« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月30日 (日曜日)

GH2試写

遅ればせながら手に入れたGH2。71FLとオリ70-300のアクロマートで試写してきました。

見沼自然公園をブラブラしてきました。

エナガとシジュウカラ、メジロの混群が通り過ぎて行きました。

P1000172秒間5コマの連写スピードはトビモノ以外は不足は無いですが、実際はSDへの書き込み速度が遅く、10コマも撮らないうちに待ちが発生。SDXCに対応しているようなので、今度は速いカードを買って試してみたいと思います。

このシステム自体がまだ追い込み不足ですが、ちょっと重いものの、手持ちでもそこそこ使えそうですね。

P1000213

オナガガモがいっぱいいました。

P1000236

ヒドリガモも来ていました。

この後芝川調整池に回って、チュウヒを待ちました。一瞬だけ出ましたが、対岸ではいくらなんでも証拠写真にもなりませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月29日 (土曜日)

ETC無事動作したようです

今日はナップスに買い物に行きましたが、目指すものがなく、このまま帰るのもアレだということで、ETCがちゃんと動くかどうか確認してきました。

圏央道の菖蒲白岡ICから入りました。久しぶりのバイクETCでちょっと緊張しましたが無事通過。圏央道は上りも下りも全く車が見当たりません。久喜JCTまでは高速道路を独り占めですよ。

5速5000rpmで120キロ弱。振動でお尻と手がしびれます。風も結構つらいし、やっぱり高速道路向けじゃありません。K1200Sは極楽だったなあ・・。

P1000010

ツーリズムシートにすっかり慣れてしまいました。なかなかいいです。アップハンには似合うシートだと思います。着座位置はやや後ろになりますので、バックステップでも丁度いいくらいでしょう。

P1000013

100キロも走ってませんが、着座位置のサイドにシワができてます。どう理解すればいいのか・・。

P1000014

ETCのアンテナはこんな感じです。高速を走っていると、インジケーターランプは○でなく楕円に見えます。振動対策を考えたほうがいいのか?

P1000015

本体はリアのマッドガードへ。

仮です。そのうちフィルター後ろの空きスペースに小物入れを置き、その中へ収納する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月27日 (木曜日)

FIモデル対応ツーリズムシート

ETC取り付けで3時ごろまで時間を取られたため、テストランは中止し、AAAさんに行くことにしました。FI用にシートベースを変更したツーリズムシートと、???シートが完成したという連絡を受けていたので、ちょっと見てみようということで。ついでに、SR本が出たらしいのでタダ読みもしよう(笑

AAAに着くと、社長が早速ビニールに包まれたシートを出してきて、ちょっと走ってみたらとのお言葉。甘えます。

Dsc_0036

座ると、サイドカバーが腿に当たる。シートが固い。ただ、走り始めるとサイドカバーは気にならず(当たり前か)、多分2,3センチシート高が下がったためか、ポジションが変わったのがわかる。座る部分の角が腿にあたる。

しかし、少し走っているうちに慣れてきた。ノーマルのシートがいかに柔らかいかがよくわかった。手で押してみた感じはそれほど硬いとは思えず、少なくともK&Hのシートよりは柔らかかったが、乗ってみると、これ以上硬いのはちょっとマズイかもと感じる。

長距離を乗るにはこれくらいのほうがいいかもしれない。それに、バンキングの入力を腿とステップで行う場合、こちらのほうがやり易そう。

AAAに帰ると、「乗ってみないとわからないから、しばらく使っていていい」とのこと。ありがたいことだ。タックロールの有無や、シート表皮のパターン等色々と好みにオーダーできるとのこと。

シートもAAAさんにお世話になりそう、などと書いたけど、すっかりその流れに(笑

Dsc_0034_2

これがSR本の最新刊。

3500円では手が出ません。

内容はいつもどおりカスタム車両やパーツの解説だけど、FIモデルのチューニングにフォーカスした記事もありました。当然AAAが中心。だんだんとFIモデルが増えていくんでしょうから、これも必然。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月24日 (月曜日)

ETC取り付けに4時間半

先週近くのNAPSでETC取り付けを予約。一体式はうっとうしいので、ミツバサンコーワの別体式にしました。K1200Sの時は選択肢が日本無線しかなくて、工賃込みで50000円以上取られたけど、今回はステー込みで35000円以内で済みました。

今日、予約の10時に入庫。2時間くらいかかりますとのことで、12時頃まで待っていたが、一向に声がかからない。30分くらいたったところで、店員から説明あり。ETCの本体カバーが割れていたので新しいのに交換し、これからセットアップするから20分くらい待って欲しいとのこと。それからおとなしく待っていたけど1時半頃、今度はメカニックが来て説明。

本体とアンテナはどうやらカップリングしてあるようで、片方だけ換えても動作しない。そのことになかなか気づかなかったらしい。それからさらに1時間待ち、2時半頃やっと引渡しされました。

そんなことも知らんかったんかい!とツッコミたいところでしたが、人間丸くなったのか待ちくたびれたのか、バイク雑誌を読みながらおとなしく待っていました。ホントオトナになりました。

Dsc_0039

写真がヘボいですが、アンテナ兼インジケーターです。オレンジっぽいランプが点いているのは、カードが入っていないから。

とりあえずこれで、気楽に高速道路を使うことができます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月23日 (日曜日)

焼肉とカントリー その2

さて、会場近くのペンションに一泊して二日目。

朝6時から駐車場が開くので、5分くらい前に行ってみると、薄暗い中10台くらいの行列が・・。おとなしく並んではいりましたが、1台は爆睡していて次々に追い抜かれてました(笑

で、9時の開場直前に行ってみると、

Dsc00790

雨が降る中、開始と同時に殺到する100名近い人々。すごい気合です。

Dsc00791

開始直後でこの状態。このあと、人はドンドン増えて、皆傘をさしているもんだから大変なことになりました。

特に人気のショップではおしくらまんじゅう状態。足元は雨でぐちゃぐちゃだし、そうは言ってもここまできたんだからそれなりの成果は欲しいし・・。ということで2時間ほど雨に濡れながらショップめぐりしました。

気になったのは客あしらいの下手さ。各ショップはテント一張り程度で、入り口は一箇所。テントの中は展示物でびっしりで、基本的にU字の通路。入り口から入っていってテント内をぐるっと回って同じところに出てくる感じ。ところが、店員が何も言わないので客は両方から入ってきて中の狭い通路ですれ違おうとするもんだから渋滞が起きる。ちゃんと客を誘導してスムーズに流そうなんて気の利いたのは一人もいない。どこの店も同じ。

これじゃあ、来年もこようなんて気にならない。カントリーなんて、基本的に女性が購買決定者で、しかも内装とか家具の趣味だから、男はほとんど関与しない。主婦はちょっと安いくらいでも手間を厭わないから成り立っているイベントなんでしょうね。

この会場内のショップよりむしろ、清里の交差点脇のジャンクショップのほうがおもしろいものをおいてあって、実際そちらでの買い物のほうがおもしろかったのは皮肉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月22日 (土曜日)

焼肉とカントリー その1

週末、清里で何とかカントリーフェスタと言うのがあるらしい。その話を聞いたとき、少し前にTVで紹介されていた焼肉屋を思い出した。小淵沢に行列ができる焼肉屋があるらしい。清里なら近いし、今頃は紅葉しているかもしれないし。

ということで、金曜土曜で行って来ました。

金曜は8時過ぎに出発して、高速を乗り継いで小淵沢に10時半頃着。ウロウロして暇を潰し、開店30分前の11時に「但馬屋 幸之助」へ。

Dsc00782

小淵沢方面からだと、こんな感じのあまり目立たない看板だけが道路から見えます。

Dsc00781

奥に坂を下りていくと、30台くらいは止められそうな駐車場があります。店はこんな感じ。平日だというのに開店前に10組くらい待ち。

中には20組くらいのテーブルや座敷席がありましたが、開店直後に満員になりました。噂どおりの繁盛振りでした。

普通の焼肉やらホルモン系を食べましたが、感想としては「確かにウマい!」ロース肉が非常においしかったです。ホルモン系もクオリティが高いです。

ただ、タレはありふれたもので、特に個性があるわけではないし、肉の質で勝負という店のようです。夜はまた違うのかもしれませんが、値段(某全国区焼肉チェーンのほぼ倍)を考えると、すごいというものではなかったです。近場にいればリピートするかもしれませんが、仮にまた清里方面に来ることがあっても、再訪は???ですかね。

帰る時には行列がさらに伸びていて、失礼ながらこんな田舎でこれだけ集客できる店は稀有だな、と感心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月16日 (日曜日)

10月16日も空振りでした

体育の日、大久保農耕地と北本へ行ってきました。

狙いはもちろん、ノビタキとエゾビタキです。が、結果としては完全空振りで、どちらも気配さえありませんでした・・・。もう渡ってしまったんでしょうか?

P1110657

高尾の池にはカイツブリが来ていました。

完全空振りに終わったため、今日16日は見沼を回って来ました。

まず見沼自然公園に行ってみましたが、キビタキ待ちの人はいるものの、どうも出が悪いよう。久しぶりにSさんにもお会いしましたが、今日は厳しいとのこと。

あきらめて、チュウヒが入ったと言う芝川調整池をチェック。外周をぐるっと一周しましたが、その間それらしい反応は無し。

P1110670

途中、ラジコン飛行機を飛ばしていました。かなり上手な人で、きりもみやらひねりの入ったターンやら楽しませてくれました。

P1110723

この時期、よく見かけるのはモズですね。

ハヤブサやオナガガモも見かけたんですが、載せるような写真は撮れませんでした。

結局、先週に続いて今日も空振りでした(泣

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月10日 (月曜日)

R299は通行止め

日曜はソロツーに行って来ました。

何となく秩父とか長野あたりということで朝8時前に出発。R254で小川町まで行き、定峰峠を通ってR299へ・・というルートを思い描いていたけど、途中から気が変わって長瀞方面へ。中野上の交差点から右へ折れて神流湖方面を目指しました。この道は少しタイトですがなかなか楽しい道です。さらにR462で上野村方面へ向かいます。交通量が少なく、ところどころ工事で足止めをくらいますが、ハイスピードコーナーもあり楽しいです。

このままR299で十国峠を越えて小海から南下し、ぶどう峠を戻って秩父から帰るという方針に決定。で、走っている途中で、R299は崖崩れで通行止め、という標識が。まあ、確認のために行ってみようと。道が細くなると急に落ち葉が目立ってきます。やはり車が走っていないということで、通行止めは本当のようです。

Dsc00760

やっぱり(笑 まあ、仕方がないですね。

Dsc00762

しばらく休憩していると、ハーレー軍団が来ました。全く気が付かずここまで来たようでした(笑 このルートがダメだと、あとはぶどう峠しかないですが、ハーレーでは厳しいでしょうね。まあ、行けないってわけじゃないです。

ということで、ぶどう峠越えしましたが、途中わだちに乗ったようで前後タイヤがズルズルっときてあやうくこけそうになりました。よくまあ足が出たもんです。まだまだ若い?

後はもう慎重に流して、途中オフローダーを2台抜いただけでおとなしくしてました。

で、R140を北上してR254に入り、そのまま下仁田経由で下道のみで帰宅。

走行距離約330キロ。走行時間約7時間強。平均時速は45キロくらい?高速使ってない割には早いかな。まずまず楽しい道でした。今度はガーミンを持っていきます。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年10月 4日 (火曜日)

ずいぶんと軽くなった気がする

AAAでパーツ交換を実施したSR500FI。作業が終わり、帰宅する途中で軽くなった感じがしたので、200キロほど走ってきました。コースは赤城南面です。

土曜の9時頃、メッシュジャケットで出発しましたが、予想外に寒くて厳しかったです。もう革ジャンの時期かも。

さて、500CC化して初めてこのコースを走りますが、かなり楽しくていいバイクになったという印象です。エンジン自体は特に今までと変わりませんが、ハンドル幅が適度に狭くなり、フェンダー等鉄部品のカーボン化によって軽くなった効果が現れたと思います。

具体的には、倒しこみが軽く、コーナー途中の進路変更が容易になったことが大きいですね。

調子に乗って突っ込みすぎ、ある程度バンクするまでブレーキを当てていると、前後ともズルッと来て焦りましたが、これはタイヤのせいかな。

リアのイニシャルを一段あげて三段めにした影響か、ステップが接地することもありませんでした。ペースはそれほど速くは無かったと思いますが、シングル特有の軽快な走りを楽しむことができました。この方向をさらに推し進めて行けばいいのかなと思います。ノーマルのタイヤで走る限りは、サスもそれほど破綻を感じることが無く、まあまあ乗り易い方かと。ポジションが若干変わったことも影響あるのだと思いますが、それほどサスのヤワさが気にならなかったです。不思議です。

Dsc00756

つい最近まで、足回りを17インチ化して補強する方向でいましたが、上の写真のような、タイヤの細さとスリムさはSRならでは。このたたずまいのまま、ワインディングでそれなりに走れるバイクを作ることにしました。17インチ化してハイグリップタイヤを履き、サスを強化したとしても、所詮SSにはかないません。それなら自分の考えるシングルスポーツの楽しい形を追及しようと思いますね。

そういうわけでこのまま軽量化を進めます。といっても、残りはミラーくらいかな。既にアクスルシャフトはボアエースの中空を注文してます。

あとはシートをどうするか。リアサスもナイトロンで逝きたいと思っていましたが、もう少し様子を見てみようかと。

エンジン関係は、手元にあるレスポンスをオイル交換の時に取り付けること。あとはNAGのような内圧調整バルブを検討。そんなところでしょうか。まあ、それ以外の自己満足系小物はいくつか候補が・・。あ、やっぱりハイカムも欲しいです。その前にパワコマで遊ばないと。

Dsc00752

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 2日 (日曜日)

10月2日ノビタキとエゾビタキ その2

P1110530_4
完食しました。結構大きいものも食べてるんですねえ。あと2週間くらいはいるかな?次はコサメビタキ期待で来てみたいと思います。

さて、高尾の池に回ってみると、久しぶりにカワセミが。

P1110540

池の真ん中にポツンと立っている杭に止まってました。

P1110570

なんとなくおまけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

10月2日ノビタキとエゾビタキ

久しぶりに大久保農耕地へ。8月にはヨシゴイでにぎわった土手には誰もいません。

そろそろノビタキが来ている頃だと思い土手の下を歩いていると、それらしいさえずりが聞こえます。

P1110403

いきなりメスの登場ですがワンショットだけで飛び立ってしまいました。どこからかもう一羽が合流したので、多分番でしょう。

その後、声は聞こえるものの姿を見せず、しばらく待っていましたがあきらめました。まだ土手周りを飛び回るのには時期が早いようです。

P1110449

モズもそろそろ鳴き始めました。とりあえず目標は半分達成したので、ヒタキを見に北本へ回りました。

北本では、エゾヒガンザクラのあたりと高尾の森あたりにエゾビタキの目撃情報がありました。さっそくサクラのあたりに行きます。すでに一人、エゾビタキを見ている人がいました。しかし遠いです。様子を見ていると、10羽近い群れのようですが、なかなか近くには降りてきません。

P1110526

トンボをくわえたエゾビタキ。空抜けですが、今日はこんなのばっかりです。

P1110527

しばらくくわえていましたが、食べ始めました。

P1110528

モグモグ。なんだかこれ以上写真が入らないので次へ続きます(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 1日 (土曜日)

各種パーツ交換その2

Dsc00741

クラッチレバーはアントライオンのビレット。これが欠品で一ヶ月以上待たされました。

Dsc00743

ストップランプはデイトナのLED。赤く点灯します。

下側にはやはりLEDのナンバー灯がついてます。

Dsc00742真横から見るとこんな感じ。すっきりしました。ノーマルからすると1キロ近い軽量化か?

シートは相変わらずノーマルなので、カウルがフェンダーと干渉します。スポンジをかませました。

どうやらシートもAAAでお世話になる可能性高し(笑

Dsc00747
勢いに乗って、以前チタンのアンダーガードをつけてもらったショップで、右サイドカバーをクイックリリース化してもらいました。

と言っても、穴のあいたシャフトとプレート、Rピンとワイヤーという簡単な構成ですが。エアボックスを撤去したあとの空間がもったいなくて、物入れでもつけようかと思っているわけですが、そうなるとサイドカバーがネジ止めというのはどうもいただけないので。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »