« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金曜日)

各種パーツ交換その1

AAAさんでパーツ交換を行いました。

Dsc00737

リアフェンダーとストップランプマウント、フロントフェンダー、全てカーボン化。AAA製です。

Dsc00738

前から見るとこんな感じ。

Dsc00739
フロントフェンダーはTZタイプロング。ノーマルの鉄フェンダーより相当軽かったです。計ってはいないけど2,300グラム?もっとか。

Dsc00740

ハンドルはAAAのスーパーショートコンチのアルミ。グリップはキジマのヤツ。バーエンドは適当。

好みの幅になりました。ハンドル自体はもう少し低くてもいいかなとは思います。グリップは太くていい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月23日 (金曜日)

Walkera CB100

このところ、ラジヘリ全く飛ばせてません。シミュレーターはコツコツやっていて、背面ホバも少しならできるようになりましたが、実機だと無理だろうな(笑

外で飛ばすためにはどうしても車で出かける必要があり、なかなかその気になりません。とは言ってもちょっと飛ばしたいなあ、と思うこともしばしばなので、ミニヘリに手を出してみました。

Walkera CB100です。決して新型ということはない機種ですが、ネットの評判ではMSRの次に安定しているらしい。MSRより1万近く安いので決定。

この手のヘリは、JRのキャリパーで痛い目にあってからしばらく敬遠していましたが、安定しているなら大丈夫だろうと。キャリバーはとにかくク○ヘリでした。調整しないとちゃんと浮かないし、そのスイートスポットがすごく狭い。さらに、一度調整すればいいかというと、そんなこともない。JRを信用した自分がバカだったと、いい勉強になりました。

Dsc00725

さて、現物はチープなパッケージに入っています。取り説は英語と中文。RTFセットなので特に何をすることもなく・・・と思ったら、プロポがMODE2になってました。チョコチョコっとMODE1に入れ替え。

最初はさすがに取り説のとおりにやります。まず、プロポの電源をオン。起動時のイベントで、ブザーと、LCD画面内のトリム表示バーのアニメーション。これが終わったら、ヘリのバッテリーをつなぐ。赤色LEDが点滅。いつまでも点滅・・・。ウンともスンとも言いません。

よく読んでみると、送信機をONしてから10秒以内にヘリにバッテリーをつながないといけないようですね。よく読めよ。

出鼻をくじかれましたが、まあ飛べばいいんだから、と初飛行。まずテールが回転し、メインブレードも動き始めます。スロットルをあまりゆっくりあげると左に流れる傾向が強いようで、一気にハーフスロットルにすると、何事も無かったように浮きました。

キャリパーは浮かすまでに何時間もかかりましたが、中華恐るべしですね。確かに安定していますが、6畳間でやっていると、壁からの跳ね返りの風で結構影響を受けます。スロットルも少し過敏。でもまあ、初めて浮かして普通に対面ホバできるんだから、これは買ってよかったと思いました。次の休みには裏の空き地で飛ばしてみることにしました。

もう一度言いますが、中華恐るべしです(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月20日 (火曜日)

支那そば天風再開

天風は、最寄の駅近くにあり、トンコツ魚介系の超濃厚スープでインパクト抜群なラーメン。家族皆がファンでよく食べに行っていた店です。

今年の7月頃だったか、「味に自信が持てなくなり、方向性を探るため」みたいな理由でずっと店を閉めていました。まあ、暑い時だからいいかと思っていましたが、新しい味を探るために店を閉めてしまうっていかにも職人肌の店主らしいなあ、と妙に関心していました。

待つこと2ヶ月超、先日再開したとの情報で様子を見に行くと、確かにスープを仕込む香りがしました。でも以前と変わらないような?

で、先日の木曜日夕方、閉店ギリギリの時間に行ってきました。

メニューは、以前のものに加えてマル特(実際は特の字をまるで囲んでます)徳丸というのが追加。どうやらチャーシュー多目のもののよう。さらにトッピングに角切りチャーシューが。

徳丸と徳つけをオーダー。どんな風に変わったのか期待しつつ待っていると、5分ほどで出てきました。

Dsc_0032

徳丸。麺は以前のものに比べてちぢれが強いものに変わっていました。それ以外は、一見してスープが薄い感じがします。

食べてみると、確かにスープが薄くなり、インパクトがかなり小さいものになってしまいました。しかし、味の成分というか、成り立ち自体はそれほど変わっていないようです。

一方、つけめんは麺がストレート系になり、同様にスープは薄くなっています。

一言で言うと、麺が変わったこと、スープが薄くなったこと。この二点でしょうか。まさかこういう方向に来るとは思っていませんでした。

Dsc_0033

以前の天風は、どろどろのスープに乗った強烈な魚介系の旨みと塩味が次々襲来し、食べ終わる頃には、もうおなか一杯、と思うくらいのインパクトがありました。それでも、不思議とまた食べに行きたくなる。そんな味でした。ランキングからすると、埼玉県で10位にはいるかどうかというところで安定していました。

