« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月23日 (月曜日)

5月21日大久保農耕地

日曜日は天気予報が悪かったので、雨が降る前に大久保農耕地に行って来ました。

ヨシゴイがそろそろ来ているころだと思うので、様子の確認です。前回来た時は、隣接する運動公園で工事が行われていてダンプカーが盛んに行き来していたので、果たして去年と同じ場所で見られるかどうか・・・。

結果は、二時間弱のうち、一度だけ二羽揃って飛ぶところが見えました。どうやら今年も番できてくれたようです。

残念ながら写真は草の陰で撮れませんでした。多分あと一ヶ月のうちにはヒナが見られるのではないか・・そう思います。

98a_3626結局、オオヨシキリだけでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年5月18日 (水曜日)

SR納車

注文してから一週間目の土曜日、SRを引き取りに行って来ました。

ショップは早稲田大学のすぐ近く。YSPではないからか、やけに安かったです。乗り出しは、先日見積もりを取ったApriliaやGileraのオプションを除いた価格とほぼ同じで、正直驚きました。

但し、一ヶ月点検は必ず受けてくれとのこと。それがキックバックの条件らしいです。

Dsc_0008_2

走行2キロのド新車です。

どうやら注文を受けてから在庫を引き当てた模様。

久しぶりにヤマハのバイクを前にして感慨ひとしお。ってか30年以上前のXS400とあんまり変わらない感じ。

さすがクラシックバイク。

Dsc_0010

一通り説明を聞いて、出発。500キロまでは3000からせいぜい4000まで。1000キロまでは4500からたま~に5000が慣らし運転とのこと。

まあ、どうせパワー無いんだからそんなに回しません、と思ってはいたけど。

実際走り始めてみると、1,2速があっという間に4000まで吹けてしまい、シフトが忙しい。下手すると125のスクーターより遅い。いや間違いなく遅い。アドVに置いて行かれた(笑

家までメーターで59キロ。その間にいろんなことがわかりました。

①ポジションは素晴らしい。万人向けの教科書のような作り。ちょっとステップが前寄りかなとは思うが、ハンドルの高さやシートとの関係などは本当によくできている。乗っていて疲れないし、風圧さえなければどこまででも行けそうな気がする。

②クラッチが軽い、当たり前だけど。ただ、ワイヤーのため、どんどん遊びが変わる。伸びが落ち着くまでは頻繁に調整する必要がありそう。

③エンジンはいい意味でも悪い意味でもダルい。走行中はタンクの真下あたりからタペット音が聞こえるだけで、チェーンノイズや排気音はほとんど耳に入らない。平和な気分でゆったり走れる。トロイ(笑

④ハンドリングは、何というか、乗りなれた17インチで高剛性のバイクに比べると、ゆる~い感じ。バンキング自体はそれほど遅いわけではないが、前輪が大回りしていく感じ。向き変えが遅いのか?まだタイヤを端まで使ってないので何ともいえないが、印象としてはエンジン同様、ゆったりした感覚。

⑤ブレーキは利かない。リアは最初から期待していないのでいいけど、フロントも、当りが出ていない前提で考えても、スポンジーだ。

⑥悪口ばかりだけど、楽しいところもある。車体が軽く万事楽チン。3速以上で3000くらいから加速していく時の鼓動感はなかなか。

決してせかさない、ゆったりとした走りができるバイク。だからリハビリにはピッタリ(笑

なんだけど、これから長く乗るためには、ほとんど全部に手を入れる必要があるかも。

それ前提でいるので構いませんけど。

最初は車体周りに手を入れていき、エンジンはあとかなあ、なんて考えていたけど、実際乗ってみると、まずはエンジンをいじらないとストレス溜まりそうだな。問題はどのタイミングで、どこまでやるかですね。

一方で、タンクやライト、メーター周りはなかなかいいたたずまいなので、当面はこのままで行くかなと。ハンドルバーはコンチに変えようとは思ってますが。

続きを読む "SR納車"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年5月11日 (水曜日)

AAAを訪問

車種が決定したところで、WEBや雑誌でひととおり研究しました(というか、研究の結果SRって部分もあり)。

SRは長く販売されていることもあり、ファンも多くカスタムの方向性は多岐に渡っているようです。その中で、主流はやはりカフェレーサー系のように思います。外装だけでなく、足回りやエンジンにも手を入れるのが普通ですね。

通常、外車の場合は外装やポジション周りのカスタムが多く、ヘビーなエンジンチューンはあまり見られないと思います。特に水冷化と電子化が進んだ最近の車両はそのようです。ハーレーはカスタム事例も多く、自分もBuellでは吸排気系を全部置き換えましたが、エンジン内部まではあまり聞いたことがありません。

ところがSRの場合、ボアアップがかなり一般的です。やはり空冷単気筒、構造もシンプルだし、元々500CCがベースになっているので敷居が低いと言うことでしょうね。400CCをベースに、基本的にはピストンとコンロッドの組み合わせによって404から499とか、595、650まであります。まあ、650はさすがに耐久性が低く、623くらいが実用上の上限のようですが。ボアストローク比やクランクの重量、圧縮比等でパワーの出方は変わりますから、かなり広範囲な嗜好に対応できるということでしょうね。さらに、現在はベースがFI化されているので、従来のキャブ交換に加えてパワコマによるマップ変更もあるようです。

一方、足回りに関しては、既存車両のものをそっくり移植する手法も一般的で、多くの組み合わせがあるようです。

そうした「SRカスタム界」で非常に有名なショップが、「AAA(スリーエー)」です。前身は東京にあったようですが、何故か現在は越谷のR4沿いです。家から車で小一時間なので、まずは偵察に行ってきました。

入り口には試乗車が並べられています。

Dsc_0003

これは、「もう一度ビッグシングル」というSRムック本でヤマ編さんが製作した車両そのものです。他にも3,4台試乗車があり、それぞれが違う排気量や足回りになっているようです。もちろん、ルックスも違います。Dsc_0007

すばらしい。こんな方向がいいけど、カスタムだけで150くらい?だそうな。ちょっと厳しいです(笑

Dsc_0006

これは前出のSRムックで紹介された、削り出しシリンダーを組み込んだエンジンです。ヤマ編マシンもこれを組んでいます。

近づいて見ると、アルミ削り出しのシリンダーは存在感あります。

離れるとわからんけど。

しかし、こうして見ると、腰下に比べてシリンダー+ヘッドの大きさが際立ってますね。

Dsc_0005これも試乗車。キックさせてもらいました。 キックは実に23年ぶりくらいでしたが、手順を踏めば500CCを超えるこのマシンでも一発でかかります。

AAAさんは、一階は事務所と整備ピット、二階は預かり車両や、色んな中古パーツがどっさりと置かれています。これを見てるだけでもかなり時間を潰せそうです。

SR乗りの聖地かもしれないAAAさん。今後はここでカスタムを進めていきたいと思います。細かいものは、工具も一応そろっているので自分でやるつもりですが、エンジンや足回りには手が出せません(笑

当日も「試乗しますか?」と勧めてもらいましたが、しばらく乗ってないので後日ということで帰ってきました。何台かの試乗車に乗って感想を話すことで、その人の求めるカスタムイメージがわかるそうです。メカニックのIさんに対応してもらいましたが、かなりのSR博士ぶりでした。一回で何もかも、というわけには行きませんが、逆に言うと少しずついじりながら楽しんでいくっていう方向性ですかね。

実はもう注文してしまったので(爆、今週末から再リターン生活が始まります。初回点検まではノーマルで乗るつもり(多分守れると思います)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年5月10日 (火曜日)

Xperia arcは起動が遅い?

①Galaxy Tab 57秒

②Xperia arc 1分46秒

③iPhone3G 1分5秒

どうもXperiaは起動が遅いように感じ、電源ボタンを押してから使用可能になる(ホーム画面のアイコンが全て表示される)までの時間を計ってみました。それぞれ1回だけ、それも手動なので参考値ですが。

①はSDカードの読み込みにかける時間の割合が多いようです。

②は「docomo」のロゴが長時間表示されます。CPUのクロックはどちらも同じ1GHZだったと思うので、OSの違いが主要因かもしれません。ちなみに、インストールしてあるアプリは、①のほうが多いです。

起動には時間のかかる②ですが、それ以外は反応も早く画面もきれいで、基本的にサクサク動きますので、かなり満足してます。arcじゃなくてacro(誤植かと思った)も出るみたいですが、やはりarcは買いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 9日 (月曜日)

車種決定!

スクーターを物色したものの、今ひとつ決めきれないのは、やっぱりスクーターじゃあ満足できないだろうな、という気持ちがあるから。

ここはやっぱり、バイクで行こう!ということで交渉を繰り返し、許可を得ました(笑

さて、何に乗ろうか。8年の間に3車種、アメ車とドイツ車を乗り継ぎ、後はイタ車と英国車なので、ドカから行くか、或いはトラのスピードトリプルなら乗ったことの無い3気筒だし丁度いいか、などと考えることしばし。

しかし、ここ3年間の体力の衰えと視力の悪化が気になる。まあ、実際乗っていなかったので本当のところはわからないけど、予想もしないところで軽い肉離れをしたり(笑。重くてパワーのあるバイクは持て余す可能性が高い。以前のように乗れないと、きっとストレスが溜まるだろうし、楽しくないだろうなあ。

まあ、定年も見えるような年になって、あまりお金使わないほうがいいよな、老後のために、ってなところもあって、今回は細く長く乗れるバイク、いじれるバイクというコンセプトで行くことにしました。

で、結局選んだのはコレ↓

Pic_003_2  何とSR400でっか!

30PSもないシングル・・。

30年以上も生産されていて大きな変更がない、もはや立派なクラシックバイク(笑

でもまあ、バイクリハビリには丁度いいかなと。安いし。

それに、カスタムの素材として非常にポピュラーで、それこそ数え切れないくらいのパーツやメニューが存在。最近はボバーやチョッパーが流行っているようだけど、小排気量なバイクでハーレーみたいな楽しみがあるとは思えない。リハビリが終わった暁には、それなりにコーナリングを楽しみたいとも思っているので、やはりカフェレーサー系でしょうか。

どんなチューニングやカスタムをやるか、色々と考えているところです。

幸い、車で一時間弱の場所にこのショップがあるので、楽しめそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年5月 6日 (金曜日)

スクーターを物色中

K1200Sを降りてから、早いもので3年が経過した。

退屈のあまり自転車に手を出したり、カメラやらヘリやら色々かじって、おかげで身の回りのガラクタはかなり増えた(笑

でもまあ、たまにはバイク乗りたいなあ、と思うことはしばしば。

何とかごまかしてバイクに乗るために今までトライしたこと。

①250くらいの小さいやつならええやろ、スピード出ないし。(ハスクあたりのモタードなら、今までの経験から言って十国峠やぶどう峠みたいな道の下りでリッタークラスをカモるのも十分できるし、ロングツーさえやらなきゃいいんだ) → 却下。どうやらハンドルが大きくて、エンジンがむき出しだったり、車体がでかいのは危険と見なされるよう。

②いっそ、バイク専用のガレージを借りて、バイクも内緒で買って隠れオーナーになる。 →資金不足で却下(泣 それに、ガレージの営業時間内に入出庫しないとダメだし。

③日常のちょっとした足にスクーターを買うのはどう?(250くらいなら何とか遊べるような気がした) → 原チャリ購入(ガクッ・・・原チャリでスタンド接地させても楽しくない(笑

うーん、万策尽きました。言っとくけど、こけたと言っても2回ですよ、たったの。それも怪我したのは秋ガ瀬の1回だけ。まあ、心配するのはわかるけどね・・・なんてグチはやめて、とりあえずバイク雑誌をチラチラ見る程度でこの3年を過ごしてきました。

ところが、ここに来て状況の変化があり、どうやら大きめのスクーターくらいは乗れそうな雰囲気に。BMWからもコンセプトCが発表されて、「やっぱりスクーターだ」みたいな(笑

大きくてパワーのあるバイクはとりあえずパス。自分としてはコーナリングの楽しみと、フラリと好きなところに一人で出かける時間があればいいから、125でもと思ったけど、やっぱり高速に乗れたほうがいざというとき安心かも。

早速情報収集。

車検が必要なクラスのスクーターは、外車でもGileraのNexusとかGPくらいしかない。T-MAXや銀翼もチェックしたけど、スペックは似たり寄ったりで、重いしデカイ。

しばらくバイクから離れていて、なおかつ体力も落ちているだろうから、ここはやはり250クラスかな、と結論。

国産はハナから眼中に無し。あれは別の乗り物。30PSもないのに車重は200キロ以上。とてもまともに走るとは思えないし。

ということで、候補に挙がったのは

Aprilia Sportscity Cube250ie

Derbi GP1 250ie

Gilera Runner ST200

の3台。アプリリアとデルビは基本的に同じエンジンを使っており、スペックもほぼ同じ。アプリリアは50万以下と安いが、デルビはパーツを奢り、車体構成も本格的なバイクと変わらない。けど高い。おまけに知らない間に生産終了になってた・・・。ランナーは、当初ほとんど頭に無かったけど、コンパクトで楽しそう。アプリリアの、いかにもスクーターです、みたいなデザインはイマイチだったし、デルビは高すぎ。ちょっとした足代わりにも使うとなると、ちょっとデザインとんがりすぎかも。

