« 支那そば天風再開 | トップページ | 各種パーツ交換その1 »

2011年9月23日 (金曜日)

Walkera CB100

このところ、ラジヘリ全く飛ばせてません。シミュレーターはコツコツやっていて、背面ホバも少しならできるようになりましたが、実機だと無理だろうな(笑

外で飛ばすためにはどうしても車で出かける必要があり、なかなかその気になりません。とは言ってもちょっと飛ばしたいなあ、と思うこともしばしばなので、ミニヘリに手を出してみました。

Walkera CB100です。決して新型ということはない機種ですが、ネットの評判ではMSRの次に安定しているらしい。MSRより1万近く安いので決定。

この手のヘリは、JRのキャリパーで痛い目にあってからしばらく敬遠していましたが、安定しているなら大丈夫だろうと。キャリバーはとにかくク○ヘリでした。調整しないとちゃんと浮かないし、そのスイートスポットがすごく狭い。さらに、一度調整すればいいかというと、そんなこともない。JRを信用した自分がバカだったと、いい勉強になりました。

Dsc00725

さて、現物はチープなパッケージに入っています。取り説は英語と中文。RTFセットなので特に何をすることもなく・・・と思ったら、プロポがMODE2になってました。チョコチョコっとMODE1に入れ替え。

最初はさすがに取り説のとおりにやります。まず、プロポの電源をオン。起動時のイベントで、ブザーと、LCD画面内のトリム表示バーのアニメーション。これが終わったら、ヘリのバッテリーをつなぐ。赤色LEDが点滅。いつまでも点滅・・・。ウンともスンとも言いません。

よく読んでみると、送信機をONしてから10秒以内にヘリにバッテリーをつながないといけないようですね。よく読めよ。

出鼻をくじかれましたが、まあ飛べばいいんだから、と初飛行。まずテールが回転し、メインブレードも動き始めます。スロットルをあまりゆっくりあげると左に流れる傾向が強いようで、一気にハーフスロットルにすると、何事も無かったように浮きました。

キャリパーは浮かすまでに何時間もかかりましたが、中華恐るべしですね。確かに安定していますが、6畳間でやっていると、壁からの跳ね返りの風で結構影響を受けます。スロットルも少し過敏。でもまあ、初めて浮かして普通に対面ホバできるんだから、これは買ってよかったと思いました。次の休みには裏の空き地で飛ばしてみることにしました。

もう一度言いますが、中華恐るべしです(笑

|
|

« 支那そば天風再開 | トップページ | 各種パーツ交換その1 »

コメント

バイク、ラジコン、ラーメンの食べ歩きとなると、鳥はなかなか順番になりませんね。
あれ、皮細工も継続しているんですか?
多趣味に感心するだけです。

投稿: 亀さん | 2011年9月25日 (日曜日) 21時36分

亀さん、どうもです。
ラジコンは、最近外に飛ばしに行く時間がなくて、家でできるものに走ってます。
皮は、最近創作意欲が湧かないんで(笑

投稿: Well-U | 2011年10月 3日 (月曜日) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99702/52789115

この記事へのトラックバック一覧です: Walkera CB100:

« 支那そば天風再開 | トップページ | 各種パーツ交換その1 »