個人的には、オンリーワンの天風という味ではないと思います。ちょっと残念な気持ちです。女房も、以前の方が良かった、と言ってました。

何回か食べるとまた印象が違うのかもしれません。ただ、これが新しい方向性かと言われると、例えば淡麗な薄くちとか鳥系とか、以前の天風とガラッと変わった味かなという期待は完全に外れましたね。

うーん、微妙。こっちの方が万人受けなんですかね。今土日が休みじゃないので無理ですが、以前のような行列が続くのか確認したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月13日 (火曜日)

中秋の名月

一日遅れですが(笑

P1110392

久しぶりにマニュアルで月を撮ってみました。

この後、夜明け前の月を撮ろうと思ったら、すっかり曇っていてダメでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月 9日 (金曜日)

LEDウィンカー取り付け顛末

作業途上でバッテリー上がりを起こしましたが、何とか取り付けは終了していたので、今日AAAまで引き取りに行ってきました。

ウィンカーの確認をすると、点滅はするものの、完全に消えない状態です。メーター内のインジケーターは点灯しません。

取説には、「ウィンカーインジケーターが一灯式の場合、正常に作動しない場合があります。その場合、インジケーターをはずすか、インジケーター取り付けキットをつけてください。」みたいな記述があります。

ウィンカーインジケーターはLEDかと思ってましたが、どうやら違うようです。で、ヘッドライトケース内のカプラーをはずし、インジケーターをカットしたら正常に点滅するようになりました。

Dsc00706

この黒いカプラーをはずしました。

一緒に、ニュートラルランプも点かなくなりました(爆

まあ、そりゃウィンカーの方が重要だからね。

そのうち、インジケーターランプをLED化するか、或いはキットをつけることにします。

Dsc00705

こんな感じです。

Dsc00707

Dsc00711

正面はスッキリしていていい感じです。

点灯状態。

なんだか中心が欠けているような感じだけど、これが仕様のようです。

Dsc00704

このパッケージに写っている写真も、よく見ると真ん中にLDEはないような・・。

取り付け自体は極々簡単。

ただ、リアの二個に関しては、ノーマルの配線を途中で切ってこれとつなぐ必要があるので、電工ペンチがあった方がいいと思います。

リアのランプも近いうちにLED化する予定。ヘッドライトのHID化は、どうやらあまり相性がよろしくないようなので、イカリングでもつけますかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

SRの洗礼?想定外のバッテリーあがり

SRのバッテリーは11センチ×9センチ×4センチくらいの、非常に小さなものがついてます。キックのみなのでこんなもんかいな、と思っていましたが、改めて確認すると容量は2.5AHしかないんですね・・。2500ミリAHってことですよね、GalaxyTabのバッテリーより小さいですよ(笑

こんなことを考えたのは、今回バッテリー上がりを起こしたからです(爆

ことの起こりはLEDウィンカー。

キジマ製のヤツを取り付けたわけですが、リレーの接続を確認しておきたかったため、ノーマルの状態でエンジンをかけずに何度かウィンカーを点滅。当然、ライトも点いてます。で、ウィンカーの取り付け作業をやっている途中で、キーがONだったのに気がつきました。そのときは特に何も考えずOFFにしただけ。今までの感覚からして、この程度でバッテリーがどうにかなるなんて考えもしなかったです。

Dsc00696

参考までに、これがFI仕様のウィンカーリレーです。二極式になってます。

ちょっと古いキャブ車は3極式でした。

サクサクとウィンカーの取り付けを行い、リレーを交換する前に一度作動確認しておこうとキーを入れるとウンともスンともいいません。インジケーターランプが点灯しません。

この時点でもバッテリー上がりなんて思いもせず、結線がいい加減だったか、作業の過程でどこかに不具合を起こしたか、などとチェックを何度もしました。結局自分レベルではバッテリー以外原因は思いつかず、EFIの不具合などがあった場合は手に負えないので、AAAに入院。

その後急いで買ってきたテスターでバッテリー電圧を測ると、5V。こりゃダメだ。もう充電もできないでしょうね。

AAAで正常なものにつけかえたら、ちゃんとエンジンもかかったようで、やっぱりバッテリー上がりでした。今までの感覚ではダメなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月 4日 (日曜日)

チタンアンダーガード

ネットで近所のショップを見つけました。旧北川辺町なので、ウチからは利根川を越えて20分くらいの距離です。

HPはこちら

基本的にカワサキ系中心のようだけど、オーナーがSRやTDRを持っているようです。カスタム系のショップで、結構オリジナルのパーツを作っており、特にチタンを使ったものが多いようです。

Dsc00693

Win’s Factory製チタンアンダーガード。SR400用です。

Dsc00694

このステンのクールなボルト付で8000円は非常にリーズナブルだと思いますが、どうでしょう。マフラーと釣り合っているかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »