« AAA走行会@イワイサーキット20111120その2 | トップページ | ソニーの3D録画双眼鏡DEV-3 »

2011年11月22日 (火曜日)

サーキット走行後の考察

タイトルほどたいそうなものではありませんが。

ノーマルタイヤでサーキットを走ってみての感想や今後のプランなどをつらつらと。

まず自分のSRの状況ですが、ホイールとタイヤ、フロントサスはノーマル。タイヤは6分山くらい。ブレーキはブレンボのラジポンとメッシュホースだけ。エンジンは何回も書いているので割愛として、外装部品の交換等で、多分車重は165キロ以下だと思います。車重についてはぜひ一度計ってみたいんですが、そういうサービスないですかね?

走ってみて感じたこと。と言っても、コーナリングスピードは一般道レベルで、それほど攻め込んでもいないという状況ですが。

グリップは不足無し。パワーをかけてコーナリングする場面が無かったことも原因かなと。タイヤを見ても、一般道よりはちょっと端まで使ってましたが、そんなに磨耗しているわけでもなく、きれいなものでした。ハイグリップタイヤを履いていればもっと違った攻め方ができただろうなあと思います(気分的に)。

以前気になっていたフロントのノーズダイブですが、非常に改善されていて、まあリアブレーキを早め強めにかけていたこともあるんですが、やはりリアサスの効用かと思います。

では、イワイを気持ちよく走るための対策。軽量化とかパワーアップは普遍的なので除外。

①タイヤをハイグリップ化する・・・サーキットじゃなくてもノーマルタイヤをわざわざ入れる人はほとんどいないと思います。タイヤがものを言うのは、多分奥の複合コーナーだけだとは思いますが(笑

②サスはいじらなくてもいい。とりあえずリアは満足。セッティングをいじることはあっても。フロントは意外と不足無し。リアがカバーしている?イワイを走る分には、もう少し柔らかめでもいいかも。と言いつつどれだけストロークしていたかは不明ですが。

③ファイナルはもう少しショートのほうがいいかも。ノーマルだと走りやすいかな。基本的に1速でコーナリングするようなウデはないので、2速と3速をうまく使っていきたいということですね。2,3速だけで走るには、ファイナルのショート化とハイカムってことでしょうか。

④ブレーキ強化。やっぱり、せめてブレンボキャストと300くらいのディスクは最低必要。

Dsc00838

この次はいつ開催なのか知りませんが、コツコツと進めていきます。そうすればツナギ組と走る気になるかも。まずはタイヤだけど、まだ山が残っていてもったいない。参加していたSRのリアタイヤを見て回ったけど、一番細いのはAAAレーサーの120でした。半分はラジアル化+17インチ化していたようでした。自分の使い方から考えて、ラジアル化はしなくてもいいですね。となると、わざわざ17インチにする必要も無い。もう少しクイックなハンドリングが欲しいけど、18インチでも何とかなるでしょう。

|
|

« AAA走行会@イワイサーキット20111120その2 | トップページ | ソニーの3D録画双眼鏡DEV-3 »

コメント

バイクもエンジン全開ですね。
怪我をしないように頑張ってくださいね。

投稿: 亀さん | 2011年11月23日 (水曜日) 00時27分

はじめまして~、こんにちわ♪
先日のイワイでも走っていた者です。
(紫サンバーストのSRです)
SRFI検索のネットサーフィンしていて
こちらにお邪魔させて頂きました。

色々と研究されているようで、
サーキット関連の記事を楽しく拝見させて
頂きました。
次回はツナギ組に・・・ww
となるかも知れないようですので、
楽しみです。またよろしくお願いします。

失礼します。

投稿: f-revolution | 2011年12月 1日 (木曜日) 10時42分

f-revolution様
いらっしゃいませ~。
コメントが遅くなりましてすいません。
先日AAAにお邪魔してIさんと話して来ました。
ツナギ組とツーリング組はほとんど同じペースだったらしいですよ。
私は久々のサーキットでしたが、結構楽しめました。何と言っても安かったですし(笑
また、宜しくお願いします。

投稿: Well-U | 2011年12月 7日 (水曜日) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/53297580

この記事へのトラックバック一覧です: サーキット走行後の考察:

« AAA走行会@イワイサーキット20111120その2 | トップページ | ソニーの3D録画双眼鏡DEV-3 »