« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月26日 (火曜日)

ブレンボ・ラジアルマスター

SRに乗っていて気になるのは、パワーを別にするとフロントブレーキの弱さですね。

サーボ付きのBMWに乗っていたせいか、握りはじめの制動力が弱いことなかなか慣れませんでした。最近は、制動力自体はそれほど不足ではないけど、とにかく握りこまないと利かないのが不満。

ということで、ホントのところ良くなるかどうか不明だけど、ひとまずブレンボのラジアルマスターを導入することにしました。

Dsc00631ライコで15%引きだったので買ってみました。

Dsc00634

 

シングルディスクなので15パイ。あとはブレーキフルードのタンクとタンクステーが必要です。タンクはブレンボの小さいやつ、ステーはアントライオンのミラーステー一体のやつに逆ネジ変換アダプター。きっとミラーはすぐ交換するんだろうけど・・。

AAAに持ち込んで、500CC化と一緒にやってもらうことにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年7月22日 (金曜日)

ヨシゴイのヒナ

今日は2週間ぶりに大久保農耕地にヨシゴイを見に行って来ました。

10時ごろ到着すると、ヒナが出ているようです。去年何度も目撃した場所とは違います。

P1110258ヨシの茂みにいるためかぶりまくり。コントラストAFでは全く太刀打ちできないので、MFです。それでもオリ70-300のカメラレンズのヘリコイドでは精細なピント調整はできません。ほとんど動かない対象なので、MFアシストにしてじっくりとピントを追い込めるだけに残念。

P1110304

こちらは親鳥です。確かこの下のあたりにヒナがいたと思っていたら。

P1110309

かなりわかりにくいですが、親とヒナが寄り添っています。どうやら給餌したようです。残念ながらその瞬間を捉えることはできませんでした。

P1110316

また親を待っているヒナです。ポヨポヨの羽毛が可愛いですね。

P1110364

池では、オオヨシキリとヨシゴイの親がいっしょにいました。

去年ヒナを発見したのは確か8月で、今日見たヒナより幼い感じでした。

今年は2,3羽はいるようで、成長も早いと思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年7月20日 (水曜日)

FI仕様SR400の500CC化

現在入院中のSRですが、500CC化とFI関係のチューニング、さらにブレーキタッチの改善?を行う予定です。

まず500CC化。FIであろうとキャブであろうと、SRの500CC化は基本的にノーマルパーツで実現可能です。SR500が本来の姿で、それをストロークダウンしたのがSR400だからです。免許制度の関係でしょうが、現在は400しか生き残っていないわけですが、XT500のエンジンが基本ですから、元に戻すのが500CC化、ということです。

400と500の違い→①ピストンの形状の違いで、圧縮比は400の方が高い。

②ストロークダウンした400でトルク感を出すために、クランクウェブを重くしてある(約3キロ)

③コネクティングロッドも400と500は別物。

他にもあるんでしょうが、エンジン内部の主要な相違点はこんなところです。AAAでは、ストロークアップの手法として、現在純正500クランクが希少なため、400クランクのピン位置変更加工と、ウェブ切削による軽量化をメニューとして設定しています。正確にはコネクティングロッドは500純正にするようです。これにより、ボアストロークは500と同じで圧縮比が若干高い、元気の良いエンジンができるとのこと。

FIの場合は400しかないので、500用のFIマッピングは存在しない。このため、ノーマルのマッピングを補正する手段としてパワーコマンダーが必要です。まあ、排気量が25%増しになるので、燃料も25%増量してやればいいようなもんで、それほど複雑ではないと思いますが、マフラーを交換する場合もあるし、シャーシーダイナモにかけて最善のセッティングを行うということで、手数料稼いでます(笑 パワコマだけなら6万弱ですが、セッティングも含めて11万+消費税ですから。

ここまででとりあえず500CC化して普通に走ることはできますが、自分の場合はプラスアルファとして、スロットルボディの交換を予定。

これは、ライダースクラブのムック本に載っている手法と同じです。ノーマルのスロットルボディは口径34ミリ。これを、50ミリのXT660用に置き換え。CRF400だかなんだかのインシュレーターを使って無理やりつなぐということのようです。なお、XT660純正のインシュレーターを使うのも考えました。実際モノもあって並べてみましたが、XT660用は当然ながら口径が大きく、形状もフィットしています。しかし今回は、AAA敏腕メカニックの、「CRF400のほうをお勧めします」という言葉を素直に信じてみました(笑 吸気ポートの形状などを考えると、ある程度細い方が流速を稼げる、ということなんですかね。このあたりにもう一段のチューンの可能性があるようにも思います。まあ、ポート研磨ってことですけど。

さらに、ムック本では吸気側はファンネルだけでしたが、どうしても気分的に抵抗があるのでラムエアーフィルターをつけることにしました。ファンネルだけだとゴミやら色んなものを吸い込んでしまうし、オイルは1000キロ程度で交換したほうがいいと言われていたからです。Motul前提だと、とても財布が持ちません(笑

あ、マフラーはOverのチタンフルエキにします。オークションで5万でゲットできました。

これで500FIの完成です。試乗した車両は非常におもしろい特性になっていましたが、わが愛車はどうなることやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年7月 2日 (土曜日)

今年のヨシゴイ

木曜日、やっとヨシゴイをゲットできました。平日なので誰もいないだろうと思って行ったら、先客2人。いつの間にか観察小屋?ができていて、しっかり当局の警告も(笑

P1110086遠いです。当日は何度もヨシの茂みを行ったりきたりしていましたが、まだヒナは見られませんでした。

P1110116

なんとか追いかけましたが、ピントは・・。

P1110123

やっと近くに止まりました。

と言っても、去年よりは遠いです。これから暑くなりますが、がんばって子育てして欲しいものです。

P1110109

おまけ

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »