« タカ・ファインレザー・ジャパンの作品展示会 | トップページ | ナイトロン取り付け »

2011年11月 7日 (月曜日)

NITRON Twin Shock Street Series

SRのサスのヘボさは実感済み。それほど感覚鋭くないので、フロントとリアどちらが原因かなんてわかりません。まずはリアから固めるのが鉄則のようなので、それに従い、オーリンズやビチューボ、YSS等色々検討したけど、AAAでの評価が高いナイトロンに決定。社長のご意見では、オーリンズはSRと相性イマイチらしい。

金が無いのでリザーバータンク無しのストリートシリーズ。金が無いので通販(笑

10月半ばに注文したところ、納期回答は11月中旬。その後、わざわざ12月初めになりそうと納期訂正があったのに、いきなり10月末に発送しましたメール。何じゃそれ。

ということで現物確認。

Dsc00810

こんな箱に入ってました。

Dsc00819

なぜ上下のエンドアイにタイラップが入っているのか?タイラップを切り取ったらすぐ答えが出ました。

両側にOリングとアルミキャップが入っていて、それがぽろっと外れます。

Dsc00821

アルミ削り出しパーツの集まりです。

ちなみに、一本あたりの重量は約1.2キロ。ダンパーロッドの直径は約1.4ミリ。

ノーマルは一本あたり約1.7キロ。ダンパーロッドの直径は約1.25ミリでした。サス換えるだけで1キロの軽量化ですよ。これはすごい。

(取り付けに続く)

|
|

« タカ・ファインレザー・ジャパンの作品展示会 | トップページ | ナイトロン取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/53160452

この記事へのトラックバック一覧です: NITRON Twin Shock Street Series:

« タカ・ファインレザー・ジャパンの作品展示会 | トップページ | ナイトロン取り付け »