« ナイトロンの状況 | トップページ | ヘッドレスポンス取り付け »

2011年12月 4日 (日曜日)

オイル交換は悲惨なことに

走行距離が3000キロを超えました。

1100キロ時点で500CC化した時にMotulを入れたらしいので、2000キロ走行でオイル交換です。

Dsc00857

事前に情報収集していたので、準備万端。ドレンの下にガムテープを貼り、オイル受けもスタンバイ。

勢い良く出ないように、オイルタンクのキャップは緩めず。

で、ドレンを外したとたん、ピューっていう勢いでオイルが飛び出し、前輪にビチャビチャッとかかる。予想外の事態に一瞬固まってしまい、コンクリートの床がオイルだらけに・・。

オイルパン横のドレンはちょっとなめてしまうし、オイルクリーナーからも予想外にオイルが。まあ、初めてなんで仕方ないけど、こんなにひどいことになるとは。

気を取り直してMotul300V 4Tの15-50Wを入れて、こぼれたオイルは砂でゴシゴシ。なんとか落ちたと思います。やれやれ。

この次はうまくやります。

|
|

« ナイトロンの状況 | トップページ | ヘッドレスポンス取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/53405852

この記事へのトラックバック一覧です: オイル交換は悲惨なことに:

« ナイトロンの状況 | トップページ | ヘッドレスポンス取り付け »