色々悩んだ結果、アプリリアとランナーに候補を絞り、デルビの中古も確認してみる、という方向で行くことにしました。ちょっとしたツーリングにも使えて、下りでそれなりに楽しめるスクーター、という狙いなんだけど。

で、とある休日、東京都西部のとある販売店に行ってきました。ここには、アプリリアとランナー、どちらも試乗車があります。

まずはランナー。50cc以上に乗るのは久しぶり、ホントに3年以上のブランク。走り出して見ると、意外にキビキビと動くのに驚く。ハンドル幅も狭く、ステップボードが長いので踏ん張ることができる。コーナリングというほどのことはできなかったが、まあまあかな。それにしてもブレーキは利かない。

続いてアプリリア。ポジションは大柄で、ランナーよりさらに足つきが悪い。あくまで足をそろえて前に投げ出す形になり、その気にはなれない。しかし、中速域のトルクはさすがにランナーより厚く、キャブとインジェクションの違いなのか、アクセルレスポンスもいい。走りはあきらかにアプリリアが楽だし速いけど、ポジションがダメ。

で、見積もりしてもらうと、アプリリアのほうが安い。どっちも60くらいだけど。マロッシの駆動系パーツを組み込む前提なので。普通は55くらい。

ちょっと迷ってしまいました。好みとしてはランナーなんですけどね。ちょっと決めきれない。結局1ヶ月以上放置してます(笑

キムコのレーシング150あたりは安いし、パーツもランナーに比べて豊富で安い。PGOのG-MAXもそそられたけど、ちょっと魅力に乏しい。

そうこうするうちに、レーシングに180の水冷が出そうに。というか、台湾ではすでに型式認証?を取ったようで、この半年くらいの間に日本でもデリバリーされるのではないか、と思ってます。とりあえずは、これ待ちの構え(笑

とりあえず小型のスクーターで遊び、ゆくゆくはBMWから出るハズのスクーターに、という野望です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

5月7日ムナグロ捜し

そろそろムナグロが来てないかと思い、大久保農耕地に行ってみました。

大久保農耕地は、何故かダンプカーが行き交い、どうも落ち着かない雰囲気でしたが、ほとんどの田んぼで田植えが終わっていました。

P1100845元気なのはオオヨシキリ。

P1100869

今日はオオヨシキリとコサギとセッカとヒバリ だけでした。残念。

この後、久しぶりのバイクショップに寄り、帰る途中に偶然ムナグロに遭遇しました。

P1100930岩槻I.Cの近くが混んでいたため、わき道に入って田んぼの中を走っていると、聞いたことのある声が。

見るとムナグロが一羽だけ。

P1110039

もう一羽いましたが、たった二羽というのもおかしいなあ、と思いながら100メートルも移動すると、10羽以上の群れに出会いました。

車に乗っていると、かなり近づいても逃げません。これはまだ夏羽に換わっていない個体ですね。黒い夏羽に換わっているものと半々でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年5月 2日 (月曜日)

XPERIA arc

訳あって携帯をもう1台持つことになりました。

どうやら希望を聞いてくれるようなので、ドコモの最新スマホ、XPERIA arcを恐る恐る頼んでみました。売り切れという話だったのでダメもとでしたが、何故かミッドナイトブルーの在庫が1台あり、連休に入る前日に届きました。

Dsc00589映りこみが激しいので、正面から撮れません。薄さも好ましいし、底面のアーチが何とも言えない緊張感を醸し出していますね。

Dsc00590

裏面。アキバには、DoCoMoのロゴの入っていないカバーを売ってるそうな。ソニエリのマークはなかなかクール。

Dsc00584リアカバーをはずしたところ。バッテリーは1500mAHです。SIMカードの左側にマイクロSDが刺さってます。なぜか16Gのものが同梱されていました。

 

Dsc00593ホーム画面。既にかなりいじってます。

画面キャプチャの方法がまだ見つからないので、アレですが、そのうちもう少し細かく載せます。

GALAXY Tabと比べて、動きがキビキビしていて、発色もかなりビビッドで、新しいデバイスって感じがしますねえ。

ただ、何故か立ち上がる時間はかなり長め。Tabより10秒以上余計に必要だと思います。そのうち測ってみます(笑                                 

                                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »