。

・操作系が軽い

・アクセルレスポンス、ダイレクト感が素晴らしい。

・SRに慣れているからか、振動は気にならない。

気になるところ。

・やっぱり足つき。仮に買ったとしたら、多分何回かは立ちゴケしそう。

・音が静かでおもしろくない。

足つきとハンドル以外は、かなり自分の理想に近いバイクです、というのが第一印象。SRも目指すところは同じだけど、このレベルにするにはあといくらかかるやら・・・。

ドゥカティ南埼玉さんでは、レンタルバイクもやっているようなので、一度じっくりと乗ってみようかと思います。それまではSRにあまり手を入れるのはやめようか・・。あ、ボアにアクスルシャフト頼んであった・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 2日 (木曜日)

ドゥカティさんからのお墨付き

Start Ducatiというサイトを覗いてみると、質問に答えると「あなたに最適なドゥカティをご紹介」というコンテンツがあったのでやってみました。

「大型免許を持っている」○

「いわゆるリターンライダーだ」○

「ツーリングに行く機会が多い」×

「街中をスタイリッシュに駆け抜けたい」○

「大は小を兼ねると思う」×

「コーナリングの楽しみを追及したい」○

全部の質問を出すとおもしろくないので割愛(笑

結果は「あなたに最適のドゥカティは  HYPER MOTARD 796」と出ました。

もう運命かもしれない(爆

このサイトのトップ、パニガーレのPVはすごいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 1日 (水曜日)

今後について考える

わがSR500FIが雑誌に載るとのこと。

K1200Sに乗っている頃は都合3回?掲載され、その都度インタビューとか顔写真も載ったけど、なぜか手元には一冊も残ってない(笑

今回は車両だけなので、多分名前も出ないと思います。RC別冊?2月10日発売だそうな。

ところで、今後のカスタムの方向性について悩み中。細かいパーツとか、アントライオンとかボアとかは別にして、足回りやるかどうか・・・。ここまでで車両代込みでDAEGを買ってお釣りがくるくらい。足回りに行くと、もちろんメニュー次第だけど50から80くらいかかりそう。そこまでやって、一体どんなバイクになるんだろう???当然17インチ化、フロントは3MAとかに交換、スイングアームも?

ここまではかなり満足していて、まだ完全にリハビリできてないヘボには十分かなと思ってるんですが。だからこのまんましばらく乗るのは全く問題ないんだけど。そうするか・・・。でもSRに乗ってるんだからいじってなんぼでしょ、みたいな気持ちは常にあるんだよねえ。AAAには寄り付かないほうがいいのか(笑 F4買えるくらい金使っている人はいっぱいいるんですけどね。そこまで逝くんだったら、むしろ別のバイクに手を出したほうがいいかなあ、という悪魔の囁きも(笑

リターンするに当たって、どうせなら乗ったことないブランド、エンジンレイアウトに乗ろうと思っていて、シングル、トリプル、ドカ、グッチ、アグスタ、ビモータ(笑・・。こんなところで検討しました。以前ほどバイクに金投入しちゃあかんという気持ちもあって、アグスタとビモータは早々に消去。

Streettripleblack

で、当初の大本命はこれ、トライアンフのスピードトリプル。基本的にリッターオーバーは重いし、パワーも含め扱いきれないだろうと思ってたので。100HPまでならなんとかなるかなと。

トラは安いし、3気筒はどんな感覚なんだろうと興味がありましたね。結果的には、いじるのも面白いかもというのと、そういえば単気筒は乗ったこと無いなということでSRにしましたが。

その後、アグスタから3気筒が出るって話がありましたね。

Bru3image

現地では1万ユーロしないみたいだし、日本でも多分125くらい?デザイン的には、トラよりいいのは明らか。これも気になる。

で、色々考えていた中で浮上してきたのがドカ。

Hm796_2012_amb_11_1920x1280_mediaga

ドカの中でも最低価格帯だけど空冷2気筒で軽く、とんがったスタイリング。

モタードはシート高いから除外してたけど、これはそれほどでもないらしい。

どうしましょうか。

以前2台所有していたこともあるけど、似たようなキャラだと楽しいほうにしか乗らなくなるし・・。まあ、2台体制で車検契機にどっちか売却ってのもありですけどね。

ブル675(いつ出るんだ?)とハイパーモタード796に試乗して決めますか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »