« 10月2日ノビタキとエゾビタキ その2 | トップページ | R299は通行止め »

2011年10月 4日 (火曜日)

ずいぶんと軽くなった気がする

AAAでパーツ交換を実施したSR500FI。作業が終わり、帰宅する途中で軽くなった感じがしたので、200キロほど走ってきました。コースは赤城南面です。

土曜の9時頃、メッシュジャケットで出発しましたが、予想外に寒くて厳しかったです。もう革ジャンの時期かも。

さて、500CC化して初めてこのコースを走りますが、かなり楽しくていいバイクになったという印象です。エンジン自体は特に今までと変わりませんが、ハンドル幅が適度に狭くなり、フェンダー等鉄部品のカーボン化によって軽くなった効果が現れたと思います。

具体的には、倒しこみが軽く、コーナー途中の進路変更が容易になったことが大きいですね。

調子に乗って突っ込みすぎ、ある程度バンクするまでブレーキを当てていると、前後ともズルッと来て焦りましたが、これはタイヤのせいかな。

リアのイニシャルを一段あげて三段めにした影響か、ステップが接地することもありませんでした。ペースはそれほど速くは無かったと思いますが、シングル特有の軽快な走りを楽しむことができました。この方向をさらに推し進めて行けばいいのかなと思います。ノーマルのタイヤで走る限りは、サスもそれほど破綻を感じることが無く、まあまあ乗り易い方かと。ポジションが若干変わったことも影響あるのだと思いますが、それほどサスのヤワさが気にならなかったです。不思議です。

Dsc00756

つい最近まで、足回りを17インチ化して補強する方向でいましたが、上の写真のような、タイヤの細さとスリムさはSRならでは。このたたずまいのまま、ワインディングでそれなりに走れるバイクを作ることにしました。17インチ化してハイグリップタイヤを履き、サスを強化したとしても、所詮SSにはかないません。それなら自分の考えるシングルスポーツの楽しい形を追及しようと思いますね。

そういうわけでこのまま軽量化を進めます。といっても、残りはミラーくらいかな。既にアクスルシャフトはボアエースの中空を注文してます。

あとはシートをどうするか。リアサスもナイトロンで逝きたいと思っていましたが、もう少し様子を見てみようかと。

エンジン関係は、手元にあるレスポンスをオイル交換の時に取り付けること。あとはNAGのような内圧調整バルブを検討。そんなところでしょうか。まあ、それ以外の自己満足系小物はいくつか候補が・・。あ、やっぱりハイカムも欲しいです。その前にパワコマで遊ばないと。

Dsc00752

|
|

« 10月2日ノビタキとエゾビタキ その2 | トップページ | R299は通行止め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/52897251

この記事へのトラックバック一覧です: ずいぶんと軽くなった気がする:

« 10月2日ノビタキとエゾビタキ その2 | トップページ | R299は通行止め »